閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年03月03日

「やっぱりお母さんの世界か」 イクメンだから感じる違和感、でも…

  • 7691

長女をベビーカーに乗せ、散歩をする魚返洋平さん=本人提供

長女をベビーカーに乗せ、散歩をする魚返洋平さん=本人提供

 「イクメン」という言葉が浸透した平成の子育て、父親も「保活」するという話をよく聞きます。時に「蚊帳の外」の扱いを受けることもありますが、育児の世界にどっぷりはまってみると、そこには男も女もない子育ての大変さがありました。それを分かち合ったゆえに築かれる夫婦の関係性もあるようです。(朝日新聞東京総局記者・向井宏樹)

待機児童問題を考える集会に参加していた男性たち。「保活を母親だけの問題にはしたくない」と話していた=2月26日、国会内

待機児童問題を考える集会に参加していた男性たち。「保活を母親だけの問題にはしたくない」と話していた=2月26日、国会内

「保育園ですら先入観あるのでは」

 ある日、電通のコピーライター、魚返洋平さん(37)の元に1通のメールが届いた。差出人は入園の問い合わせをしていた保育園。園側とのやりとりは魚返さんがずっと担当してきたが、文頭の宛名はなぜか妻の名前だった。

 「保育園ですら、保活は母親がするものという先入観があるのでは。保活する父親がいてもおかしくないはずなんですけどね」

 魚返さんは昨年7月から6カ月の育休を取得。同じく育休中の妻と一緒に育児をし、昨年6月に生まれた長女を保育園に通わせるため、保活した。

 住まいは都内でも待機児童数が多い激戦区。保活を成功させるため、計20カ所の園を見学して回ったが、「育休中じゃなければ到底回りきれなかった」。

 いざ入園申請。魚返さんは「実際に足を運んでいなかったら、選べなかった。保活する男性はまだ少なく、入れればどこでもいいと思ったり、保活を妻任せにしたりする家庭は多いかも」と振り返る。

育休を取得し、長女の子育てをした魚返さん=本人提供

育休を取得し、長女の子育てをした魚返さん=本人提供

「大変さは半分に、楽しさは2倍に」

 最終的には保育園が決まり、夫婦二人で保活は乗り切れた。ただ、新生活を前にもう一山あった。

 魚返さんは1月に職場復帰したが、妻はまだ育休中。仕事モードとなった魚返さんは新年会やら歓迎会やら会食の機会が増えた。ライフスタイルが変わったことで、それまで夫婦で分担していた育児を、妻に頼る割合が大幅に増えていった。

 「僕のための会もあるので断りたくない。妻が育児で疲れているのは分かりつつ、お酒が入っているから帰宅したら寝てしまって。オムツ交換やミルクを飲ませるのを妻に任せがちになってしまった」

 半年間、魚返さんが育休をとって分かったのは、育児には明確な区切りがなく仕事のような「やり遂げた感覚を得にくい」ということだった。最近は男性の育児参加が叫ばれ、平日はバリバリ仕事をこなし、週末は育児にも積極的な父親は多い。ただ、魚返さんが体験した育児はちょっと違う。

 「子どもの成長は喜びだけど、日常が全て子どもの育児のみに追われていく。曜日感覚が消え生活にメリハリがなくなったりもした。でも、これが子育ての現実なんだと」

 「育児のプロ」じゃなくても、自ら保活や育児を経験し、「パートナーとただ一緒にいること」の大切さを実感したという魚返さん。そんな思いをウェブで発信してきた。「育休中、最初の頃は本当にしんどかったけれど、相手がいれば楽しさや大変さを分かち合える。大変さは半分に、楽しさは2倍にもなるんです」

長女をベビーカーに乗せ、散歩をする魚返さん=本人提供

長女をベビーカーに乗せ、散歩をする魚返さん=本人提供

「お母さんの世界」が言い訳にならないように

 建設会社に勤めるパパ(41)は3人の子どもの保活に積極的に携わり、現在2人を保育園に通わせている。保活経験が豊かな分、疎外感を感じる場面にも何度か出くわしてきた。

