閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年02月26日

五輪の魔力、出場逃した選手の「その後」 4姉妹でめざし自分だけ…

  • 27050

平昌五輪を逃し、冬季国体のショートトラックに出場した菊池萌水=2018年1月31日、甲府市

平昌五輪を逃し、冬季国体のショートトラックに出場した菊池萌水=2018年1月31日、甲府市

 平昌冬季五輪では、連日、日本人選手の活躍が伝えられています。でも、その陰には、代表争いに敗れた選手たちがいます。姉妹4人での五輪出場をめざし、一人、出場権を逃した菊池萌水選手(25)=稲門スケートクラブ=は、引退も考えたと言います。五輪という重圧への本音、選手の「その後」を追いました。(朝日新聞スポーツ部記者・照屋健)

代表選で負け泣き続けた

 「少しでも感覚つかみたいなって思って、滑っているんです。今、まったく滑れないから」。

 2月1日、甲府市であった冬季国体のショートトラック女子3千メートルリレーで長野県の優勝に貢献した菊池選手は笑顔でした。

 2ヶ月前、彼女は悔しさから競技場で泣き続けていました。平昌五輪代表の切符をかけた昨年12月の全日本選手権。妹4人での五輪出場がかかった舞台でした。

 三女の悠希さん(27)、五女の純礼さん(22)がショートトラックの代表に選ばれた一方で、7位に沈んだ四女の自分は落選。次女の彩花さん(30)は後日、スピードスケートの代表に選ばれました。

平昌五輪ショートトラック女子1500メートルの順位決定戦で滑走する菊池純礼(中央)=2018年2月17日、白井伸洋撮影

平昌五輪ショートトラック女子1500メートルの順位決定戦で滑走する菊池純礼(中央)=2018年2月17日、白井伸洋撮影

「あと4年も戦えるのかな」

 「4人で行けなかったのは私の責任。悠希、純礼の2人には五輪で頑張って欲しい」。レース後、あふれる涙をこらえきれず、菊池選手は悠希さんに肩を抱かれました。

 「全日本が終わった後は、正直つらかった。やっぱり『私が行けたら4人で行けた』っていう思いもあったので。あと4年も戦えるのかなって思うと、苦しかった」。

 落選直後の心境を、菊池選手はこう振り返ります。家族や周りの人と話していても、気まずさを感じたといいます。

ショートトラック・全日本選手権女子総合優勝の優勝杯を手に笑顔の菊池萌水=2017年1月9日、遠藤啓生撮影

ショートトラック・全日本選手権女子総合優勝の優勝杯を手に笑顔の菊池萌水=2017年1月9日、遠藤啓生撮影

頭をよぎった「引退」

 1カ月間はリンクにあがらず、休みをとりました。山梨県や地元・長野県南相木村の温泉につかり、1人でゆっくり考える時間もつくったといいます。

 「私の限界ってこんなものなのかな」。そう思い、家で再び泣いたこともありました。

 4年後は29歳。決して若くはなく、引退が頭をよぎったこともあります。ただ、「このまま負けっ放しじゃ嫌だ。負けて、もやもやしたまま終わるのは嫌だなって」

後輩の滑りを見てうれし涙を流す四女の萌水選手(左)。右は三女の悠希選手=2017年12月17日、名古屋市、辻隆徳撮影

後輩の滑りを見てうれし涙を流す四女の萌水選手(左)。右は三女の悠希選手=2017年12月17日、名古屋市、辻隆徳撮影

貯金、切り崩しても続けた競技

 そう思えるのは、これまでもはい上がってきた経験があったからです。

 2014年のソチ五輪ではリレー候補で代表に選ばれ、ソチに行きましたが、試合には出られませんでした。

 大学卒業後、所属先がなく、貯金を切り崩しながら活動を続けた時期もありました。

 「やっぱり、苦しいときこそ私は笑っていたい。苦しいけど、自分が選んだ道。それがやりたくて自分は競技をしているので」

四女の菊池萌水さん(右端)と談笑する悠希選手(中央)と純礼選手=2018年1月20日、南相木村公民館

四女の菊池萌水さん(右端)と談笑する悠希選手(中央)と純礼選手=2018年1月20日、南相木村公民館

「東京五輪には魔力がある」

 今回、菊池選手の「その後」を追いかけたのは、2020年の東京五輪を目指す選手たちを取材していて、心配になる時があるからです。

 「この選手がもし、五輪に出られなかったら大丈夫だろうか」と。テレビで「東京五輪期待の選手」を見ない日はありません。

 スポンサー企業の数はだんだんと増え、周囲の期待も高まっています。そんな中で起きたのが、カヌーの禁止薬物混入事件でした。

 カヌーのリオデジャネイロ五輪銅メダリストの羽根田卓也選手は「東京五輪には魔力がある」と打ち明けます。

 「僕もなにがなんでも出たいと思っている。選手にとってこんな舞台はもう2度とない。思い詰める選手の気持ちもわかる」

東京五輪のカヌー・スラローム会場の建設現場=2018年2月5日、東京都江戸川区臨海町、嶋田達也撮影

東京五輪のカヌー・スラローム会場の建設現場=2018年2月5日、東京都江戸川区臨海町、嶋田達也撮影

「切り替えではなく、継続」

 菊池選手は、姉妹で唯一、平昌五輪に出られませんでした。平昌五輪のニュースばかりの中、落選した選手としての心境を聞きました。

 印象に残ったのは、「気持ちをいつ切り替えられたか」と聞いたときに「切り替えではなく、継続ですね」と答えたことです。

 「私はまだ世界のトップレベルに立てていない。そのために、今はコーナリングの技術の練習に取り組んでいるんです」。

 そして、笑顔で、こう続けました。「やっぱり、写真撮ってもらうときも、明るい方がいいじゃないですか。みなさんに伝えられるものが大きいと思うので、私は笑っていたいなって思います」。

冬季国体のショートトラックに出場した菊池萌水=2018年1月31日、甲府市

冬季国体のショートトラックに出場した菊池萌水=2018年1月31日、甲府市

喪失感とどう向き合うか

 喪失感とどう向き合うか、という問いに対する答えはないかもしれないし、「乗り越える」と簡単に言えるものでもないかもしれません。

 ただ、一歩を踏み出す選手の姿を通して、記者として伝えられるものはあるのではないか。

 平昌五輪では、スピードスケート女子団体追い抜きのメンバーの一員として、次女の彩花選手が金メダルを獲得しました。決勝では滑れませんでしたが、涙を流しながら仲間たちに駆け寄る姿が印象的でした。

 萌水選手は彼女たちの平昌を見て、何を感じたのか。また取材をしたいと思っています。

平昌オリンピック、メダリストの笑顔すべて見せます
前へ
男子モーグルで銅メダルを獲得し、笑顔を見せる原大智
次へ
1/14
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る