閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年11月28日

「ら抜き言葉」で抜けているのは「ら」じゃない? 予想外の真相が…

  • 36946

「ら」が抜けてないとは一体…?

「ら」が抜けてないとは一体…?

出典: 二松学舎大学の島田泰子教授提供

 「見れる」「食べれる」といった「ら抜き言葉」。一部の人には評判があまりよろしくない使い方ですが、文化庁の2015年度「国語に関する世論調査」では、「ら抜き言葉」を使う人が、使わない人の割合を初めて上回りました。

ツイッターで話題に

 最近、ら抜き言葉に関するツイートが話題になりました。11月3日に投稿された「島田教授の日本語史講座、面白すぎる! 『ら』抜き言葉で抜けてるのは『ら』じゃなかった!」。

 講義資料のパワーポイントを映したスクリーンの写真と一緒に投稿されたこのツイートは、3万3千件以上のリツイートを獲得しました。抜けているのは「ら」ではないというのはどういうことなのでしょうか?



 話題となった講義を担当したのは、二松学舎大学の島田泰子教授。ことばの歴史的な変遷を研究する「日本語史」という分野を専門にしています。

 この講義は、20人程度の小さな勉強会で行ったもの。ツイッターに写真をアップしたメンバーを含め、参加者はみな顔見知りという非公開イベントだっただけに、ツイートへの大反響には島田教授も「予想外でびっくり」。

 ネット上では、誤った解釈を含むまとめ記事まで知らないうちに書かれているとのことで、真相について聞きました。

本人に話を聞きました

二松学舎大学の島田泰子教授

二松学舎大学の島田泰子教授

 島田教授によると、「ら抜き言葉」はその名のとおり、可能の助動詞「られる」の「ら」が抜けたと取られるのが一般的。しかし、抜けているのは「ら」ではなく「ar」だ、とする見方も成り立つのだそうです。

 「見られる→見れる」「食べられる→食べれる」の変化をローマ字で書いてみると

 「mirareru→mireru」「taberareru→tabereru」

 となります。こう書いたときに、途中にある「ar」が抜けていると見ることもできます。

「見られる」「食べられる」から「ar」が抜けて「見れる」「食べれる」と見ることもできます。

「見られる」「食べられる」から「ar」が抜けて「見れる」「食べれる」と見ることもできます。

出典: 島田教授の講義資料より抜粋

 この「ar」抜き現象、「ら抜き言葉」に限らず、可能表現全般に起こっているというのです。

 「行く」「歩く」の可能形として使われている「行かれる」「歩かれる」。「用事があって行事に行かれない」「そんなに遠くまで歩かれない」など、特に上の世代や、かしこまったシチュエーションなどで使われています。

 この表現に対して、室町時代ごろから「行ける」「歩ける」といった可能動詞が生まれ、もともとあった「行かれる」「歩かれる」と併用されるようになりました。若い人には「行ける」「歩ける」の方がなじみ深いかもしれません。

「行かれる」「歩かれる」から「行ける」「歩ける」といった可能動詞が生まれました。

「行かれる」「歩かれる」から「行ける」「歩ける」といった可能動詞が生まれました。

出典: 島田教授の講義資料より抜粋

 「行かれる→行ける」「歩かれる→歩ける」の変化をローマ字で書いてみると

 「ikareru→ikeru」「arukareru→arukeru」

 となり、「ar」が抜けていることがわかります。

「行かれる」「歩かれる」から「ar」が抜けて「行ける」「歩ける」と見ることができます。

「行かれる」「歩かれる」から「ar」が抜けて「行ける」「歩ける」と見ることができます。

出典: 島田教授の講義資料より抜粋

 この変化を、大きな枠組みの中で可能表現全体の歴史的な動向として捉えようとするのが、ツイッターで話題となった、「ら抜き言葉」は「ら」抜きではなく「ar」抜き、という見方なのです。

「ら抜き言葉」は「ら」抜きではなく「ar」抜き、と見ることもできる。

「ら抜き言葉」は「ら」抜きではなく「ar」抜き、と見ることもできる。

出典: 島田教授の講義資料より抜粋

 この「ar」抜きという捉え方は、島田教授が発見したものではなく、研究者の間では共通認識なのだそうです。今回の反響に「私たち研究者にとっての当たり前のことのいくつかは、世間の人にとっては新鮮に見られるのかもしれません」と島田教授。

 「ar」が抜けるメカニズムについては、「動詞+助動詞」という組み合わせで可能を表現していた時代から、一語化した「可能動詞」が成立した、と説明できますが、ではそこで抜けるのがなぜ「ar」なのかについては、「説明は難しい」とのこと。「こういった言葉の大きな変化には、言葉自体に仕組まれたメカニズム、社会の変化など、いろいろな要因が関係している」と話します。

なぜ「ar」が抜けるのか…

なぜ「ar」が抜けるのか…

出典: 島田教授の講義資料より抜粋

本当に伝えたかったことは…

 ツイッターでは「ら抜き言葉と『ar』抜き言葉」が大きく取り上げられました。

 しかし、島田教授が本当に講義で伝えたかったことは、「言語の時代差と世代差」だったそうです。

 長い時間をかけて生じた言葉の「時代差」と、祖父母世代と孫世代が共存する中でリアルタイムに起こる「世代差」のふたつは、「別ものと思われているけれど、実はひと続き」で「スケールが違うだけ」と話します。

