MENU CLOSE

話題

104946

ワオキツネザル18頭が合体! 謎のシマシマ生物に変身 撮影者に聞く

日立市かみね動物園(茨城県)で撮影されたワオキツネザルの画像が、ツイッター上で注目を集めています。

団子のように重なるワオキツネザル18頭
団子のように重なるワオキツネザル18頭 出典: 日立市かみね動物園提供

目次

 日立市かみね動物園(茨城県)で撮影されたワオキツネザルの画像が、ツイッター上で注目を集めています。一見すると縞々(しましま)がいくつも重なった塊のようですが、よく見るとワオキツネザルが18頭集まっています。撮影した園長に話を聞きました。

日立市かみね動物園のワオキツネザル
日立市かみね動物園のワオキツネザル 出典: 日立市かみね動物園提供

ワオキツネザルダンゴ


 今月7日、日立市かみね動物園のツイッターアカウントが、こんな文言とともにワオキツネザルの画像を投稿しました。

 せっかくのさくらまつりなのに、ちょっと寒くて残念。それにしてもこんなワオキツネザルダンゴ初めて見ました。

 画像には、ワオキツネザル18頭が集まって団子のように重なっている様子が写っています。

 この投稿に対して、「かわいい」「何がどうなってる?」「真ん中の一番下は平気なのかな」といったコメントが寄せられ、リツイートは2万、いいねは4万6千を超えています。


撮影した園長に聞きました


 この写真を撮影したのは、園長の生江信孝さんです。

 「7日朝、園内を見回っているときに、いつもと違う風景を見つけたので、持っていたカメラで撮影しました」

 18頭はいずれもオスで、一つの群れを形成しているメンバーだといいます。

 温暖な気候のマダガスカルに生息するワオキツネザル。おなかを太陽に向けて日光浴をすることはありますが、ここまで多くが集まって団子状になることは珍しいそうです。

こっちもかわいい。おなかを太陽に向けて日光浴をしているワオキツネザル
こっちもかわいい。おなかを太陽に向けて日光浴をしているワオキツネザル 出典: 日立市かみね動物園提供


 7日は寒の戻りで、気温が低かったため、寒さに耐えかねてこのように集まっていたとみられます。

 「動物たちはよく、ひとかたまりになって暖をとります。特にニホンザルは団子状になることから『サルダンゴ』などと呼ばれています。アライグマもよくかたまります」と生江さん。

 多くの反響が寄せられていることについては、「動物たちはどんな行動をとるかわからないので、こまめに動物園に足を運んでください」と話していました。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます