閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年08月10日

次の花火が上がったら…呉の大会ポスターが心に響く 仕掛け人に聞く

  • 25464

こちらが話題のポスター(一部をトリミングしています)

こちらが話題のポスター(一部をトリミングしています)

出典: 呉氏のツイッターより

【ネットの話題、ファクトチェック】

 広島県呉市で開催された花火大会のポスターが、ツイッター上で注目を集めています。恋心や家族愛を淡いタッチで表現したキャッチコピーとイラストに、「切なくなる」「素敵すぎる」といった声が寄せられています。ポスターの仕掛け人は、呉市のPRキャラクター「呉氏(くれし)」が往年のヒット曲「CRAZY GONNA CRAZY」の替え歌を踊る動画を手がけた人でもあります。いったいこのギャップは何なのか? 詳しく話を聞きました。

ツイッターで話題に


 7月下旬、呉市のPRキャラクター「呉氏」のツイッターアカウントが花火大会のポスター5枚を投稿しました。

 29日に開催された「呉の夏まつり 海上花火大会」を告知する内容で、それぞれこんなキャッチコピーが書かれています。

次の一発が上がったら手を握ろう。そう決めてからもう五発目。


二ケ月前まで話もしたことなかった人と、花火とかとか。


「ふたりでなんて何年ぶり?」 (憶えてるけど、言わねえよ。)


地元の花火。友だちには会った。あいつにはまだ、


息子は笑って、花火を見ている。おれは笑って、息子を見ている。



 この投稿がきっかけとなって、ポスターが多くの人に拡散。中には、いいねが21万を超えたツイートもあります。

動画「呉ー市ー GONNA 呉ー市ー」も


 「素敵すぎる。詩も、絵も」「久々にこんな良いコピー見た気がする」といった声が寄せられているこのポスター。キャッチコピーを手がけたのは、電通中部支社のCMプランナーでコピーライターの大塚久雄さん(36)です。

 大塚さんは今年2月、「呉氏」がTRFのヒット曲「CRAZY GONNA CRAZY」の替え歌を踊る動画「呉ー市ー GONNA 呉ー市ー」を手がけた人でもあります。

 どちらも呉市をPRする内容ですが、まったくテイストは違います。「呉ー市ー GONNA 呉ー市ーと、この花火大会のコピーを、同じ人間が書いたなんて、なんか闇しか感じない」と言われたという大塚さんに、詳しく話を聞きました。

コピーライターに聞きました


 ――今回のポスターを制作した経緯を教えてください

 「新キャラクター『呉氏』と、PR動画『呉ー市ーGONNA呉ー市ー』を制作し、シティープロモーションに関わらせてもらっている一環として、また何かひとつ盛り上がりのお役に立てるような、それも先の動画とは違う側面の呉市を伝えられるようなものを作りたいと考えました」

 ――花火大会の公式ポスターは別にあったようですが

 「こちらから自主提案させていただいて、ご了承いただきました。少しでも多くの人に見てもらえるよう拡散を考え、公式ポスターとは違う形でSNS発信していただきました」

 ――制作する上で心がけた点は

 「呉市に住んでいる方や、ゆかりのある方にとって『いいな』と思ってもらえるものにしたい、と考えていました。その結果、ありがたくもこちらの想像を超えて多くの人に見てもらえることになりましたが、先の動画は『外』への発信ということを念頭に作っていた部分があったので、このポスターでは『内』、つまりこの花火大会に長年接している、または愛している人たちの気持ちに寄りそうことを心がけました」

 ――ポスターに込めた思いやメッセージは

 「私も地方出身なのですが、花火が象徴する『夏』は、やはり故郷を思い出します。故郷の家族や友人たちを思い出します。呉市の花火大会のポスターではありますが、いろいろな故郷を持つ人が、自らに重ねてくれたりするといいな、と思いました。ですので、5種類あるポスターの内容も、いろいろな年代・設定にして、みんなが『ちょっと分かるな』と感じられるものを目指しました。そのために、コピーもイラストも具体性を出し過ぎない、自らの経験や感情を重ねてもらいやすいものにしているつもりです」

