閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年07月14日

スッポン、地味に「生きた化石」だった 世界最古の化石、福井で発見

  • 25969

出荷されるスッポン=浜松市

出荷されるスッポン=浜松市

出典: 朝日新聞

 スッポン。その名前の響きは誰もが引き込まれる何かがある気がします。そんなスッポンですが、世界最古のスッポンの化石が日本で見つかったこと、ご存じですか? あまり知りませんよね…。今年4月、福井県で見つかりました。約1億2千万年前、恐竜たちが生きていたのと同じ時代のものです。世界最古ってすごい話だと思いますが、結構雑に扱われているスッポン、実はすごいやつらでした。(朝日新聞福井総局・影山遼)

福井県勝山市で発見されたスッポンの化石=県立恐竜博物館提供

福井県勝山市で発見されたスッポンの化石=県立恐竜博物館提供

最古!でも地味な扱い

 今回新たに最古だと分かったスッポン科(いわゆる私たちの想像するスッポンです)の化石。見つかっていたのは福井県勝山市の白亜紀前期の地層です。これまでに発掘された世界中のどの地層よりも、この地層が古い時代だったため、世界最古だと分かったらしいです。

 世界最古という衝撃的な発表。夕方に一息ついた時、福井県立恐竜博物館からポンと投げ込まれただけでした。「スッポン? 恐竜なら大ニュースだけど、スッポンってどうなの」と各社の記者たちが頭を抱えました。恐竜の化石の場合、基本的に会見が開かれますが、スッポンではなく…。扱いが地味です。

ニホンスッポンの赤ちゃん=富山県魚津市

ニホンスッポンの赤ちゃん=富山県魚津市

出典: 朝日新聞

恐竜の「ついで」

 一体どうやって見つけたのでしょう?

 恐竜博物館によると「恐竜の調査のついで」。スッポンなどのカメの化石(スッポンはカメの仲間です)はわざわざ発掘するわけではないのだとか。研究費がつく恐竜の化石の発掘の時に、あくまで「ついで」で大量に出てくるんだそうです。

 切ない話ですね。かわいそうなスッポン…。

 恐竜博物館が調査結果を発表する時も、スッポンなどのカメは明らかに扱いが雑です。「これはフクイサウルスとみられます! これはフクイラプトルの可能性が高いです! 新発見の恐竜の部位もあります! あー、あとはカメの化石が約千点ありますね…」と、こんな感じです。恐竜博物館内のカメの化石の展示もかなり控えめです。

福井県立恐竜博物館のカメの展示コーナーは控えめ

福井県立恐竜博物館のカメの展示コーナーは控えめ

 海外ではカメの化石の破片は見向きもされないこともあるという存在ですが、世界中どこでも(寒冷な地域を除いて)分布しています。そのため、標本の奪い合いになることもないといいます。化石になってもなお、争いを望まないカメたちは立派です。

スッポン専門家に聞きました

 そんな中、記者に熱くスッポンについて語りかけてくれたのは、恐竜博物館の薗田哲平さん(32)。世界最古のスッポン化石の論文を書いた1人です。

 スッポン類を中心に東アジアから東南アジアのカメを研究しており、研究職員になって4年目。みんなで食べに行ったスッポン鍋で残った骨を、こっそり持ち帰って収集するほどのスッポン好きです。

薗田哲平さん=福井県立恐竜博物館

薗田哲平さん=福井県立恐竜博物館

クサガメとミドリガメは微妙

 「大学生になるまでスッポンを食べたことも見たことすらなかった」そうですが、学生時代、沖縄産のシナスッポンを自分でさばいて初めて食べた時「ダシがきいている」とその味のとりこになったといいます。

 豆情報として、スッポン以外のカメは食べるのか聞いたところ、中国ではクサガメとミドリガメ、カミツキガメも食べるといいます。全部食した薗田さんによると「カミツキガメ以外はあまりおいしくない」そうです。

スッポンの骨=福井県立恐竜博物館

スッポンの骨=福井県立恐竜博物館

 薗田さんは「スッポンの研究を一生続けたい」という強い思いを持ちます。スッポンの魅力について熱く語る一方、他のことに対しては穏やかな薗田さんの感じ。勝手なイメージですが、エネルギーの消費を抑えまくるカメに心なしか似ています。この記事を読んだら怒られるような気もしますが…。

スッポンポン!

 記者もすっかりスッポンの魅力にとりつかれてしまいました。薗田さんから聞きかじったスッポン情報を、詳しく書いていきます。

スッポンの顔を描くのは難しい

スッポンの顔を描くのは難しい

正真正銘「生きた化石」です

 実は約1億2千万年前のスッポンと現代のスッポン、どこをとってもほとんど同じです。「生きた化石」はシーラカンスなどの古代魚だけでなかったのです。

黄金色のスッポン=福岡県大川市

黄金色のスッポン=福岡県大川市

出典: 朝日新聞

スッポンは日本発!

 今回見つかった化石の全長は40センチ以上で、甲羅の長さが約25センチ。今のスッポンとほぼ同じです。(と言っても、私は野生のスッポンを見たことがないですが…)。これまでに中国で見つかっていたスッポンより数百万年古いといいます。

 最古。つまり、1億年以上も前に日本の山奥で今と同じスッポンが生まれ、中央アジア、北アメリカ、そして全世界へと広がったわけです。ロマンのある話。まあ、当時は日本という区別がないのはおいておきます。

スッポンの赤ちゃんとピンポン球のような卵=岐阜県高山市

スッポンの赤ちゃんとピンポン球のような卵=岐阜県高山市

出典: 朝日新聞

恐竜に近め

 スッポン(などのカメの仲間)は、トカゲやヘビよりも遺伝子的に恐竜(やワニなどのグループ)に近いことが、理化学研究所などの研究で分かっています。

 イグアナやコモドドラゴンよりも、スッポンの方が恐竜に近かったかもという。少し不思議な感じがしますね。

 スッポンだとは甲羅や骨の形から分かったといいます。前提として、カメの甲羅は二重構造をしていて骨板(=ホネ)の上を角質の鱗板(ウロコ)が覆っています。

 ですが、今回の化石は鱗板がなくなって柔らかい皮膚状になり、さらに骨板のうちの縁板と呼ばれる部分が軟骨化してスッポン鍋でおいしいコラーゲンたっぷりの「エンペラ」になっています。

 甲羅を顕微鏡でのぞくと、ベニヤ板と同じように丈夫な構造になっていて、木の棒でたたくくらいなら大丈夫です。

スッポンとカメのざっくりとした比較

スッポンとカメのざっくりとした比較

2メートル近くも

 一番大きいスッポンの種類では、全長1.8メートルのものが確認されたこともあるといいます。少しデカすぎです…。

 ご存じかと思いますが、スッポンは歯がないくせにかむ力が強いです。人間の指を骨ごと切断するほどの力があるといいます。

巨大スッポン=島根県出雲市

巨大スッポン=島根県出雲市

出典: 朝日新聞

スッポン以下も…

 ちなみに、スッポンモドキというやつらもいます。彼らはスッポン科ではなく、スッポンモドキ科という違った科です。たまたまスッポンに似ているだけなのに、モドキと名付けられた可哀想な存在。さらに英語名では「ピッグノーズタートル(ブタハナガメ)」と呼ばれています。

スッポンとは似て非なる「スッポンモドキ」=石川県能美市

スッポンとは似て非なる「スッポンモドキ」=石川県能美市

出典: 朝日新聞

 スッポンは爬虫(はちゅう)類で、変温動物。甲羅の六角形の亀甲模様はありません。日本にいるのはニホンスッポンで、一部にはシナスッポンが生息しています。

うす~い甲羅

 約6600万年前に隕石(いんせき)によって絶滅したといわれる恐竜と違い、水生のスッポンは現在まで生き残っています(完全な陸生のものは一緒に絶滅しましたが)。

 スッポンと他のカメの違いは甲羅の薄さにあります。陸上で生活するカメは頑丈で硬く、分厚い甲羅。一方、泥の中で生活するスッポンは抵抗を減らすために薄くひらべったい甲羅を持っているのです。あと、カメの甲羅は脱げません。

色素が欠乏した白いスッポン=岐阜県各務原市

色素が欠乏した白いスッポン=岐阜県各務原市

出典: 朝日新聞

肌ツルツルの恐竜も?

 さらに研究から、最古のスッポンにも肌つやに良いとされるコラーゲンが豊富に張り巡らされていたことが判明! つまり、恐竜時代にタイムスリップしたとしても、おいしいスッポン鍋を食べることができたのですね。

 ちなみに縄文時代の遺跡からはヒトがスッポンを食べていた跡が見つかったといいます。

精力アップのスッポン鍋

精力アップのスッポン鍋

 どうでしょう。ここまでで少しはスッポンの魅力が伝わったでしょうか。

静かにブーム

 静かにスッポンブームが起きていることをうかがわせる動きもあります。静かなのにブームとは矛盾した言葉ですが…。

 6月にはNHK福井放送局のラジオにゲストとして薗田さんが登場しました。パーソナリティーは、気象予報士の集まった先日のNHKラジオの全国放送で「おっぱい雲」を連呼してネットをざわつかせた理系出身の森下絵理香アナウンサー(25)です。

薗田哲平さん(右)とNHKの森下絵理香アナウンサー=NHK福井放送局

薗田哲平さん(右)とNHKの森下絵理香アナウンサー=NHK福井放送局

若い二人がスッポントーク

 森下アナ「おいしいスッポンが、この福井から生まれたということですか!?」

 薗田さん「福井が最古なので、その可能性はありえます」

 スッポンという語感に取り付かれた森下アナとの掛け合いは止まりません。若い2人がスッポンについて熱く語り合うのは、端から見ると不思議な光景でした。

 ラジオの放送終了後も、会場を訪れていた約20人の観客からの質問は止まらなかったといいます。

薗田哲平さん(右)とNHKの森下絵理香アナウンサー=NHK福井放送局

薗田哲平さん(右)とNHKの森下絵理香アナウンサー=NHK福井放送局

恐竜が集った福井

 最後に。まだ研究では分かっていませんが、ワニがカメを食べるように、恐竜もスッポンを食べていた可能性があるといいます。

 日本の中でも知名度は高くない福井県ですが、約1億2千万年前はぜいたく食材のあふれる恐竜たちが集まる「人気食堂」的なスポットだったのかもしれません。

炎に包まれるスッポン鍋=京都市上京区

炎に包まれるスッポン鍋=京都市上京区

出典: 朝日新聞

【関連リンク】FPDM: 調査研究 - スッポンの起源に関する論文発表について

そうだったか︕スッポンとカメの違いが⼀⽬でわかるイラスト
前へ
スッポンとカメのざっくりとした比較
次へ
1/18
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る