close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年11月16日

中国映画はバブル?潤沢資金で「ハリウッド流」、イケメン俳優批判も


  • 1739

映画『LOVERS(十面埋伏)』の記者会見。左から、香港の俳優アンディ・ラウ、中国女優チャン・ツイイー、台湾と日本の俳優、金城武=2004年7月、台北。

映画『LOVERS(十面埋伏)』の記者会見。左から、香港の俳優アンディ・ラウ、中国女優チャン・ツイイー、台湾と日本の俳優、金城武=2004年7月、台北。

出典: ロイター

最新ニュースを受け取る

 かつては広大な土地や、素朴な農民、甘酸っぱい初恋などが多かった中国映画のイメージが、ここ数年で急激に変化しています。エンタメは中国でも投資対象の一つとなり、潤沢な資金をバックに、CGなどハリウッドの技術を駆使した作品も数多く登場。制作本数と興行収入が右肩上がりで増えています。一方、ルックスを優先した若手俳優(通称「小鮮肉」)の演技の質がしばしば問われることも。中国の映画やドラマの日本語翻訳を担当する専門家に、映画から見える中国社会の変化を聞きました。

ハリウッド要素が満載の映画『戦狼2』のポスター

ハリウッド要素が満載の映画『戦狼2』のポスター

出典: ムーラン・プロモーション提供

約100本の中国映像作品を翻訳

 話を聞いたのは神部明世(あきよ)さん。中国語の映像作品やシナリオなどの翻訳・校正業を手がける合同会社「玉兔工作室」の代表を務め、監修を入れると、映画やドラマを100本ぐらい翻訳してきました。

 神部さんは1990年に東京外国語大学に入学し、中国語を専攻にしました。

 「当時は中国語の人気が高くなく、入学しやすかった」と冗談を交えながら振り返りましたが、高校時代から中国のデザインが好きだそうです。

 大学に進むと中国映画のファンに。当時は香港映画が好きだったそうです。1980~90年代は香港映画の黄金時代と言われ、四天王と呼ばれた黎明(レオン・ライ)さんがお気に入り。1996年に公開された黎さん主演の映画『ラブソング』は「今見ても素晴らしい」と話します。

女優チャン・ツイイーさん(右)と映画監督の張芸謀さんがベルリン映画祭にて。『初恋のきた道』が銀熊賞を受賞=2000年2月、ベルリン。

女優チャン・ツイイーさん(右)と映画監督の張芸謀さんがベルリン映画祭にて。『初恋のきた道』が銀熊賞を受賞=2000年2月、ベルリン。

出典: ロイター

「中国映画週間」の字幕監修も

 神部さんは大学卒業後の1994年、NHKに入社しました。そして2001年の妊娠・出産を機に仕事を辞め、2008年から中国映画やドラマの字幕翻訳に取りかかったそうです。

 そして、2013年からは東京国際映画祭と提携している「中国映画週間」で字幕監修をするようになりました。

 「中国映画週間」の字幕を翻訳したきっかけは「ただの偶然」と神部さん。観客として映画を見ていた時に、字幕翻訳の質に心配していたところ、「中国映画週間」の担当者に翻訳監修の手伝いを申し入れたそうです。

「東京・中国映画週間」の舞台挨拶での一コマ。(左から)女優の馬思純、蘇有朋監督、俳優の欧豪=2015年10月

「東京・中国映画週間」の舞台挨拶での一コマ。(左から)女優の馬思純、蘇有朋監督、俳優の欧豪=2015年10月

出典: 朝日新聞社

中国映画の変遷 イケメン俳優が批判の的

 中国語を学んで20年以上。数々の映画を鑑賞してきた神部さんによると、中国映画も大きく変化してきています。

 1980年代の中国映画は、『紅いコーリャン』『古井戸』などに代表されるように、広大な黄色い土地や素朴な農民など「古い中国」が表現されました。

 その後、日本でもヒットした『初恋のきた道』のような作品も作られ、中国映画と言えば「甘酸っぱい恋愛」や「古き良き時代」などのイメージで語られてきました。

 ところが、ここ数年の中国映画は多種多様になり、一概に「中国映画」といった特徴は見られなくなりました。例えば今年の「中国映画週間」で上映されたミステリー映画『記憶の中の殺人者』は、俳優や監督、舞台は中国ですが、東京やソウルという設定でも大差はない「フリーサイズ」な物語になっているそうです。

 もう一つの特徴は、最新の技術です。アメリカのハリウッドを思わせるCGを活用した映画が増えています。これは、「中国の映画・ドラマ業界が投資対象になっているので、潤沢な資金が集まっているから」と神部さんは分析します。

