閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年05月13日

「周恩来おじさんの思い出」肉親が語った中国の指導者の「日常生活」

  • 7327

周恩来(右)と幼少時代の周秉宜さん(真ん中)

周恩来(右)と幼少時代の周秉宜さん(真ん中)

出典: 周秉宜さん提供

 1949年の中華人民共和国建国後、死去する1976年まで総理をしていた周恩来は、多くの中国人が今も尊敬する指導者です。めいの周秉宜さんは、子どもがいなかった周恩来の近くで長年、生活をしていました。中国の指導者の「日常生活」とは、どんなものだったのか? 日中国交正常化45年の年、民間交流のために来日した周秉宜さんに「おじさんの思い出」を聞きました。


ロイター通信の特派員と写真におさまる周恩来。ロイターの写真説明では「特派員の間でも、周恩来総理は優しく尊敬すべき人物だと認識されていました」と記されている

ロイター通信の特派員と写真におさまる周恩来。ロイターの写真説明では「特派員の間でも、周恩来総理は優しく尊敬すべき人物だと認識されていました」と記されている

出典: ロイター

周恩来の弟の三女

 周恩来は1917年から1919年、日本に留学していました。留学の経験は、後の知日派としての政治姿勢につながったとも言われています。

 周秉宜さんは1944年10月生まれで、現在72歳です。周恩来の弟の三女で、めいに当たります。

 周秉宜さんも、伯父である周恩来ゆかりの国、日本に何度も訪れています。周秉宜さんの娘が日本の東京留学中は、毎年、来日していました。

 周秉宜さんは現在、周恩来の生涯を研究する中国中央文献研究会・周恩来思想生平研究分会の常務理事を務めています。

周恩来(右)と一緒に芍薬の花見をする幼少時代の周秉宜さん(中央)

周恩来(右)と一緒に芍薬の花見をする幼少時代の周秉宜さん(中央)

出典: 周秉宜さん提供

養女の話、断った周恩来

 周恩来には子どもがいませんでしたが、弟(周秉宜さんの父)には6人の子どもがいました。

 三女の周秉宜さんは祖母(周恩来の母親)や、周恩来本人にも似ていたことから、周恩来の養女になる話が周囲から持ち上がったこともありました。

 しかし、親戚の子ども1人を特別扱いしたくないという周恩来の考えから、養女の話はなくなったそうです。

『周恩来青少年論説集』(王敏翻訳)を手にした周秉宜さん=2017年4月17日、法政大学で

『周恩来青少年論説集』(王敏翻訳)を手にした周秉宜さん=2017年4月17日、法政大学で

「怒らないのに威厳がある」

 「日本の生活は、周恩来の記憶に深く刻まれていました」と語る周秉宜さん。周恩来から聞かされる日本の印象は「非常に美しい文化を保った国」。「日本語はあまり上達しなかった」と、漏らすこともあったそうです。

 1949年から1968年の間に、周秉宜さんは、周恩来の夫婦と一緒に、中国共産党の中枢である北京の中南海で生活していました。

 「周恩来と暮らしていた当時、周囲の人間が持っていた日本の印象は『侵略者』でした。でも、おじさんは日本に対して、軍国主義と一般の人々は分けて考えるべきだと主張していました」と振り返ります。

 間近で見た周恩来は「話すことは道理に合う」「怒らないのに威厳がある」という人だったそうです。

 高校2年生の時、周秉宜さんが通う学校の卒業式で周恩来が講演することになりました。

 近くで暮らしているとはいえ、普段、多忙な周恩来と話す時間はなかった周秉宜さんは、講演を聞けないか、当時の警備担当者に相談しました。

 それを聞いた周恩来は「あなたは今年の卒業生ではありません。来年なら聞けるわけです」と返事をしました。

 周秉宜さんは「私のお願いを断ったわけではありませんでした。態度は優しかったのですが、意思ははっきりしました」と語ります。

 その年の講演を聞くのをあきらめた周秉宜さんでしたが、次の年は別の指導者に。結局、周恩来の講演は聴けなかったそうです。

「周恩来おじさん」の思い出を語る周秉宜さん=2017年4月17日、法政大学で

「周恩来おじさん」の思い出を語る周秉宜さん=2017年4月17日、法政大学で

他の子どもは車の迎えだったけど…

 指導者のめいという立場だった周秉宜さん。軍の高官や党の幹部の子どもが多い八一学校に通っていましたが、「他の幹部の子どもに比べると質素な生活でした」と語ります。

 普段、学校に下宿している生徒が週末、実家に帰る時、多くの子どもは迎えの乗用車に乗っていました。ところが周恩来が手配したのは自転車でした。

 伯母で周恩来の妻、鄧頴超からは「周恩来は国家の総理で、人民のために働くが、周家のために働くのではない」と聞かされたそうです。

周家の記念写真。左前が周秉宜さん

周家の記念写真。左前が周秉宜さん

出典: 周秉宜さん提供

昔の日本の女性の方がおしゃれ?

