MENU CLOSE

話題

5295

たわし592個のクリスマスツリー! 亀の子束子本店、ライトアップも

「たわしで作ったクリスマスツリー」がツイッター上で注目を集めています。

たわしで作ったクリスマスツリー。左はライトアップされた様子
たわしで作ったクリスマスツリー。左はライトアップされた様子 出典: 亀の子束子西尾商店提供

目次

【ネットの話題、ファクトチェック】

 100年以上の歴史があるロングセラー「亀の子束子(たわし)」。その販売元に設置された「たわしで作ったクリスマスツリー」がツイッター上で注目を集めています。592個を使った力作について話を聞きました。

亀の子束子本店に設置された「たわしで作ったクリスマスツリー」
亀の子束子本店に設置された「たわしで作ったクリスマスツリー」 出典: 亀の子束子西尾商店提供

ドーナツ?トウモロコシ?


 今月18日にツイッター投稿されたクリスマスツリーの画像。一見するとドーナツを重ねたようにも見えますが、実はこれ、たわしで作られたものです。

 この投稿に対して「シャレてる」「下がトウモロコシで上がドーナツに見える」といったコメントが寄せられ、リツイートは9千、いいねは1万1千を超えています。

 このツリーが設置されているのは、東京都北区にある「亀の子束子西尾商店」です。

 「4~5年前から毎年、たわしで作ったクリスマスツリーを設置しています」と広報担当者は言います。

アップで見るとたわしです
アップで見るとたわしです 出典: 亀の子束子西尾商店提供

夕暮れ時には違った表情に


 使ったたわしの数は、例年に比べると多い592個。ベーグルのような丸い形で乾きやすさをアップさせた「白いたわし」を583個、装飾用の「たわしツリー」9個を使っているそうです。

 「たわしツリー」は、たわしに使われる素材で作られたもので、21cmと9cmの2種類をそれぞれ3色ずつ発売して、いずれも完売した人気商品です。

こちらが完売した「たわしツリー」
こちらが完売した「たわしツリー」 出典: 亀の子束子西尾商店提供


 592個を使ったツリーの特徴について、広報担当者は「去年は飾りが多かったので、今年はシンプルにしました。ベーグルみたいな白いたわしに結びつけたリボンが『リースみたい』と好評です」。

 11月下旬から展示しており、ご近所さんや道行く人たちが珍しそうにのぞき込み、写真を撮っていくそうです。また、電飾も施されているため、夕暮れ時には違った様子が見られるといいます。

 「クリスマスまで展示しますが、次はお正月飾りも準備しています。こちらも、ぜひ楽しみにしていてください」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます