MENU CLOSE

話題

13375

こいのぼりが水中を泳いでる! 今年のGWは140匹、きっかけを聞いた

こいのぼりといえば、屋根より高い場所で泳ぐのが一般的ですが、「本当に水中を泳いでいる」と話題になっている画像があります。

川を泳ぐこいのぼり
川を泳ぐこいのぼり 出典: 石光徹さん提供

目次

 こいのぼりといえば、屋根より高い場所で泳ぐのが一般的ですが、「水中を泳いでる」と話題になっている画像があります。調べてみると、山口県防府市の川で10年ほど前から始まった取り組みのようです。いったいなぜ水中を泳がせることになったのか? 主催した実行委員会の代表に話を聞きました。

間近で見るとこんな感じ
間近で見るとこんな感じ 出典: 朝日新聞

「素敵な発想」


 今月5日にツイッター投稿された画像。こいのぼりが川幅いっぱいに並んで、水の中を泳いでいる様子が写っています。

 この投稿に対して、「素敵な発想」「屋根より高いという概念の消失」といったコメントが寄せられ、リツイートは3万6千、いいねは13万を超えています。

 こいのぼりが泳いでるのは、山口県防府市を流れる佐波川です。今年はゴールデンウィークの5月3日から5日にかけて、約140匹が泳ぐ姿を見ることができました。

今年は約140匹が泳ぎました
今年は約140匹が泳ぎました 出典: 石光徹さん提供

最初は40匹ほどでした


 「始まったのは2008年で、最初は40匹ほどでした」

 そう話すのは「小野水辺の楽校空間利用を考える会」の代表で、イベントの実行委員会代表でもある石光徹さんです。

 2008年3月、自然とふれあうことができて学習にも活用できる親水施設「佐波川小野水辺の楽校」が完成したのに合わせ、「何か盛り上がる企画を」と検討した結果、こいのぼりを水中で泳がせることになったそうです。

 岸と岸を結ぶようにしてロープを渡し、舟にこいのぼりを積んで、ひとつひとつ手作業で結びつけます。今年は2時間ほどかけて約140匹を取り付けました。

こちらは2015年の様子
こちらは2015年の様子 出典: 朝日新聞

お手入れは?


 始まった当初、こいのぼりは地元の小中学校などに呼びかけて集めましたが、回を重ねるごとに「うちのも使って」と寄贈が相次ぎ、年20~30匹が届くそうです。

 「泳がせた後は洗濯して乾かしますが、水中で流れてきたものがひっかかるなどして、特に口のあたりが傷んでしまいます。何匹か入れ替えながら毎年100匹以上が泳いでいます」

 泳いでいる間にコケが付着して見栄えが悪くなるため、かつては1週間ほどあった期間も、最近は3日間に短縮したそうです。

 話題になったことについて石光さんは「うれしい限りです。こいのぼりが泳ぐ姿だけでなく、川や山々など風景も合わせて楽しんでください」と話しています。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます