閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年04月28日

文化と教養のモビルスーツ?! 移動図書館車、老舗工場のこだわり

  • 1466

福岡県八女市立図書館に納める移動図書館車の製作風景

福岡県八女市立図書館に納める移動図書館車の製作風景

 移動図書館車を見たことがありますか?私は今、はまっています。何千冊もの本を積んで地域を巡る「動く図書館」のような車です。ちょっと懐かしい音楽とひときわ目立つ派手な色使いで、やってくると、たちまち子どもからお年寄りまで人だかりができる人気者。各地で見てきた移動図書館車について夢中で話していると、ガンダム好きのある先輩が言いました。
 

 「文化と教養のモビルスーツやな」

 確かに。

 「普通の四角い車が、たくさんの本を載せただけで、たちまち文化の担い手、教育の下支えになる。この変貌にロマンがある」

 確かに。
 

 そういえば、どれもなんだか個性的。その秘密を知りたくて、老舗の工場を訪ねてみました。(朝日新聞文化くらし報道部記者・上田真由美)


大分県豊後大野市図書館で活躍する移動図書館車「にじいろ号」=豊後大野市図書館提供

大分県豊後大野市図書館で活躍する移動図書館車「にじいろ号」=豊後大野市図書館提供

1080台、全てオーダーメイド

 さいたま市、大宮駅から車で10分ほど。首都高速埼玉新都心線沿いに、「林田製作所」はひっそりとありました。創業1960年。トタン屋根の大きな倉庫のような工場に入ると、キーン、ジュッ、ジュッ、ジュッと金属音が重なり合っています。天井からぶら下がっているのは、鎖や名前のわからない器具。全体的に灰色と茶色。なんだか「昭和」の世界に紛れ込んだ気分です。

 つなぎ姿の職人さんが、裸のトラックのようなものに火花を散らしていました。5月に福岡県八女市立図書館に納入する予定の車だそうで、これがここで作る1080台目の移動図書館車だといいます。

 案内してくれた取締役の林田理花さんは「全てがオーダーメイド。一つとして同じ物はないんですよ」と言います。つまり、全部手作り。工場長の塩澤和夫さんは「トラックの頭しかないやつから作るからね」。そんな言葉で製造工程を教えてくれました。
 

【動画】完全手作り!移動図書館車を1000台作った「林田製作所」=2018年3月7日、上田真由美撮影

トラック改造か、バス改造か

 図書館からの注文を受けると、まずはどんな図書館車が欲しいのか、念入りに打ち合わせをします。側面の扉を開くと本が並んでいるタイプか、車の中に入って書架から本が選べる作りにするか、貸し出しカウンターを車内に備え付けるか、天窓をつけるか……。

 イメージを固め、トラックを改造するのか、バスを改造するのかを決めます。改造する、と言っても、トラックの場合、仕入れるのは運転席のある「頭の部分」と荷台を載せる骨組みだけのもの。そこから、職人さんたちが要望にあわせて新たに骨組みを載せていき、頭の部分と丁寧につなぎ合わせるのです。この日、職人さんが火花を散らしていたのはこの工程でした。それから次第に板を張り付けていき、書棚や机を設置。塗装して、完成です。

福岡県八女市立図書館に納める移動図書館車の製作風景

福岡県八女市立図書館に納める移動図書館車の製作風景

完成まで6カ月

 打ち合わせから完成までの標準的な期間は6カ月くらいですが、自治体の予算削減のあおりを受けて計画が途中で止まってしまい、何年もかかることも。値段ももちろん様々ですが、大型で1800万円程度だそうです。「でも、丈夫に作ってあるので20年は使えます」と林田さんは言います。「長持ちする分、なかなかたくさん売れないんですけどね」

 作っている途中で新たな注文が付け加わることも度々だそうです。本来なら予算オーバーで見積もりをし直したいところですが、腕が自慢の職人さんたちは、うっかり要望に応えてしまうのが悩みの種だとか。

福岡県八女市立図書館に納める移動図書館車の製作風景

福岡県八女市立図書館に納める移動図書館車の製作風景

その土地ならではのデザイン

 移動図書館車の多くは「ひまわり号」「にじいろ号」のように愛称がつき、ハイビスカスやまちのゆるキャラなど、その土地ならではの模様をつけて走ります。そういえば、埼玉県川口市立図書館の「あおぞら号」は、児童から公募した絵で彩られていました。

 顔ともいえる車体のデザインは、お披露目直前まで伏せられることもしばしば。中には、「市民をびっくりさせたいので、車体を隠して運んできてくれないか」なんて相談もあったそうですよ。それだけ、楽しみにされているんですね。

 塩澤工場長は「1台1台違って、お客さんの要望もあるからね。あわせるのが大変」と言いつつ、照れくさそうに笑いました。「でもやっぱり走っているのを見るとね、ああ、うちのだなって、ね」

八女市立図書館に納める移動図書館車の完成予想図=八女市立図書館提供

八女市立図書館に納める移動図書館車の完成予想図=八女市立図書館提供

図書館がやって来る意味って?

 インターネットで注文すれば、すぐに家まで本が届く今、それでもわざわざ図書館がやって来る意味ってありますか?尋ねてみると、林田さんはちょっと驚いた顔をしました。

 「子どもが、自分の意思で自分の目で見て、自分で選んで本をつかむ。親や学校から与えられたものじゃなくて、自分で本の中に入っていって選ぶ。本を手に持って、本の重みを感じながら、わー楽しいなって思うでしょ」

 確かに、取材では、選ぶ楽しさを味わう人たちに出会いました。図書館車の棚から本を引っ張り出してはぺらぺらとページをめくって少し読み、また返して、次の本を手に取る。そんなふうに念入りに本を選ぶおじいさん。児童文学の棚をじっくり眺め、「こういうの読むと心がほっとするの」と「ゲド戦記」を借りていったおばあさん。自分用の絵本を選び終え、お母さんの本まで選んであげようと張り切る男の子……。

1500冊載せて団地を巡る岡山市立図書館の「あおぞら1号」は車内に入って本を選ぶことができる=3月8日、岡山市

1500冊載せて団地を巡る岡山市立図書館の「あおぞら1号」は車内に入って本を選ぶことができる=3月8日、岡山市

南アフリカで「第二の人生」も

 林田さんには、夢があるそうです。もし予算をたっぷり使えて好きな移動図書館車を作れるのなら、車内に入ったとたん、壁や天井に青空が広がっているような、そんな内装の車を作ってみたい。「楽しいなって感じてもらいたいの」

 「引退」した移動図書館車の中には、南アフリカで「第二の人生」として活躍している車も10台以上あるそうです。国際支援をする団体が買い取り、林田製作所での修理・改造を経て、寄付を続けているのです。

職人が火花を散らす! これが移動図書館車を作る現場だ!
前へ
福岡県八女市立図書館に納める移動図書館車の製作風景
次へ
1/16
前へ
次へ

あわせて読みたい

「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
PR
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
PR
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた

人気

もっと見る