 ――5枚1組で男女の数十年かけた物語だと解釈した人もいたようですが

 「そのように解釈していただいた人がいたことは嬉しかったですし、このポスターを見て、いろいろと考えてくれたこと自体が嬉しかったです。完全にそういった狙いかというと、そうでもないのですが、他にもあったコピーの中で、この5本に絞る際に、無意識にそうなっていた、という感じです(笑)」

アートディレクターは鳥海雅弘さん、デザイナーは村上史洋さんと家田幸奈さん、イラストレーターは家田幸奈さんが担当したそうです

アートディレクターは鳥海雅弘さん、デザイナーは村上史洋さんと家田幸奈さん、イラストレーターは家田幸奈さんが担当したそうです

出典: 呉氏のツイッターより

「自分でもえらい違いだなと」


 ――大塚さんと呉市との関わりについて教えてください

 「昨年、シティープロモーションとして関わらせていただいて、最初に呉市を訪れました。それから、なんだかんだで12~13回は伺っています。いろいろな魅力のある街だなと、行くたびに発見があります」

 ――今回のポスターが「呉ー市ー GONNA 呉ー市ー」を企画した人と知って驚いている人もいますが

 「自分でもえらい違いだなと(笑)。でも、いろいろな角度の表現で発信することが、少しでも多くの人に見てもらえることにつながっていたら、嬉しく思います」

 ――制作する上で「呉ー市ー GONNA 呉ー市ー」とのギャップは意識しましたか

 「意識はしました。2月に公開してから半年が経ち、違う側面でのアプローチでまた盛り上がりが作れるといいなと思っていました」

 ――ネットで話題になったことについては

 「すごく嬉しいです。ここまでいろいろなところで取り上げていただくことになるとは、まったく予想していませんでした。見てくれた人や、広めてくれた人たちに本当に感謝しています。呉市のご担当の方たちも喜んでくれていて、作ってよかったなと思います」

 ◇ ◇ ◇

 今回のポスターの担当者は、キャッチコピー=大塚久雄さん、アートディレクター=鳥海雅弘さん、デザイナー=村上史洋さんと家田幸奈さん、イラストレーター=家田幸奈さん、だそうです。

次の花火が上がったら…呉の大会ポスターが心に響く
前へ
広島県呉市で開催された花火大会のポスター全部5枚。 公式ポスターとは別に、大塚久雄さんが自主提案したもの
次へ
出典:呉氏のツイッターより
1/11
前へ
次へ


あわせて読みたい

笑顔を誓った。それなのに…バレンタイン「非モテの俺」に起きたこと
笑顔を誓った。それなのに…バレンタイン「非モテの俺」に起きたこと
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
10年かけた傑作、三越本店「天女像」が話題 その由緒を女将に聞いた
10年かけた傑作、三越本店「天女像」が話題 その由緒を女将に聞いた
テクノロジーをあやつるサムライの動画がシュールすぎると話題に
テクノロジーをあやつるサムライの動画がシュールすぎると話題に
PR
武田双雲が語る「新社会人のココロエ」
武田双雲が語る「新社会人のココロエ」
PR
「平成最後のポテチ」なぜ作った? ローソ...
「平成最後のポテチ」なぜ作った? ローソ...
「ハマ弁」食べたら箸折れた 横浜の配達弁当が利用されない理由とは
「ハマ弁」食べたら箸折れた 横浜の配達弁当が利用されない理由とは
マニアフェスタで会った強者たち 顔ハメ姿を後ろから撮るマニア
マニアフェスタで会った強者たち 顔ハメ姿を後ろから撮るマニア
どうして多様性が必要なの? ひと目でわか...
どうして多様性が必要なの? ひと目でわか...
母親が「教祖」になる恐怖…石田ひかり、元ギャルモデルと育児を語る
母親が「教祖」になる恐怖…石田ひかり、元ギャルモデルと育児を語る
老化する日本「能力低い自治体は切り捨てる」20代の危機感とは?
老化する日本「能力低い自治体は切り捨てる」20代の危機感とは?
小学生が「認知症」を体験……その時、教室で起きたこと
小学生が「認知症」を体験……その時、教室で起きたこと
NEW

人気

もっと見る