閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年02月05日

ゴディバ「義理チョコをやめよう」 日経新聞に広告載せた理由を聞く

  • 31580

日経新聞に掲載されたゴディバジャパンの広告

日経新聞に掲載されたゴディバジャパンの広告

出典: ゴディバジャパン提供

【ネットの話題、ファクトチェック】

 「日本は、義理チョコをやめよう」。そんなタイトルの新聞広告が話題になっています。掲載主はチョコレートブランド「ゴディバ」です。バレンタインデーを前にして、なぜこのような広告を出したのか? ゴディバジャパンに問い合わせたところ、広告の意図を説明する社長メッセージが返ってきました。

ゴディバのチョコレート「ジュエリー キープセイク」(5粒入、税込み3996円)

ゴディバのチョコレート「ジュエリー キープセイク」(5粒入、税込み3996円)

出典: ゴディバジャパン提供

「義理チョコ、ムリしないで」


 今月1日、日本経済新聞にゴディバジャパンの広告が掲載されました。書かれているメッセージは以下の通りです。

 バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。

 その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。

 なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。

 気を使う。お金も使う。でも自分からはやめづらい。

 それが毎年もどかしい、というのです。

 それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。

 もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。

 いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。

 そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。

 社内の人間関係を調整する日ではない。

 だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。「義理チョコ、ムリしないで」と。

 気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから。

 そしてバレンタインデーを、もっと好きになってほしいから。

 愛してる。好きです。本当にありがとう。そんな儀礼ではない、心からの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。

 ゴディバジャパン株式会社
 代表取締役社長
 ジェローム・シュシャン

日経新聞に掲載されたゴディバジャパンの広告

日経新聞に掲載されたゴディバジャパンの広告

出典: ゴディバジャパン提供

社長からのメッセージ


 この広告に対して、ネット上では「ホントに止めたいと思ってる人もいるので良い広告」「たとえ義理でも中高生にとっては重要なもの」「あえて反対意見を出すことで、逆に自社のブランド力をあげる巧みな広告」といったコメントが寄せられています。

 今回の広告を通じて、どんなメッセージを伝えたかったのか? ゴディバジャパンに問い合わせたところ、ジェローム・シュシャン社長のメッセージとして、以下のような回答が返ってきました。

 この広告のメッセージにおいて、私はまず大切にしなければならないのは、バレンタインデーの主役は、「もらうひと」ではなく、「あげるひと」ではないか、と考えました。

 「あげるひと」にとって「楽しい」バレンタインデーかどうか、それがもっとも重要なことではないかということです。

 ですから、義理チョコをあげるのが楽しいと考える人、ご挨拶として知り合いの方に配る、それが自分にとっても楽しい、と考えている方には、今後ともぜひ続けていただきたいと思いますし、そのような方のための商品開発は続けていきたいと考えます。

 でも、もし義理チョコが少しでも苦痛になっている人がいるのであれば、それはやめてしまったほうがいいのではないか、と私たちは思います。それが今回の新聞広告の主旨です。

 お客様が楽しくないバレンタインデーは、私たちチョコレート会社にとっても楽しくないバレンタインデーです。

 私たちは商品とともに、ハピネス=幸せをお届けしているブランドであると思うからです。

 義務感や形式や慣習からではなく、もっと「自由に」、感謝や愛情を表現する日として楽しんでいただきたいのです。

 あげる人が主役のバレンタインデー、あげる人が心から楽しめるバレンタインデー、それが、ゴディバの理想です。

 海外では、女性同士でバレンタインデーを祝う「ギャレンタインデー」など、新しいバレンタインデーの楽しみ方が広がりはじめています。

 私たちは、今回のキャンペーンで、こういう新しい楽しみ方もご紹介しながら、みなさんに是非とも「バレンタインデーをもっと好きになってほしい」と考えています。

ゴディバのチョコレート「ジュエリー セレクション」(5粒入、税込み2160円)

ゴディバのチョコレート「ジュエリー セレクション」(5粒入、税込み2160円)

出典: ゴディバジャパン提供

なぜ日経新聞に?


 今回、新聞広告が掲載されたのは日経新聞のみ。購読者にビジネスパーソンが多いとされる新聞です。

 その理由について、マーケティング部の担当者は「企業のトップマネジメント向けに発信させていただきました」と説明します。

 バレンタインデーを前に、販売上マイナスになりかねないといった懸念はなかったかという点については、「あげる人に楽しんでもらいたいというメッセージがきちんと伝われば、そのようなことはないと考えております」。

 広告が話題になったことについては、「反響が大きく驚いております。広告のメッセージを読んでくださった皆様に御礼を申し上げたいです」と話していました。

ゴディバ「義理チョコやめよう」 日経新聞に広告載せた理由を聞いた
前へ
日経新聞に掲載されたゴディバジャパンの広告
次へ
出典:ゴディバジャパン提供
1/11
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る