閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年08月15日

バイク事故で急逝した息子へ 母が贈った石のバイク 制作者の思いは

  • 354823

kawasaki「ZXR」を再現した石のモニュメント。昨年まで霊園で墓前に設置されていた

kawasaki「ZXR」を再現した石のモニュメント。昨年まで霊園で墓前に設置されていた

出典: 大阪石材提供

【ネットの話題、ファクトチェック】

 まるで本物のバイクのようにみえる石のモニュメント。kawasaki「ZXR」を再現したもので、その精巧さがツイッターで話題になっています。実は、このモニュメントには、大好きなバイクで事故死した息子に対する母親の思いがこめられていました。

kawasaki「ZXR」を再現した石のモニュメント

kawasaki「ZXR」を再現した石のモニュメント

出典: 大阪石材提供

kawasaki「ZXR」を再現


 先月下旬、「近所の墓石屋が本気の出し方を間違えてます」という文言とともにツイッター投稿された1枚の画像。

 写っているのは、黒光りするバイクのモニュメントです。バイク本体は「大黒石」、ホイール部分は「中国カパオ」という石が使われています。

 ベースになっているのはkawasaki「ZXR」。ハンドルからホイール、メーター類に至るまで作り込まれていて、オリジナルのステッカーも彫って再現してあります。

 この投稿に対するリツイートは3万を超えていて、「墓石の概念を破壊してますね」「石材屋さんの気迫を感じます」といったコメントが寄せられています。

 そんな中で目にとまったのが、「この墓石は走り屋だった方の実際のお墓に使われてたモノ。墓じまいで引き上げられたハズ」というコメントでした。

ステッカーなど細部まで再現

ステッカーなど細部まで再現

出典: 大阪石材提供

現在は石材店に設置


 現在、このモニュメントは大阪石材の南大阪店(大阪府富田林市)に設置されています。

 店長の安達裕樹さん(34)に設置の経緯を聞くと、こんな答えが返ってきました。

 「こちらは20年ほど前、私どもがオーダーを受けて制作したものです。昨年まで近くの霊園で墓前に設置されていました。墓じまいされることになり、ご遺族の方とお話しした上でうちの店に展示させていただくことになりました」

 建立されたのは2000年。バイク事故で息子を亡くした母親からの相談を受け、制作したといいます。

 故人が恋人以上に大切にしていたという愛車ZXR。ハンドルやホイールなど一部のパーツをのぞき、一つの石を切り出して造形。原寸大で再現し、カスタムステッカーに至るまで彫り込んであります。

 「亡くなられた時に乗ってらっしゃったバイクで、その後、友人たちが集まって『復元するんや』と汗を流していたそうです。その思いを聞いて、バイクのお墓づくりをすることになりました」

kawasaki「ZXR」を再現した石のモニュメント

kawasaki「ZXR」を再現した石のモニュメント

出典: 大阪石材提供

図面から自分たちで


 製作するにあたって同じような例がないかを調べ、北海道に白バイ形のものがあることがわかりました。写真を取り寄せたものの、今回のバイクと白バイでは作りが異なることから、あまり参考にならなかったそうです。

 より精巧なモニュメントにするため、バイクメーカーから設計図を取り寄せようと交渉しましたが、許可が得られませんでした。

 そこで、バイクの写真を撮って、それを図面に落とし込む作業をすることに。図面制作、2分の1スケールの粘土模型製作、石の加工といった工程を経て、受注から約1年後の2000年12月に遺族に引き渡されました。

 「私どもも出来る限りの技術を駆使して制作しました」と安達さんは言います。

kawasaki「ZXR」を再現した石のモニュメント

kawasaki「ZXR」を再現した石のモニュメント

出典: 大阪石材提供

「きっと喜んでくれてるやろなぁ」


 昨年、墓じまいの相談を受け、「このまま壊してしまうのであれば、うちに置かせてください」と依頼。12月から南大阪店に展示されています。

 毎月、数人ほどのバイク好きが「見学させてください」と店を訪れます。その精巧さに感心するだけでなく、「これに乗ってた人、相当なバイク好きだったんだろうね」と故人に思いをはせている姿を見かけるそうです。

 「故人やご遺族の思いをカタチにしたい、そんな思いで制作しました。私どもの技術だけでなく、故人のことを思い浮かべている姿を見るのはうれしいです。きっと喜んでくれてるやろなぁ、と思うと、この仕事やっててよかったなと思います」。安達さんはそう話します。

 ◇ ◇ ◇

 モニュメントは自由に見学できますが、できるだけ店の営業時間内に、一声かけてからにしてほしいとのことでした。

バイク事故で急逝した息子へ 母が贈った「石製ZXR」
前へ
kawasaki「ZXR」を再現した石のモニュメント。昨年まで霊園で墓前に設置されていた
次へ
出典:大阪石材提供
1/12
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る