close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年08月19日

「学校が楽しいふり」していませんか? 仮面の自分に気づくマンガ


  • 47792

「#学校がしんどい君へ」で入賞した、豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

「#学校がしんどい君へ」で入賞した、豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

出典: コルクBooks

最新ニュースを受け取る
 学校や家で素の自分を出せなくて、無理してしまうことはありませんか。マンガのSNSを運営するコルクBooksとwithnewsがコラボし、「#学校がしんどい君へ」をテーマにマンガを募集しました。入賞作品の一つに決まった「君は、おサカナ。」は、「仮面」をつけて息苦しくなっていた「君」を描いています。


「君は、おサカナ。」

 作品の舞台は海の中。かわいい魚のキャラクターが語りかけます。

豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

出典:コルクBooks

豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

出典:コルクBooks

 「あっ大丈夫?」「目が覚めた?」
 「君はあの“陸”から落ちてきたんだねぇ」
 
 海に落ちた「君」は、自分のことを犬だと思っています。陸は「とっても楽しかった」居場所でした。 

 でも、魚はしんどそうな「君」の本当の姿を言い当てました。「君は おサカナじゃないか…」

 世界にはいろんな生き物がいることを伝えます。

 「“陸”が暮らしやすい生き物もいれば “海”がいい生き物もいる」

 「“群れ”好きがいて… “一人”好きがいる…」 

 「世界は広いから 君の居場所はきっとあるよーー」

学生時代からつけていた仮面

 作者は、マンガ家のアシスタントとして働く豊倉あきのさん(27)。学生時代から生きづらさを抱えていて、仮面をつけていたといいます。

 居場所を求めて「旅」を続けてきましたが、最近やっと居心地のいい世界にたどり着きました。苦しんでいる子どもたちの助けになりたいと、マンガを応募してくれました。

豊倉あきのさんのTwitterアカウント画像=豊倉さん提供

豊倉あきのさんのTwitterアカウント画像=豊倉さん提供

 動物が好きだという豊倉さん。学校は「サバンナ」だったと振り返ります。

 「学校は、いろんな環境で育った生物が檻(おり)なしで共存しています。動物園でも檻があるのに、肉食動物も草食動物も一緒です。草食動物が生きづらいと感じるのは当たり前です」

 「みんなで群れをつくるのが好きな『ライオン属性』の人といるときは、自分もライオン属性になれば、居づらいと思わずに済むんじゃないかと思っていました。自分を励ます時に、わたしは魚だから陸は生きづらいと言い聞かせていたこともあります」

豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

出典:コルクBooks

新しい環境を探し求めた

 周りのみんなとなじもうとして、楽しく過ごす自分を演じていた日々。息苦しさをどうにか変えるために、新しい環境を探し求めていました。「受験をして新しい場所に行ったら、自分の居やすい場所があるかもしれないと期待しました」。それでも、居心地のいい場所はなかなか見つかりません。
 
 中学校は女子校。仲間はずれにされることもありました。高校は共学になりましたが、男子との関わり方が分からなかったといいます。男子から机に「死」と書かれたこともありました。

豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

出典:コルクBooks

「学校が楽しい自分」を演じた

 学校に行かないという選択肢はありませんでした。「親に嫌われたくない」という不安があったからです。

 小学校から私立だったこともあり、学費のことも心配でした。夜トイレに行こうと思ってリビングを見ると、学費の話をしている両親の姿が。高いお金を払ってもらっているのだから、楽しく学校に行く自分を見せないといけないと思ったそうです。
 
 「親も楽しくしている娘を見たいんじゃないかと思って、演じちゃうんです。楽しくない自分を見せたら、精神の弱いヤツだと思われて嫌われるんじゃないか。『学校に行きたくない』という負の言葉は言っちゃいけないと思っていました」

 家ではベッドの中が一番の居場所でした。

 「ふとしたタイミングで死にたいと思ったこともあります。一息ついたときとか、学校のトイレとか。学校に居場所はないし、家ではまた『学校が楽しい自分』を演じる。いつまでこの繰り返しなんだろうと思っていました」

豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

出典:コルクBooks

ようやくたどり着いた居場所

 大学はデザイン学部に進みました。「絵」という共通項がある人たちの中で、評価されたり、仲間が出来たりして、少しずつ本当の自分を出せるようになりました。

 マンガ業界に進んだいま、仮面を外して話せる「親友」と出会いました。今回マンガを投稿するときも、マンガ家の友達に意見をもらったといいます。常に居場所を求めてきましたが、ようやくたどり着きました。

 「いろんな海に行ったから、居心地がいい場所に出会えました。いままでの旅は無駄ではありませんでした。途中で諦めちゃったら、理解者がいることに気づかなかったかもしれません。ずっと合わない環境で無理やり仮面をつけて暮らしていたと思うんです」

 「本当の自分を理解してくれる人、情けないところを見せ合っても許せる人は、見つかると思います。今に絶望しないでほしいです」

豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」

出典:コルクBooks

     ◇     ◇     ◇
 withnewsは7月、マンガのSNSを運営するコルクBooksとコラボし、「#学校がしんどい君へ」をテーマに生きづらさを抱える10代へ向けた作品を募集しました。のべ37作品が集まり、4作品を入賞に選びました。入賞者のみなさんは、どんな思いでマンガを描いたのでしょうか。みなさんの10代も振り返ってもらいました。

続きを読む


 withnewsは4月から、生きづらさを抱える10代への企画「#withyou」を始めました。日本の若い人たちに届いてほしいと、「#きみとともに」もつけて発信していきます。以下のツイートボタンで、みなさんの生きづらさも聞かせてください。

みんなの「#withyou #きみとともに」を見る

いろんな相談先があります

・24時間こどもSOSダイヤル 0120-0-78310(なやみ言おう)
・こどものSOS相談窓口(文部科学省サイト
・いのち支える窓口一覧(自殺総合対策推進センターサイト

学校で「仮面」つけてない? 息苦しさに気づける漫画
前へ
豊倉あきのさんの「君は、おサカナ。」
次へ
1/18
前へ
次へ

もっと見る



コメント

あわせて読みたい

「ハゲ」20人で踊ったら「自分を楽しめた」 脱毛症の女性が企画
「ハゲ」20人で踊ったら「自分を楽しめた」 脱毛症の女性が企画
「本当に学校は必要ないの?」不登校経験者に向き合う校長の問い
「本当に学校は必要ないの?」不登校経験者に向き合う校長の問い
弱音吐けない・定年までフルタイム…「男性の生きづらさ」共有はまだ
弱音吐けない・定年までフルタイム…「男性の生きづらさ」共有はまだ
献血するとグラスがもらえる? 10、30、50回…日本赤十字社に聞いた
献血するとグラスがもらえる? 10、30、50回…日本赤十字社に聞いた
「イオン、絶対反対」貫いた男性の20年 孫の送迎でも入らない駐車場
「イオン、絶対反対」貫いた男性の20年 孫の送迎でも入らない駐車場
病気知らずの「スーパーヒーロー」解析 あなたの健康寿命を左右!?
病気知らずの「スーパーヒーロー」解析 あなたの健康寿命を左右!?
PR
信号待ち「歩道の端」はダメ! 大型車の振り出し再現ツイートが話題
信号待ち「歩道の端」はダメ! 大型車の振り出し再現ツイートが話題
「銭湯で働く」体験ツアー(東京都主催)参加者募集!ヨッピーが直撃
「銭湯で働く」体験ツアー(東京都主催)参加者募集!ヨッピーが直撃
PR
3年間ほぼ毎日描き続けたら… 色鉛筆画の高校生、ツイートが話題に
3年間ほぼ毎日描き続けたら… 色鉛筆画の高校生、ツイートが話題に
綿棒3600本でカップヌードルを再現! 「麺」と「綿」のダジャレです
綿棒3600本でカップヌードルを再現! 「麺」と「綿」のダジャレです
「おにぎりリュック」を娘に手作り 海苔ポッケや隠し梅干しも可愛い
「おにぎりリュック」を娘に手作り 海苔ポッケや隠し梅干しも可愛い
なぜここに魚(さかな)の看板(かんばん)?【やさしい日本語】
なぜここに魚(さかな)の看板(かんばん)?【やさしい日本語】

人気

もっと見る