 45年前の1972年、田中角栄が毛沢東、周恩来と会談し「日中国交正常化」の道筋をつけました。

 周秉宜さんがはじめて日本に来たのは30年前です。

 「今の日本の女性たちよりも、服装やお化粧に気をつけていたような気がします。デパートも、今よりもっと豪華だった印象があります」

 その一方で「日本人のマナーのよさ、清潔さ、礼儀正しさは変わっていませんね」と語ります。

周秉宜さん(左)、任長安さん夫婦=2017年4月17日、法政大学で

周秉宜さん(左)、任長安さん夫婦=2017年4月17日、法政大学で

「草の根の交流が不可欠」

 周秉宜さんは、日本と国交がなかった時代、日本からの訪問者がどんなに少人数でも、周恩来が直接に会いにいっていたことを覚えているそうです。

 今の日中関係について、どう思っているか聞きました。

 「45年の節目の年に、民間では交流があると思いますが、政府レベルでは昔ほど熱心ではないように感じます。指導者があまり重視していないのではないでしょうか」

 「歴史を振り返れば、日本は、漢字など多くのことを中国から学びました。そして、この百年の間は、中国が日本の学生になり、多くのことを勉強してきました」

 「日中両国の人々が理解し合い平和を築くためには、草の根の交流が不可欠です」

周恩来生誕100周年を記念して発行された雑誌『永遠の周恩来』。中国では今も高い人気を誇っている周恩来=1998年2月、北京

周恩来生誕100周年を記念して発行された雑誌『永遠の周恩来』。中国では今も高い人気を誇っている周恩来=1998年2月、北京

出典: ロイター

安倍首相が、中国のホテルに残した「感謝」の色紙 現地で称賛の声
前へ
2016年9月、G20があった中国で安倍晋三首相が滞在したシェラトン杭州湿地公園リゾートに贈った直筆のメッセージ
次へ
1/8
前へ
次へ


あわせて読みたい

はるかぜちゃんの「ぼく」は日本語の進化? 専門家解説がかなり深い
はるかぜちゃんの「ぼく」は日本語の進化? 専門家解説がかなり深い
「100%とんこつ不使用ラーメン」専門店 一蘭が28日に開店する理由は
「100%とんこつ不使用ラーメン」専門店 一蘭が28日に開店する理由は
笑顔を誓った。それなのに…バレンタイン「非モテの俺」に起きたこと
笑顔を誓った。それなのに…バレンタイン「非モテの俺」に起きたこと
テクノロジーをあやつるサムライの動画がシュールすぎると話題に
テクノロジーをあやつるサムライの動画がシュールすぎると話題に
PR
武田双雲が語る「新社会人のココロエ」
武田双雲が語る「新社会人のココロエ」
PR
ろう者の写真家が手話で「語った」少数者と...
ろう者の写真家が手話で「語った」少数者と...
わんこそば? いえ「にゃんこそば」です! 売り上げの一部を寄付へ
わんこそば? いえ「にゃんこそば」です! 売り上げの一部を寄付へ
絶対ぶつからないボール? 8方向から16個が行き来、藝大卒展が話題
絶対ぶつからないボール? 8方向から16個が行き来、藝大卒展が話題
修正液にこんな仕掛けが… 社員も驚いた溝の使い道、ぺんてるに聞く
修正液にこんな仕掛けが… 社員も驚いた溝の使い道、ぺんてるに聞く
DeNA守護神「遠ーい」と語る練習場、移動に人柄 ハマの番長は…
DeNA守護神「遠ーい」と語る練習場、移動に人柄 ハマの番長は…
どうして多様性が必要なの? ひと目でわか...
どうして多様性が必要なの? ひと目でわか...
母親が「教祖」になる恐怖…石田ひかり、元ギャルモデルと育児を語る
母親が「教祖」になる恐怖…石田ひかり、元ギャルモデルと育児を語る

人気

もっと見る