MENU CLOSE

話題

14808

あの「平成」の書がクリアファイルに 所蔵する国立公文書館が販売中

1989年1月7日、新元号を発表した小渕恵三官房長官(当時)が手にしていた「平成」の書が、クリアファイルになって発売されました。

新しい元号「平成」を発表する小渕官房長官(当時)=1989年1月7日
新しい元号「平成」を発表する小渕官房長官(当時)=1989年1月7日 出典: 朝日新聞

目次

 1989年1月7日、新元号を発表した小渕恵三官房長官(当時)が手にしていた「平成」の書が、クリアファイルになって発売されました。作ったのは原本を所蔵する国立公文書館です。なぜこの時期に売り始めたのか? 広報担当者に話を聞きました。

こちらがクリアファイル。税込み300円です
こちらがクリアファイル。税込み300円です 出典: 国立公文書館のFacebookより

Facebookに投稿


 3月26日、国立公文書館のFacebookアカウントが、こんな投稿をしました。

 「3/31から新しく加わるオリジナルグッズその1は、『平成クリアファイル』。平成の元号が発表されたときに、小渕官房長官が持っていた『平成』の2文字を覚えていますか? あの文字がプリントされたクリアファイルです」

 「クリアファイルを手にポーズをとってみれば、あなたもあっという間に小渕さん。思わず写真に撮りたくなります。平成になったあの頃、私は何をしていたかしら? クリアファイルを囲んで思い出話に花を咲かせれば、思いがけないノスタルジーも感じられるすてきなクリアファイルです」

 投稿にはクリアファイルの画像が添付されており、シンプルに「平成」の文字だけが書かれています。価格は税込み300円です。

なぜグッズ化?


 クリアファイルのもとになった「平成」の書は、当時の首相・竹下登氏の遺族から寄付され、国立公文書館に保存されています。

 平成の書のグッズ化について、広報担当者はこう説明します。

 「これまでにも所蔵品をもとに作った絵はがきなどを販売してきましたが、5月6日まで開催している『平成30年春の特別展 江戸幕府、最後の闘い』の広報や、来館者の満足度向上を狙って企画しました」

 皇太子さまが2019年5月1日に新天皇に即位するのに伴う新元号が話題になったことを受け、所蔵品である平成の書のグッズ化を決めたそうです。

 原本は保存されており、普段は複製が常設展示されていますが、春の特別展の関係で5月中旬ごろまでは複製も見られません。クリアファイルと比べてみたいという方はご注意を。

 「グッズを通じて、少しでも国立公文書館やその所蔵品に愛着をもっていただければうれしいです」と広報担当者。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます