閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年01月09日

ぴくりとも動かない中国政府、それでも黙らない「女神」立候補へ

  • 3723

通勤客にビラを配るアグネス・チョウさん=2017年12月15日、香港、益満雄一郎撮影

通勤客にビラを配るアグネス・チョウさん=2017年12月15日、香港、益満雄一郎撮影

 香港の民主化を訴える「闘士」であり、日本のアニメやアイドル好きのガチオタ女子。「雨傘運動」で「女神」と呼ばれた香港の女子大生アグネス・チョウ(周庭)さんは、今年3月におこなわれる香港立法会(議会)の補欠選挙への立候補を検討しています。「雨傘運動」では、香港政府と中国政府は一切、譲歩せず、若者たちの要求はまったく実現しませんでした。仲間も収監されました。それでも「権力と闘う」と訴える彼女。その理由を聞きました。(朝日新聞香港支局長・益満雄一郎)


【動画】独学とは思えない!アニメやアイドルで学んだ流暢な日本語で「あきらめない」と訴えるアグネス・チョウさん

中国に批判的な議員6人が失職 収監も

 2017年12月8日、香港の繁華街・銅鑼湾にある会議室で、アグネスさんは日本メディアのグループインタビューに応じました。席につくなり、「怖い」とボソリ。

 21歳のアグネスさんの周囲を44歳の私やほぼ同年代の他社の記者ら7人が小難しい顔をして取り囲んでいました。

 記者の一人から「誰がアグネスさんを怖がらせた?」。そんな冗談が飛び出すと、会場は和気あいあいとした雰囲気に一変し、インタビューが始まりました。

日系メディアの共同取材に応じるアグネス・チョウさん=2017年12月8日、香港、益満雄一郎撮影

日系メディアの共同取材に応じるアグネス・チョウさん=2017年12月8日、香港、益満雄一郎撮影

 アグネスさんが出馬検討の理由として真っ先にあげたのが、民主派の立法会(議会)議員6人の資格が取り消され、失職した問題でした。

 民主派とは、中国に批判的な政治的立場のグループを指します。香港政府は2016年、民主派議員が議員に就任した際に規定どおりの宣誓をしなかったとして裁判所に審査を請求。裁判所の判断を受け、6人とも失職しました。

 そのなかには、アグネスさんが所属する若者の政党「香港衆志(デモシスト)」のトップであるネイサン・ロー(羅冠聡)さんも含まれていました。デモシストは持っていた1議席を失いました。

デモの合間に撮影に応じるアグネス・チョウさん=2017年12月4日、香港、朱延雄撮影

デモの合間に撮影に応じるアグネス・チョウさん=2017年12月4日、香港、朱延雄撮影

 「政治的弾圧だと思います。今後も中国政府や香港政府から弾圧は増え、香港は厳しい状態になるかもしれませんが、これからの選挙は信念を持っている人や勇気を持っている人が必要だと思います」

 それだけではありません。

 2017年8月には、ローさんら3人が雨傘運動のきっかけとなった事件で実刑判決を受け、収監されました。アグネスさんはそれまで全く自身の立候補を考えたことはなかったのですが、これをきっかけに「自分が議員となって香港の民主化運動にもっと力を入れたい」と考えるようになりました。

立候補のためにイギリスのパスポートを放棄

インタビューの際に笑顔をみせるアグネス・チョウさん=2017年12月8日、香港、益満雄一郎撮影

インタビューの際に笑顔をみせるアグネス・チョウさん=2017年12月8日、香港、益満雄一郎撮影

 彼女が議員をめざすというのは、私にとって予想通りの展開で、驚きはありませんでした。実刑判決を受けた3人の中には、ローさんのほかに、デモシストの顔でもあるジョシュア・ウォン(黄之鋒)さんも含まれており、デモシストの中には、彼女より知名度がある人物がいない状況だったからです。

 もちろん、選挙への立候補は普通の大学4年生にとっては非常に大きな決断です。

 まず相談したのは家族でした。アグネスさんは香港が中国に返還された1997年の1年前の1996年に生まれました。香港は当時、英国の植民地だったので、アグネスさんは英国のパスポートを持っていましたが、出馬にあたってはパスポートを放棄しなければならないため、非常に大きな決断だったといいます。

日本記者クラブでの会見後に記念品を渡され、笑顔を見せるアグネス・チョウさん(左)とジョシュア・ウォンさん=2017年6月15日、東京都千代田区、細川卓撮影

日本記者クラブでの会見後に記念品を渡され、笑顔を見せるアグネス・チョウさん(左)とジョシュア・ウォンさん=2017年6月15日、東京都千代田区、細川卓撮影

出典: 朝日新聞社

今年からは大学を休学、選挙に全力投球

 でも、選挙運動が始まると、学業やアルバイトとの両立が大変そうです。大丈夫なのでしょうか?

 「2018年から休学する予定です」

 普通の4年生は今頃、卒業論文を書いているころですが、卒業が遅れるため、当面は卒論を書かずに選挙運動に全力投球する考えです。喫茶店のアルバイトも2017年8月に辞めて、立候補に向けた準備に入ったそうです。

 いくら若いとはいえ、選挙の準備やメディアの取材対応で忙しい日々が続いています。体は大丈夫ですか?
 
 「睡眠時間は1日に3~4時間しかとれないほど忙しいですが、日中は眠くならないようにお茶を飲んだりしています」

ビラを配ったバス停に設置されたアグネス・チョウさんののぼり=2017年12月15日、香港、益満雄一郎撮影

ビラを配ったバス停に設置されたアグネス・チョウさんののぼり=2017年12月15日、香港、益満雄一郎撮影

英語も中国語も上手、次は韓国語に挑戦!

 そんなに忙しければ、大好きな日本のアニメや音楽を聴いて、リラックスする暇もないのでは?

 「J-POPを聞くぐらいの時間はあります。乃木坂46の音楽をよく聞きます。でも、日本のバラエティー番組を見る時間はないかな」

 私はアグネスさんに何回か会ったことがありますが、会うたびに日本語がうまくなっていると感じます。香港人は日常生活では、広東語を使いますが、アグネスさんは英語も中国語(普通語)も上手です。将来は韓国語も勉強してみたいそうです。

 本人は日本語を勉強する時間がないので「最近は下手です」と謙遜していますが、いやいや、そんなことはないですよ。若いから語学の吸収が早いことはあるのでしょうが、きっと陰で努力して勉強しているのでしょう。

アグネス・チョウさん(中央)と共にビラを配ったデモシストのメンバー。右が主席のネイサン・ローさん

アグネス・チョウさん(中央)と共にビラを配ったデモシストのメンバー。右が主席のネイサン・ローさん

 インタビュー中、最も印象的だったのが、香港の若者が民主化を求める「エネルギー」が2014年の雨傘運動のときと比べて冷めていないか、と質問したときのやりとりでした。

 香港の若者は当時、香港政府トップの行政長官を決める選挙に民主的な仕組みを導入するよう求めて、香港の中心部を2カ月余り占拠しました。しかし、香港政府と中国政府は一切、譲歩せず、若者たちの要求はまったく実現しませんでした。その結果、若者の間には、中国や政治に対する無力感が広がったと指摘されています。

自身が所属する政党デモシストののぼりを固定するアグネス・チョウさん=2017年12月15日、香港、益満雄一郎撮影

自身が所属する政党デモシストののぼりを固定するアグネス・チョウさん=2017年12月15日、香港、益満雄一郎撮影

「民主運動をあきらめたくない」

 「若者は希望が見えなくなったから、政治運動に参加することを半分あきらめましたが、私たちデモシストは民主運動や反抗をあきらめたくない。私たちは希望が見えるから街に立つというのではなく、デモをする人が街に立ったら希望が見えてくるようにしたい。香港人がもっと希望を見えるように、引き続き闘うことが必要です」

 若いアグネスさんですが、「希望」という言葉を使うときは、言葉に力がこもっているという印象を受けました。特に「民主運動をあきらめたくない」という表現が私の脳裏に強く残りました。日本文化好きのガチオタ女子とのギャップの大きさ。これが彼女の最大の魅力なのかもしれません。

アグネスさんののぼりがはためくバス停。2階建てバスに通勤客らが乗り込んでいく=2017年12月15日、香港、益満雄一郎撮影

アグネスさんののぼりがはためくバス停。2階建てバスに通勤客らが乗り込んでいく=2017年12月15日、香港、益満雄一郎撮影

 ただ「権力と闘う」という強い意気込みは伝わってきましたが、若さが少し空回りして、具体的な政策が欠けているのは否めないと思いました。

 普通の市民からみれば、やはり住宅問題や教育、医療といった身近な問題に対する公約が投票の判断材料となります。今月から始まる選挙戦に向けて、具体的な公約づくりが課題となるでしょう。

通勤客にビラを配るアグネス・チョウさん=2017年12月15日、香港、益満雄一郎撮影

通勤客にビラを配るアグネス・チョウさん=2017年12月15日、香港、益満雄一郎撮影

ビラ配りスタート

 このインタビューから1週間たった12月15日の朝、アグネスさんは選挙区がある香港島の街頭で仲間たちとビラを配っていました。バスに乗り組む通勤客に「おはようございます。アグネス・チョウです」と言って頭を下げ、ビラを配っていきます。

 「市民からの応援を感じていますし、私のことを知らない市民もいるので、これからもっと街宣をして、私のことを知ってほしい。良い結果のために今は頑張るしかありません」

 中国に批判的な候補者は過去、立候補が認められなかったことがあります。アグネスさんは2017年6月、習近平国家主席の香港返還20年記念式典出席に抗議するため、1997年の香港返還の際に中国から送られたモニュメントを占拠したとして拘束されました。そのため、アグネスさんが無事に出馬できるかどうか、不透明なところもありますが、日本好きの香港女子の動向から目が離せません。


あわせて読みたい

日本人が知らない…アメリカ「差別の闇」 自...
日本人が知らない…アメリカ「差別の闇」 自...
平日2時間だけ営業「ハードル高い」ラーメン...
平日2時間だけ営業「ハードル高い」ラーメン...
「ワープの場所を間違えた!」 頭だけで倒立、桂浜水族館員が話題に
「ワープの場所を間違えた!」 頭だけで倒立、桂浜水族館員が話題に
摂食障害「地方在住の悩み」相談どこに? 突然「仕事しろ」でも…
摂食障害「地方在住の悩み」相談どこに? 突然「仕事しろ」でも…
W杯のパブリックビューイングを実施する場合、ライセンス料を支払わないといけないのはなんで?
W杯のパブリックビューイングを実施する場合、ライセンス料を支払わないといけないのはなんで?
Q&A
贈り主は『ふなっしー』 南三陸町にミシン、ブレイク前から続く支援
贈り主は『ふなっしー』 南三陸町にミシン、ブレイク前から続く支援
「長生きしてね」父に言えなくて… 夜廻り猫が描く介護の眠れぬ日々
「長生きしてね」父に言えなくて… 夜廻り猫が描く介護の眠れぬ日々
アーロン・ソーキンが描く、時代を象徴する新しい女性像がカッコいい
アーロン・ソーキンが描く、時代を象徴する新しい女性像がカッコいい
PR
野焼き法律的にOK?長野に住んで驚いた…「下草火災」が多い理由
野焼き法律的にOK?長野に住んで驚いた…「下草火災」が多い理由
スプツニ子!さんも経験した年齢の壁。自分の声を聞けば越えられる
スプツニ子!さんも経験した年齢の壁。自分の声を聞けば越えられる
PR
アヒル「おい、生きてるか?」 カピバラ「……」 昼寝の動画が話題
アヒル「おい、生きてるか?」 カピバラ「……」 昼寝の動画が話題
海外の卒業式はどんなものなのでしょう?
海外の卒業式はどんなものなのでしょう?
Q&A

人気

もっと見る