閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年02月01日

都心タワマン、広がる住民交流 「しがらみ」と「孤独」の間を模索

  • 4266

「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」の共用スペースで開かれた、家族同士の顔合わせ会=東京都新宿区西新宿5丁目、三菱地所レジデンス提供

「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」の共用スペースで開かれた、家族同士の顔合わせ会=東京都新宿区西新宿5丁目、三菱地所レジデンス提供

 プライバシー重視から「つながり」へ。人々の住み方の流れが変わりつつあります。転機には、発生からまもなく7年を迎えるあの大震災がありました。(朝日新聞東京総局記者・吉野太一郎)

ザ・パークハウス 西新宿タワー60(中央)=新宿区、朝日新聞社ヘリから、迫和義撮影

ザ・パークハウス 西新宿タワー60(中央)=新宿区、朝日新聞社ヘリから、迫和義撮影

マンション入居者に交流イベント

 新宿中央公園の北側に、昨年末から入居が本格化した60階建てマンション「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」がそびえる。

 その半年前の夏、マンションの近くで約600年続く熊野神社の権禰宜(ごんねぎ)が、地域の歴史や、秋の例大祭の作法、みこしの担ぎ方などを入居予定者に教えた。会社員の夫と引っ越してきた50代の妻は転勤が多かったといい、「いつも地域に溶け込めなかった。『私の地元はここ』と思って暮らしたかった」と、この取り組みを喜ぶ。

 再開発で出現した総戸数953戸、約2千人の「町」に、販売する三菱地所レジデンスは3年前から5年かけて、入居予定者同士や地域が交わるイベントを階数にちなんで60回開く。

 11月に共有スペースで家族同士の顔合わせ会に参加した大木岳志さん(48)と妻の裕美さん(29)は、3歳と1歳半の子どもがいる。「何かあったときのため、同じ階の人ぐらいは顔見知りでいたい。手が離せない時に子どもをちょっと見てもらえるような関係が、事前に築けるのはありがたい」

「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」の共用スペースで開かれた、家族同士の顔合わせ会=三菱地所レジデンス提供

「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」の共用スペースで開かれた、家族同士の顔合わせ会=三菱地所レジデンス提供

プライバシーなんて概念なかった

 江戸時代中期に江戸川区で創業し、地元の戸建て住宅などを手がけてきた「丸喜須賀工務店」の須賀眞一さん(65)は「日本の伝統的な家は、ふすまを開けて隣の部屋を通って移動する『田』の字形の間取り。プライバシーなんて概念はなかった」と解説する。「やがて廊下が加わり、密閉志向、個室志向が強まっていくわけです」

 2017年の社会生活統計指標によれば、都内の一戸建てが約180万戸に対し、マンションなどの共同住宅は約2.5倍の453万戸に上る(13年。空き家を除く)。

 70年代後半にはオートロックシステムが登場、入居階以外に行けないエレベーターシステムなども普及した。「マンションはプライバシーが重要で、人間関係は外で持つものだと、売る側も思っていた時期があった」と三菱地所の担当者。

深川の同潤会アパート=1951年

深川の同潤会アパート=1951年

ちょうどよいつながりが大事

 転機は2011年の東日本大震災だった。不動産情報サイト「SUUMO」の池本洋一編集長は「帰宅難民の発生や都心部マンションの大きな被害を経験し、共助の重要さが都民のマンション住まいの価値観に加わった」とみる。入居者の顔合わせ会や懇親会、防災訓練と同時のイベント開催が広まっている。

 港区港南4丁目の「シティタワー品川」では2年前から、防災訓練に子ども向けのスタンプラリーや、備蓄品を使ってカレーをふるまうなどのイベントを取り入れ、参加人数が倍増したという。自治会副会長の山口幸緒さん(61)は「3・11から時間がたち、参加率が下がっていた。子どもの参加率を上げて大人を巻き込み、顔見知りを増やすことが防災、防犯に役立つ」と話す。

 若者や高齢者ら、ファミリー層以外をどう振り向かせるかも課題だ。三井不動産レジデンシャルは1月から、利き酒会やスムージー作りなどの講習会を開いて、趣味や自分磨きを通じた人間関係の構築を図る。

 「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」などで、マンション住民の関係づくりを支援する企業「HITOTOWA」の津村翔士さん(34)は「日常的に、また災害時に助け合える住民同士の関係を作るために『しがらみ』と『孤独』の間の、ちょうどよいつながりが大事なんです」と語る。関東、東日本。150年で2度の大震災を経て、濃密すぎず、疎遠すぎず。お隣さんとの適度な距離の模索が続く。

ザ・パークハウス 西新宿タワー60=新宿区、朝日新聞社ヘリから、迫和義撮影

ザ・パークハウス 西新宿タワー60=新宿区、朝日新聞社ヘリから、迫和義撮影

「東京」最初の人口は86万人 品川は「県」、羽田は海の中だった
前へ
東京は、1871(明治4)年の廃藩置県まで、東を小菅県、西を品川県に囲まれた非常に狭いエリアだった=デザイン・佐藤慧祐
次へ
出典:朝日新聞
1/12
前へ
次へ

もっと見る


あわせて読みたい

「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
PR
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
PR
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた

人気

もっと見る