閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年08月12日

悔しそうな発泡酒、説明文の真意は? メーカー「削除を予定」

  • 52043

「レモンビール」の缶に書かれた商品説明。「日本ではレモン果汁が入ったものは・・・」

「レモンビール」の缶に書かれた商品説明。「日本ではレモン果汁が入ったものは・・・」

 飲み物の缶などに書かれている商品説明。普通は、メーカー名や原材料など見慣れた項目が並んでいます。ところが、ある発泡酒の説明が「なんだか悔しそう」と話題を呼んでいます。メーカーに真意を尋ねると、意外な展開が待っていました。

「ビールと記載できない」

 その商品とは酒類輸入大手「日本ビール」が、販売している発泡酒「LEMON BEER(レモンビール)」です。米国生まれの商品で、レモンの風味がさわやか。飲食店向けを中心に、瓶や缶入りで販売されています。

 ツイッターで缶の写真とともに、「カッコ書きに悔しさが見える」と投稿があったのは7月下旬。投稿は約3万リツイートされる反響を呼んでいます。記者も買ってみると、話題になっている通り、缶の商品説明にこう書かれていました。

 「名称:発泡酒(日本ではレモン果汁が入ったものはビールと記載できない為)」

 確かに・・・

 「本当はビールと記載したいのに!」という思いを感じます。 

レモンビールの商品説明

レモンビールの商品説明

麦芽使用率を見ると

 ところが「おや?」と思いました。

 麦芽使用率の項目に「25%未満」と書いてあるのです。

 法律上、麦芽使用率が約67%を切ると、れっきとした発泡酒です。つまりレモン果汁の有無にかかわらず、発泡酒であることに変わりは無い商品ということになります。

麦芽使用率は「25%未満」と明記してある

麦芽使用率は「25%未満」と明記してある

メーカーに聞いてみた

 話題の説明文は、どんな経緯で載っているのでしょうか。日本ビールの広報担当者に聞きました。

――レモンビールの「商品説明」が話題です。

 私も投稿を見て、話題になっていることに驚きました。レモンビールは1995年から輸入を始めましたが、米国メーカーが廃業。現在は、日本ビールがレシピを買い取って、国内で製造しています。

 日本では、果汁などを入れると「ビール」ではなく「発泡酒」として販売しなくてはいけないと、法律で定められています。商品名には「ビール」と入っていますが、これは米国での歴史があるため国に許可されたものです。

――ただ、麦芽の使用率から見ても「発泡酒」のようです。

 はい。もともとは、麦芽使用率が高いビールにレモン果汁を加えた商品でした。

 しかし日本では、お酒にかかる税金が、麦芽の使用率で決まります。ビールと同じ使用率だと、ビールと同じ額(麦芽使用率の低い発泡酒の約1.6倍)を払わなくてはなりません。

レモンビール=日本ビールより画像提供

レモンビール=日本ビールより画像提供

迫られた「苦渋の決断」

――「発泡酒」として売らなくてはいけないのに、税金はビールと同じだけかかるわけですね。

 そこで本当はビールと同じ価格帯で販売したかったのですが、「発泡酒は安いお酒」というイメージが根強くあります。売り出すと「なぜ発泡酒なのに、価格がそんなに高いのか」というような声が多かったそうです。

 そこで、苦渋の決断をしました。

――と言いますと・・・

 「発泡酒」として買っていただけるよう値下げする必要がありました。それで採算を取るには、麦芽使用率を下げて、かかる税金を減らすしかありませんでした。

 これにより麦芽使用率の点から見ても、発泡酒の商品となりました。

――となると、悔しそうな説明文の真意は?

 麦芽使用率が高かった時期に「レモン果汁を入れると、日本ではビールとして販売できない」ことを、お伝えするものでした。

 今回社内で確認したところ、その時期に使っていた表記がそのまま残っていた、とのことです。まだ缶の在庫があるので、しばらくこのままかと思いますが、次の製缶でこの表記を削除する予定です。

地ビールが後押し

 意外にも、話題の表記は削除されることになりました。

 加えて実は、ビールをめぐる状況も大きく変わろうとしています。現在ビールの副原料に使えるのは、麦や米などに限られています。しかし2018年4月からは法改正で、果実や野菜、香辛料なども使えるようになります。

財務省の発表資料「酒税法等の改正」より

財務省の発表資料「酒税法等の改正」より

 財務省によると、全国に地ビールメーカーが生まれ、果実など地域の特産品を使った商品が次々登場。果汁などを含む輸入ビールの消費も、増えつつあることが、法改正を後押ししました。

 レモンビールも再び麦芽使用率を高めれば、法改正後には「ビール」として売る道が開けます。そのため、日本ビールは「使用率を高めた商品へのリニューアルを検討中」といいます。

 悔しそうな説明文の陰には、日本のビール事情が隠れていました。

「果汁入りだと発泡酒に・・・」悔しさ漂う、レモンビールの商品説明
前へ
缶入りレモンビールの商品説明
次へ
1/7
前へ
次へ

あわせて読みたい

こんなに違う!女子高生2400人「スカート丈調査」東京ミニ、大阪は…
こんなに違う!女子高生2400人「スカート丈調査」東京ミニ、大阪は…
真凜ピカチュウで話題、アイスショーって何? 2万円でも人気の理由
真凜ピカチュウで話題、アイスショーって何? 2万円でも人気の理由
蓮舫問題「見るのが切ない」 母親が台湾人の音楽家RAM RIDERさん
蓮舫問題「見るのが切ない」 母親が台湾人の音楽家RAM RIDERさん
南九州の特権?「クレープ自販機」 ひんや...
南九州の特権?「クレープ自販機」 ひんや...
「ガン検診」 勇気を出して予約をしてみると…
「ガン検診」 勇気を出して予約をしてみると…
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
PR
制服のスカート短くさせない!驚きの技術 学生服メーカー次々と投入
制服のスカート短くさせない!驚きの技術 学生服メーカー次々と投入
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
PR
日報問題、「運命の会議」の謎に迫る 稲田...
日報問題、「運命の会議」の謎に迫る 稲田...
心に刺さる、高校野球の名言 「野球の神様...
心に刺さる、高校野球の名言 「野球の神様...
森の動物にエサを与えないで 1本のソーセージが招いたヒグマの最期
森の動物にエサを与えないで 1本のソーセージが招いたヒグマの最期
大学喫煙所に「放置タバコ空箱ランキング」清掃職員のコメントが秀逸
大学喫煙所に「放置タバコ空箱ランキング」清掃職員のコメントが秀逸

人気

もっと見る