 「行かれる→行ける」の変化が出だしたのは、室町時代ごろ。対して「見られる→見れる」のいわゆる「ら抜き言葉」が登場しだしたのは、大正・昭和時代からだそうです。

「行かれる→行ける」の変化は室町時代ごろから、「見られる→見れる」の変化は大正・昭和時代ごろから。

「行かれる→行ける」の変化は室町時代ごろから、「見られる→見れる」の変化は大正・昭和時代ごろから。

出典: 島田教授の講義資料より抜粋

 「行かれる→行ける」のように、長い時間をかけて生じた言葉の「時代差」については、私たちも「言葉は移り変わるもの」と許容しがちです。

 しかし、「見られる→見れる」という、祖父母世代と孫世代が共存する中でリアルタイムに起こる「世代差」については、「正しい日本語ではない」「日本語が乱れている」として許容したがらない傾向があります。

リアルタイムに起こる変化は許容したがらない?

リアルタイムに起こる変化は許容したがらない?

出典: 島田教授の講義資料より抜粋

 島田教授は「『ar』抜き現象は室町時代ごろからの長い流れ。その一部である『ら抜き言葉』だけがクローズアップされ、言葉の乱れとして睨まれがちです。ですが、長い目で見れば、昔から起こっている変化なのです」と話します。

 ツイッターでは「『行かれる』『歩かれる』が使われていた時期ってホントにあるの?」とのコメントもありました。島田教授は「『行かれる』を知らない人がいるということは、『行かれる→行ける』の移行が完了したのかも」。

「ら抜き言葉」、許容できる?

 島田教授は「言葉は生き物で、短いタイムスパンでも変化するもの。小さな変化の積み重ねが大きな流れを作り、人間がささやかな抵抗をしたところで、とうてい止められない場合もある」と話します。

 また、「言葉づかいが、話し手の知性や品性を表す目印となる場合もあるため、世代を超えて通じる『正しい』日本語を身につけることは、もちろん大切。しかし、日本語を研究する人間としては、新しい世代の新しい言葉づかいに対して、『正しい』『正しくない』だけではなく、『言葉が変化している』というまなざしも持ってほしい」と期待しています。

ちなみにこの講義…

 ところで、講義のスライドの上部に「日本語史研究と地形・地図学」とあるのに気が付きましたか? 実はこの講義、日本語に関する勉強会ではなく、地形趣味のサークル「東京スリバチ学会」主催の勉強会で開かれたものでした。

 地図や地形が好きな島田教授によれば、「人に歴史あり、ことばに歴史あり、大地に歴史あり」。歴史的な背景を知ると、ものの捉え方がぐっと深くなる…というのは、どんな分野にも言えることだそうです。

まだまだある「口が気持ちいい言葉」!ヘクトパスカル、スンドゥブ…
前へ
「口が気持ちいい言葉」を集めました
次へ
1/24
前へ
次へ

あわせて読みたい

もし、うちの猫がしゃべれたら…ジョークに混じる切ない本音にウルッ
もし、うちの猫がしゃべれたら…ジョークに混じる切ない本音にウルッ
海外のその国しかないファーストフードチェーン店が知りたいです。
海外のその国しかないファーストフードチェーン店が知りたいです。
Q&A
メスに男性器?そこから出産!? ブチハイエナのリスクしかない進化
メスに男性器?そこから出産!? ブチハイエナのリスクしかない進化
「#手書き」インスタが流行る理由 実話系と達筆系…卒論テーマにも
「#手書き」インスタが流行る理由 実話系と達筆系…卒論テーマにも
「輪島塗」がエネルギー効率に優れている理由 タイヤとの共通点?
「輪島塗」がエネルギー効率に優れている理由 タイヤとの共通点?
PR
世界はどのようなジャンケンをしているのか知りたいです。
世界はどのようなジャンケンをしているのか知りたいです。
Q&A
死の淵見たから、がむしゃらに 逆境も乗り越えた井村屋副会長の半生
死の淵見たから、がむしゃらに 逆境も乗り越えた井村屋副会長の半生
おじさんを美少女化したテクノロジー 先端...
おじさんを美少女化したテクノロジー 先端...
のんが世界的な監督と夢の対談!トッド・ヘインズ監督×のん
のんが世界的な監督と夢の対談!トッド・ヘインズ監督×のん
PR
「長年の相棒のアイロンを…」 洗濯業65年、閉店あいさつが胸を打つ
「長年の相棒のアイロンを…」 洗濯業65年、閉店あいさつが胸を打つ
妻が願った最期の「七日間」 投書にこめら...
妻が願った最期の「七日間」 投書にこめら...
「あの夜、私は感染した」 クラミジアを告白、マドジャスさんの決意
「あの夜、私は感染した」 クラミジアを告白、マドジャスさんの決意

人気

もっと見る