MENU CLOSE

地元

46634

西日本地域に甚大な被害をもたらした「平成30年7月豪雨」。その中でも、広島県は67人(7月11日13時現在)の方が亡くなるなど、大きな被害を受けています。朝日新聞広島総局の橋本拓樹記者が、復旧した道路を車で走行しながら、被災地の状況をTwitterで発信しています。

【更新終了】西日本豪雨、広島のいま 記者が車で取材して見えたこと

広島県三原市のグラウンドにはがれきが運び込まれている
広島県三原市のグラウンドにはがれきが運び込まれている 出典: 朝日新聞広島総局のTwitter

目次

 西日本地域に甚大な被害をもたらした「平成30年7月豪雨」。その中でも、広島県は67人(7月11日午後1時現在)が亡くなるなど、大きな被害を受けています。朝日新聞広島総局の橋本拓樹記者が11日、復旧した道路を車で走行しながら、「#広島横断」のハッシュタグを付けて、被災地の状況をTwitter(@asahi_hiroshima)で発信しました。(11日午後10時40分更新終了)
【関連記事】
西日本豪雨の死者169人、不明79人に 断水25万戸
 橋本記者が走行中の地図、左が7日16:30時点、右が11日14:00時点のもの。

福山を出発し、広島へ向かう

 橋本記者は11日朝9時、岡山県に隣接する広島県福山市を出発し、西側の広島市方面に向かいました。


<福山市> 7月11日9時現在
死者2人、重傷1人、軽傷2人(死傷者5人)
床上浸水36棟、床下浸水63棟
平成 30 年7月豪雨災害による被害等について(第 16 報)

尾道、飲料水の入荷も



<尾道市> 7月11日9時現在
死者1人、軽傷1人(死傷者2人)
土砂災害3件(御調町など)
全域で断水
住家被害の報告多数(調査中)
平成 30 年7月豪雨災害による被害等について(第 16 報)

三原市、道路には泥水の乾いた痕が


<三原市> 7月11日9時現在
死者8人、軽傷1人(死傷者9人)
床上浸水106棟、床下浸水71棟
土砂災害3件(大和町など、死者5人)
全戸断水(中之町地区は復旧)
平成 30 年7月豪雨災害による被害等について(第 16 報)
【関連記事】
広島)記者が入った三原・本郷町 冠水、進まぬ復旧


東広島市、避難指示の地域も


【関連記事】
ため池あふれ避難指示 土砂災害発生のおそれ 東広島



<東広島市> 7月11日9時現在
死者12人、行方不明1人
床上浸水75棟、床下浸水166棟
土砂災害13件(志和町など、死者7人)
平成 30 年7月豪雨災害による被害等について(第 16 報)

広島へ、渋滞続く生活道路








広島市に到着



 福山市を出発して13時間。広島市に到着した橋本記者は、取材を振り返り、以下のようにツイートしています。

 「今回、取材が行き届いていない地域にも足を運び、被災者の生活に直結する問題が至る所にあると痛感しました。自宅の清掃やトイレ、風呂、飲料水、交通網と挙げれば切りがありません。今回通行したのもごく一部の地域ですが、少しでも被災地の実情を伝える一助になれれば何よりです」

 朝日新聞広島総局のツイッターアカウントでは、広島県内の情報中心に随時発信しています。

【朝日新聞広島総局のアカウントはこちらから】

関連記事

新着記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます