MENU CLOSE

IT・科学

10417

中国の百科事典が「ウィキ」に宣戦布告 動員した学者は…2万人!

第二版の『中国大百科全書』
第二版の『中国大百科全書』 出典: 中国大百科全書出版社提供

目次

 中国で2万人の研究者を動員した百科事典『中国大百科全書』の最新版の作業が進んでいます。ライバルは、ユーザー参加型のネット上の百科事典「ウィキペディア」です。あくまで専門家の情報にこだわる『中国大百科全書』。「文化の万里の長城」を目指す意気込みについて聞きました。

専用の出版社も設立

 中国では歴史上、『太平御覧』(宋)、『永楽大典』(明)、『古今図書集成』(清)など百科全書に近い書物が作られてきました。

 しかし、それらは科学技術の項目が少なく、古来の書籍を要約した内容がメインだったため、『ブリタニカ百科事典』のような存在の百科事典はありませんでした。

 1978年の改革開放政策が確立した後、「中国大百科全書プロジェクト」が発足。『中国大百科全書』は鄧小平氏の指導の下、「中国大百科全書出版社」という出版社まで作られました。

第一版の『中国大百科全書』
第一版の『中国大百科全書』 出典: 中国大百科全書出版社提供

74巻、1.2億字、8万項目、5万枚の絵

 第一版が出版されたのは1993年です。2万人を超える専門家が執筆し、74巻、1.2億字、8万項目、5万枚の絵が掲載されました。

 第一版が出版された後、当時の総書記、江沢民氏が人民大会堂で執筆者の代表と会見しました。2009年の第二版が完成した際にも、人民大会堂で表彰大会が開催されました。

人民大会堂で開かれた全人代の様子=2013年3月5日
人民大会堂で開かれた全人代の様子=2013年3月5日 出典: 朝日新聞社

一つ69キロ、2.4万セット売れる

 現在、主に流通しているのは、2009年に出版された紙の書籍の第二版です。全部で32巻、6万項目です。重量は全部で69キロあります。定価は8000元(約13万円)ですが、アマゾンでは割引が適用され、5277元(約10万円)で購入できます。

 「中国大百科全書出版社」によると、中国では現在もまだ紙版のニーズがあり、第二版が出版されて以来、2.4万セットが売れたそうです。主な購読者は図書館、研究機関、政府機関、企業法人などで、個人では、大学教員らが購入しているといいます。

第二版の『中国大百科全書』
第二版の『中国大百科全書』 出典: 中国大百科全書出版社提供

第三版はオンライン版

 一方、インターネットの出現によって、辞書や百科事典は、オンライン版に移っています。

 2012年に、250年以上の歴史を持つ『ブリタニカ百科事典』が紙版の出版を廃止し、オンライン版しか出版しないことを発表しました。

 中国のネット上にも多くのオンライン百科事典が存在しています。百度(バイドゥ)の「百度百科」や奇虎の「360百科」があります。

 そして、中国でもウィキペディアは大きな存在になっています。中国語版では2017年5月現在、92万を超える項目があります。ちなみに、現在中国ではウィキペディアのアクセスに制限がかかっています。一部の項目、例えば「ダライラマ」「習近平」「六四事件」などは見られません。また最近ではウィキペディアが見られないという情報もあります。

 『中国大百科全書』では、第二版が出版されてから2年後の2011年、第三版の出版が決まりました。国務院(日本の内閣府相当)が許可書を出し、経費は、すべて税金から出されます。第三版ではオンライン版を公開し、無料になる予定です。

『ブリタニカ百科事典』
『ブリタニカ百科事典』 出典: Pixta

「『中国大百科全書』は単なる本ではない。『文化の万里長城』だ」

 『中国大百科全書』第三版の狙いについて、執行総編集長の楊牧之(ヤン・ムズー)氏は2017年4月に北京であった編集座談会で次のように述べています。

 「『中国大百科全書』は単なる本ではない。『文化の万里長城』だ」

 『中国大百科全書』には、一項目の記事に平均1000文字の記述があり、その文字数は『ブリタニカ百科事典』の2倍にあたり、ウィキペディアに相当すると報道されています。執行総編集長の楊牧之氏も「ウィキペディアに追いつくだけでなく、追い越す」のを意識しているそうです。

 「第三版自身が一つの知識のサービス体系です。全国民の科学文化リテラシーのレベルアップを目標としている公共知識のサービスのプラットフォームです」と、出版社も力を入れています。

万里の長城=北京・中国、2017年6月
万里の長城=北京・中国、2017年6月 出典: ロイター

専門家が査読した上で、編集者が再確認

 ネット上に出現する「文化の万里長城」。いったいどんな内容になるのでしょう?

 『中国大百科全書』の特徴は、専門家が自ら執筆していることです。

 出版社は「編集には、100以上の学問分野の専門家が参加しています。執筆された文章は、別の専門家が査読した上で、編集者が再確認し内容を保証しています」と自信を見せています。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます