MENU CLOSE

話題

30650

「大学デビューしなくても平気だった」 筑波大の自虐ポスターが話題

「大学デビューしなくても平気だった」。そんなキャッチコピーで筑波大学を表現したポスターが注目を集めています。

話題になっているポスターの一部
話題になっているポスターの一部 出典: 筑波大学のホームページより

目次

 「大学デビューしなくても平気だった」「燃料は失った睡眠時間。」――。そんなキャッチコピーで筑波大学を表現したポスターが注目を集めています。どのような経緯で作られたものなのか? 大学に聞きました。

「燃料は失った睡眠時間。」


 今月20日にツイッター投稿された画像。「筑波大学」の文字が入った4枚のポスターです。

燃料は失った睡眠時間。
「燃料は失った睡眠時間。」
「燃料は失った睡眠時間。」 出典: 筑波大学のホームページより
大学デビューしなくても平気だった
「大学デビューしなくても平気だった」
「大学デビューしなくても平気だった」 出典: 筑波大学のホームページより
大学なのか、森なのか。
「大学なのか、森なのか。」
「大学なのか、森なのか。」 出典: 筑波大学のホームページより
宇宙からの留学生もいそう。
「宇宙からの留学生もいそう。」
「宇宙からの留学生もいそう。」 出典: 筑波大学のホームページより


 これらのポスターに対して、「このポスターいいなあ」「イケてるやん」といったコメントが寄せられ、リツイートは3千、いいねは9千を超えています。

OBとOGとワークショップ形式で


 これらは本当に筑波大学のポスターなのか? 大学に問い合わせたところ、自由科目の授業の中で制作されたものであることがわかりました。

 その授業は、2010年度から開催されている「創造学群表現学類~OBOG指導によるクリエイティブ体験講座~」。ほぼ毎年ポスターは制作されているそうです。

 授業の講師は、広告、出版、マーケティングなど、クリエイティブ業界の第一線で活躍するOBとOG。筑波大学を社会に発信するためのコミュニケーションについて、言語、デザイン、音楽、身体などの表現を通じてワークショップ形式で考えるという内容です。

 大学のホームページでは、開設目的について、以下のように説明しています。

筑波大学は、医学・体育・芸術もあり、肉体性と感性の領域まで含む人間理解と人材育成を目指す、真の意味での総合大学です。本講座では創造と表現を言葉やビジュアルにとどめず、テクノロジーや音楽、身体にまでひろげ、コミュニケーションすることを学びます。

 この授業で制作するのはポスターだけではありません。ラジオCMや映像CM、高校生向けの冊子などもあります。ラジオCMは日本最大級の広告フェスティバルで賞をもらったこともあるそうです。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます