閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年05月30日

「足立区はヤバイのか?」 区役所職員がタブーを検証、結論が出た!

  • 36476

舟橋左斗子さんの新刊『足立区のコト。』

舟橋左斗子さんの新刊『足立区のコト。』

 本の帯には、堂々とこの言葉。「足立区は本当にヤバイのか?」。書店に並ぶ新刊『足立区のコト。』の筆者、舟橋左斗子さんは、れっきとした東京都足立区の広報担当職員だ。こんなキャッチコピーを掲げて、自分の地元を本にするなんて、本当にヤバくないのか?

北千住の居酒屋「大はし」の主人と、筆者の舟橋左斗子さん(本人提供)

北千住の居酒屋「大はし」の主人と、筆者の舟橋左斗子さん(本人提供)

たけしさんも自虐、四つの命題で検証

 まさに、タブーに切り込む一冊。タレントのビートたけしさんも、昔から自虐ネタにしてきた。いわば足立区民にとっては、お馴染みともいえるこの「ヤバイのか問題」を今回、きちんと検証するために、舟橋さんは四つの命題を立てた。「治安が悪い?」「貧しい?」「学力が低い?」「寿命が短い?」……まさに、ストレートのど真ん中で勝負だ。

 さて、問いの真偽やいかに。本書の内容に沿って、それぞれの結論を見ていこう。

昔から足立区をネタにしてきたビートたけしさん(左)

昔から足立区をネタにしてきたビートたけしさん(左)

出典: 朝日新聞

命題1「足立区の治安は悪いのか」

 舟橋さんは大阪の生まれ。結婚を機に、25年前から足立区で暮らしている。引っ越した当初は、さんざんに言われようだったと明かしている。「なんで足立なの?」「大丈夫?」「変わってますね」

 しかし実際に暮らしてみたら、印象は違った。実に安全で暮らしやすい町だという。ところが周囲はそうは見ずに、治安が悪いイメージがある。きちんと確認しようと、警察庁の「刑法犯認知件数」というデータを確かめた。

 すると結果は……。やっぱり都内ワーストだった。ああ。

 足立区は長年、この犯罪発生率で都内トップを走り続けていた。そこで区では、「割れた窓などを放置すると犯罪が誘発される」という割れ窓理論に基づいて、区内の美化などを徹底する。努力が報われ、2011年にはいったんワーストを脱却していた。だが最近、また最下位へと戻ってしまった。

千住警察署の一日署長に就任し、交通安全を呼びかける井上康生さん=2017年9月、足立区千住曙町

千住警察署の一日署長に就任し、交通安全を呼びかける井上康生さん=2017年9月、足立区千住曙町

出典: 朝日新聞

命題2「足立区は貧しいのか?」

 年収についても比較した。内閣府がまとめている「納税義務者一人あたり課税対象所得」を検証している。

 すると結果は……やっぱり都内で最下位だった。あらら。

 データが整理されている最新の2013年のデータを舟橋さんが確認したところ、足立区は1人あたり324万円で、都内23区のなかで23位だった。22位の葛飾区=333万円や、21位の北区=343万円を下回っていた。

年収は23区で最下位だった……

年収は23区で最下位だった……

出典:pixta

命題3「学力が低い?」 命題4「寿命が短い?」

 ……なんだか雲行きが怪しい。ここは残る二つをまとめて確認しよう。

 まず学力。舟橋さんは、早稲田大に入学した女子学生が「足立区からよく入れたね」と言われてショックを受けた、というエピソードを披露している。やれやれ。

 そこで、文部科学省の「全国学力・学習状況調査」の結果を検討した。すると最新の2016年の成績は、小学6年の「国語」「算数」と、中学3年の「国語」「数学」が、いずれも都内平均を下回った。

 では寿命についてはどうか。「えっ! 寿命にも差があるの?」と驚かれるかも知れないが、その通り、差があるのだ実際は。結果は……。

 健康で活動的に暮らせる「健康寿命」というデータを見たところ、足立区は東京23区中で男性が20位、女性が21位だった。

著書に収録された足立区内の商店街の風景(足立区提供)

著書に収録された足立区内の商店街の風景(足立区提供)

やっぱり、ヤバイんじゃない?

 以上が4命題を検証した結果だ。こうしてみると、「足立区はヤバイのか?」という問いの答えは、残念ながら「はい、その通り」となりそうだ。

 しかし舟橋さんは力強く、こう言う。「ヤバくない。それが本書の結論です」

「身近な気安さが魅力」という区内の飲食店や住宅街(足立区提供)

「身近な気安さが魅力」という区内の飲食店や住宅街(足立区提供)

足立区は、ヤバくない!!

 新刊『足立区のコト。』の筆者の舟橋さんが、とくに強調するのは、命題2「貧しいのか?」だ。そして、逆にこう問いかける。

 「貧しいと、ヤバイのですか?」

 貧しいことが、そのまま不幸ではない。また、お金があることが幸福であるとも限らない。舟橋さんは「本当に克服すべき課題とは、『関係性の貧困』です」と言う。

 お金がなくても、しっかりした人間関係があれば、助けたり助けられたりできる。貧しくても、笑って暮らすことができる。しかし、人と人の絆がなければ、助け合うことも笑顔を交わすことも、関係性の貧困は、人を絶望させる。

 しかし足立区には、人と人の密接なつながりがあると、舟橋さんは言う。「私たちの街の魅力は、なんといっても住民が『おせっかいで、あたたかい』ということ」。本書には、そんなおせっかいであたたかな人たちが、てんこもりに登場する。

 10年来の空き家をコミュニティースペースに改造して子どもやママ達の立ち寄り場所にしたり、細い路地の商店街がオーケストラを呼んで「下駄履きで行けるコンサート」を開催したり。手作りの地域おこしに取り組む住民たちの活動が、あちこちにある。

「3年B組金八先生」のロケ地になった荒川土手。ランニングする男子生徒らが行き交う=東京都足立区

「3年B組金八先生」のロケ地になった荒川土手。ランニングする男子生徒らが行き交う=東京都足立区

 そして「サラリーマン、商売人、工場労働者、外国人……。いろいろな年齢層のさまざまな人たちがバラエティー豊かに暮らして、町らしい活気がある」と舟橋さん。

 そんな地域の魅力が再発見され、最近はある不動産会社が毎年発表している「住みたい街ランキング」のなかで、部門別の「穴場だと思う街」で4年連続トップだという。

 マイナスのイメージが強い足立区、しかしマイナスからの出発だからこそ、プラスに転化する期待度もまた大きい。そう舟橋さんは話す。区役所も防犯や教育、健康などの問題にさまざまな施策も打っている。

 ヤバイという事実を堂々と伝え、事実に堂々と向き合い、対処できる。それこそが最大の「ヤバくない理由」と言えそうだ。

リクエスト募集中

検索してもわからないこと、調べます。

リクエストを書くリクエストを書く


千住の商店街・飲み横・金八先生ロケ地… 足立区の風景
前へ
北千住駅前
次へ
出典:『足立区のコト。』より
1/16
前へ
次へ

あわせて読みたい

「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
PR
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
PR
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた

人気

もっと見る