 「お母さんたち、いいですか?」

 入園式などでも園側が呼びかける相手はいつも母親たち。「仕事の調整を付けて参加したのに、やっぱりお母さんの世界かという寂しさはある」。男性の姿が少ないがゆえに、こうした状況が生まれるのは分かっている。ただ、それを言い訳に父親たちがより育児から遠ざかってしまうのではと懸念している。

 とはいえ、このパパも最初からイクメンではなかった。第1子の保活が無事に終わり、2カ月後に妻が育休から復帰するタイミングで衝突が起きた。

 仕事柄、会食の機会が多く、その日も何げなく夜の予定を伝えた。すると妻から「待った」がかかった。「このままだと安心して復職できないよ。いまのあなたは戦力外です」

 妻にすれば帰宅時間がまちまちな夫を育児や家事の要員としてはカウントできない。ならば仕事に専念する、という男性も多いかもしれないが、このパパは違った。20年近く野球にのめり込んだ経験から「子育てでベンチ入りもできないなんていやだ」。

 まず、子どものお迎え当番を名乗り出た。会社から自宅近くの保育園まで2時間ほど。お迎えの時間にあわせて早めに帰宅する代わりに、朝4時半に起きて始発で出社する生活を6年間続けた。

男性の育児参加が増えているとはいえ、まだ多いとはいえない(写真はイメージです)

男性の育児参加が増えているとはいえ、まだ多いとはいえない(写真はイメージです)

出典: pixta

育児にちゅうちょ「一歩踏み出して」

 「きょうは早く帰ってきて欲しい」「育休をとって欲しい」――。女性側のお願いに「仕事があるから無理だと条件反射してしまう気持ちは分かる」と理解を示す。ただ、男性が変わらなければ、あきらめてしまう女性も多く「逆の立場だったら自分も協力してと思うはずだ」。

 結局、このパパが6年間で飲み会に行ったのは幹事役を任された1回きり。その分、家族との時間を大切にした。「できた!」。子どもたちが昨日までできなかったことを乗り越えた瞬間にも立ち合えた。時短勤務で子育てしていた妻が昇進したときには、思わずうれし涙がこぼれた。

 「自分の中に見えないお化けをつくらないで欲しい」とこのパパは思う。育休取得を相談したら上司ににらまれないか、早く帰りたいと持ちかけたら出世に響かないか――。未知なる〝お化け〟のような存在と戦わなくても、「上司や会社に聞いてみたらすんなり通るかもしれません」。

 育児と仕事の両立は確かに大変かも知れない。このパパの周りにも育児参加する男性が少なく1人悩んでいたが、SNS上に同じような仲間がいることを知り救われた。このパパは言う。「自分自身に言い訳せず、勇気を出して、一歩踏み出してみませんか」


     ◇

 取材班は、保活や保育士の仕事についての体験談、ご意見をお待ちしています。メールseikatsu@asahi.comかファクス03・5540・7354、または〒104・8011(住所不要)文化くらし報道部「保育チーム」へぜひお寄せ下さい。

リクエスト募集中

「保活」を巡る体験や、ご意見を募集しています。(お話をうかがえる方は連絡先の明記もお願いします)

リクエストを書くリクエストを書く


連載「平成家族」

 この記事は朝日新聞社とYahoo!ニュースの共同企画による連載記事です。家族のあり方が多様に広がる中、新しい価値観と古い制度の狭間にある「平成家族」。今回は「保活」をテーマに、その現実を描きます。


【イラスト解説】2次募集・定期利用…保育園落ちた「その後」の選択
前へ
次へ
出典:認可保育施設の1次募集に落ちた「その後」を、イラストで解説
1/7
前へ
次へ

もっと見る


あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る