 こうした技術の進歩とは対照的に、心配されているのが若手俳優の演技です。イケメンな割に演技力がない俳優は中国で「小鮮肉」と呼ばれ、批判の的にもなっているそうです。

莫言氏の原作で張芸謀さんが監督を務めた映画『紅いコーリャン』のロケ地となった石橋=山東省高密、2012年10月

莫言氏の原作で張芸謀さんが監督を務めた映画『紅いコーリャン』のロケ地となった石橋=山東省高密、2012年10月

出典: 朝日新聞社

流行語の翻訳は難しい

 翻訳してきた作品を通じて、中国の流行語にも接してきた神部さん。「ドラマを翻訳する際は、流行語の変化が大きく、たびたび苦労しました」。中でも、「打醬油」や「鈦合金狗眼」のような、中国でも若者しかない知らない流行語に関しては、戸惑いがあったそうです。

 例えば「打醬油」の文字通りの意味は、「お醬油を買う」という意味ですが、ネット上では「自分とは関係ない」という意味で使われています。あるインタビュー映像で、通行人の人が醬油の話を持ち出して「(私はお醬油を買うために来たので)取材の件とは関係ありません」と取材を断ったことから「無関係」「興味関心がない」などの意味で使われるようになりました。

 また「鈦合金狗眼」は「チタン製の犬の目」という意味ですが、これはオンラインゲームから転用された造語になります。「(まぶしすぎて)チタン製の犬の目も見えなくなった」という使い方で、「見たもの/ことが(マイナスの意味の)まぶしすぎて、やばすぎる」という衝撃を表す言葉になっています。

 翻訳の苦労は絶えないそうですが、「中国の若者たちの『今』を知ることができ、勉強になる」と前向きに捉えています。

北京市内の映画館待合室。国産映画と輸入映画が人気を競う=2015年12月、北京市中心部

北京市内の映画館待合室。国産映画と輸入映画が人気を競う=2015年12月、北京市中心部

出典: 朝日新聞社

今後の中国映画 脚本がもっと大事に

 神部さんによると、どんなに俳優たちが優秀で、CGが素晴らしくても、映画やドラマの根幹はやはり脚本だということです。これからの中国映画をさらに発展させるには、「いい脚本が不可欠」と語ります。

 中国では人気のジャンルが出ると、類似の小説・脚本が多く出てしまう事情があるが、真面目に脚本を制作する作家も多くいるので、「今後の中国映画・ドラマを楽しみにしています」と最後に神部さんが微笑みながら話しました。

「民放では絶対無理、映画でも厳しかった」 園子温が配信に挑戦
前へ
「東京ヴァンパイアホテル」のワンシーン
次へ
出典:©2017NIKKATSU
1/9
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

強豪ひしめくパキスタンの格ゲー界「でも、世界で戦えない」その理由
強豪ひしめくパキスタンの格ゲー界「でも、世界で戦えない」その理由
NEW
「香港」を回転すると……デモきっかけに誕生...
「香港」を回転すると……デモきっかけに誕生...
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉店 90歳店主が残したもの
中国研究者に愛された代々木の老舗書店が閉店 90歳店主が残したもの
これが本場の擬人化やで!海外から注目、五...
これが本場の擬人化やで!海外から注目、五...
雪次郎のバターケーキ? なつぞら効果で「柳月」のケーキに注文続々
雪次郎のバターケーキ? なつぞら効果で「柳月」のケーキに注文続々
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
全力で、恋した時間は、永遠なんだ。 映画 いちごの唄
PR
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
部落・在日コリアン…差別がよみがえった 20...
駄菓子『ミニコーラ』が氷菓に 担当者「きっかけは娘の提案でした」
駄菓子『ミニコーラ』が氷菓に 担当者「きっかけは娘の提案でした」
最新イージス艦、なぜ「はぐろ」 地名・動物…自衛艦命名の謎に迫る
最新イージス艦、なぜ「はぐろ」 地名・動物…自衛艦命名の謎に迫る
NEW
天井から千手観音の手が! 「観音電車」の中吊り、京福電鉄に聞いた
天井から千手観音の手が! 「観音電車」の中吊り、京福電鉄に聞いた
障害者を「ギャグ」にした漫画家 ヤンキーとのラブコメ、思わぬ反響
障害者を「ギャグ」にした漫画家 ヤンキーとのラブコメ、思わぬ反響
NEW
孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実
孤独死は「大人のひきこもり」の最終地点か 高齢者問題ではない現実

人気

もっと見る