閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年06月28日

フィギュア3万体、注いだ2億円 製薬会社社長の情熱、私設博物館に

  • 44390

松浦信男さんが集めた作品には、人の背丈以上もあるものが多数並べられてる=2018年5月14日、三重県多気町

松浦信男さんが集めた作品には、人の背丈以上もあるものが多数並べられてる=2018年5月14日、三重県多気町

 ウルトラマン、ガンダム、ゴジラ、ドラゴンボール、ワンピース……。世代を超えて心が躍るフィギュア3万体超が並んだ私設の「博物館」が、三重県にあります。地元製薬会社の社長が、約2億円を投じて集めたコレクションの陰に、苦難の物語がありました。(朝日新聞津総局記者・広部憲太郎)

フィギュアはむき出し、社長が店番

記者が子どもの頃にはまったキン肉マンのフィギュアもある。筋骨隆々ぶりは漫画とそっくりだ

記者が子どもの頃にはまったキン肉マンのフィギュアもある。筋骨隆々ぶりは漫画とそっくりだ

 三重県中部の多気町にある「万協フィギュア博物館」。扉を開けると、人の背丈以上もあるフィギュアの数々が目に入ります。記者(40)がファンだった「キン肉マン」、大学時代に夢中になった「エヴァンゲリオン」など、めったにお目にかかれない品の数々に驚きます。「来館者はみんなその膨大さにあきれるんですよ」。運営する松浦信男さん(56)はニヤリ。

 2014年、経営する「万協製薬」の工場内に博物館を作りました。日本の特撮やアニメだけでなく、スターウォーズやミリタリー作品なども「ごった煮」で並びます。入館料は800円で、年間入場者は5千人にのぼります。「いまだに、自分の倉庫を人に見せている感覚。全部僕が管理して店番にも入ります」

 棚には小さなフィギュアが、むき出しで並びます。触るのは禁止ですが、撮影は自由。「ガラスがあると、撮影の時にハレーションを起こす。きれいな写真を撮ってもらいたい」という心遣いからです。

多彩なフィギュアがむき出しで並んでいる

多彩なフィギュアがむき出しで並んでいる

ガンプラに捧げた初任給

 松浦さんは神戸市出身。幼稚園の時、鉄人28号のファンになります。おもちゃも1個では飽き足りません。「同じようでも素材や表現方法が違う。買ってくれない悔しさで、おもちゃ屋から離れない子でした」

 小学校に進むと、ウルトラマンやミリタリーもののプラモデル作りに熱中します。接着剤を使って、平面を立体にする作業が科学実験みたいで、はまりました。親の理解は得られず、小遣いをため、塾に行く時にプラモを買い、パッケージは全部捨てて塾のカバンに入れて帰宅したとか。「まるで隠れキリシタンでした」

 宇宙戦艦ヤマト、マジンガーZ、ガンダムなどのアニメが始まり、ますますのめり込みます。高校卒業後は2年間浪人。1人でガンダムのプラモを作る日々を過ごし、20歳の時、父親が経営していた万協製薬に入社しました。初任給はすべてガンプラに注ぎました。

 やがて仕事が面白くなり、自分で薬を作ってみたくなりました。薬剤師の免許を取ろうと、22歳で徳島県の大学に進みます。

 80年代は「オタク」という言葉が否定的に使われた時代。松浦さんも進学を機に、プラモやフィギュアは実家に置いてきました。「一生2次元にのめりこむのは嫌だ」。ミニFM局を運営し、バンドやサッカーに打ち込む。そんな青春を謳歌していた矢先、「事件」が起こります。

 大阪の模型メーカー「海洋堂」が、マニア向けの精巧な組み立て模型「ガレージキット」を発売。松浦さんの心に火が付きます。「帰省したときに買っては実家に置きました。それでいて、大学では『人生はロックだよ』なんて言って」

 卒業後、再び家業に戻って結婚もしました。家をフィギュアだらけにして、仕事も軌道に乗りだしましたが、1995年1月17日に未来が一変しました。

フィギュアにはまるきっかけだった鉄人28号の前でポーズを取る松浦さん

フィギュアにはまるきっかけだった鉄人28号の前でポーズを取る松浦さん

大震災・・・復興はフィギュアと共に

 兵庫県でマグニチュード7.3を記録した阪神・淡路大震災。実家や会社は倒壊し、貴重なフィギュアは、土の中に刺さり、がれきと一緒に捨てられました。「大震災直後は喜怒哀楽が無くなりました」

 そんな松浦さんを救ったのもフィギュアでした。震災から約2週間後、仕事のためバイクで大阪まで行くと、模型店にウルトラマンのガレージキットが売っていました。小さなバイクで来ているのも忘れて、大きな箱を衝動買いしました。

 「会社も実家も、取引先や社員との絆も無くなった。でも、キットを見て、失った物はもう一度取り戻せばいいじゃないかと感じた。復興の一歩を踏み出すきっかけになりました」

1995年1月17日の阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた三宮駅前

1995年1月17日の阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた三宮駅前

出典: 朝日新聞

 震災から1年半後、万協製薬は三重に移転し、再スタートを切ります。工場2階に住み、がむしゃらに働きました。塗り薬やクリームなどスキンケア商品の受託製造に活路を見いだし、売り上げを急成長させます。移転から10年。自宅の横にプレハブを建て、コレクションを飾ります。博物館の原型となりました。

 2014年、コレクションに注目したテレビ番組から取材オファーが来た時、撮影用に自社工場内のスペースを使って、フィギュアやプラモをずらりと並べました。番組の反響が大きく、「博物館」として公開することにしました。

松浦さんはフィギュアファンとの会話も弾ませる

松浦さんはフィギュアファンとの会話も弾ませる

サブカルの灯、小さな町から

 多気町は人口約1万5千人。目立った観光資源はありませんでした。「世界で一番展示している自負心がある」。博物館は評判を呼び、名古屋などからも客が来るようになりました。

 町の商工会長も務める松浦さんは4年前から年2回、コスプレイヤーを呼び、町内にある廃校のプールや酒蔵、駄菓子屋などを撮影場所として提供する「おたコス」というイベントを行っています。1回の来場者は千人。SNSで宣伝してくれ、「地の利は悪いこの街に、コスプレイヤーが来ることで光が当たった」と言います。

2017年にあったイベント「おたコス」

2017年にあったイベント「おたコス」

出典: 朝日新聞

 博物館には、フィギュアやプラモを愛した人の遺品も置いています。棚などもそのままにして「生きていたら、こんな風に飾りたかったんだろうというコーナーにしました」

 今も棚も増やし続け、博物館は成長を続けます。松浦さんは出張先でも「2次会は結構なので、フィギュア店に連れて行って」とお願いするそうです。

 会社を売上高34億3000万円(18年3月期)、従業員193人の規模に成長させ、自らのフィギュア愛も結実させた松浦さん。今後の夢は何でしょうか。

 「フィギュア愛を隠して生きてきた僕が、支持されるまで50年近くかかりました。メインではない文化は常に批判を受けるけど、僕はそれを守り、支援する人であり続けたい」。小さな町から、サブカルチャーの歴史を紡ぎます。

ジャンプ世代の心をつかむドラゴンボール

ジャンプ世代の心をつかむドラゴンボール

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く


フィギュア3万体、注いだ2億円 製薬会社社長の情熱、私設博物館に
前へ
松浦信男さんが集めた作品には、人の背丈以上もあるものが多数並べられてる=2018年5月14日、三重県多気町
次へ
1/13
前へ
次へ

あわせて読みたい

「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
PR
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
PR
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた

人気

もっと見る