閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年04月26日

涙がホロリ… 「ゾロリ」愛が詰まったポスター、懐かしむ声が続々

  • 18603

話題の「ゾロリ」ポスター(横長のため真ん中部分のみ掲載。全体画像と拡大画像は記事下のフォトギャラリーで読むことができます)

話題の「ゾロリ」ポスター(横長のため真ん中部分のみ掲載。全体画像と拡大画像は記事下のフォトギャラリーで読むことができます)

出典: ポプラ社提供

【ネットの話題、ファクトチェック】

 今年で30周年を迎えた児童書「かいけつゾロリ」シリーズ。キツネの主人公ゾロリと、双子のイノシシ兄弟イシシとノシシが、修行の旅をしながら行く先々で活躍する物語です。この作品の30年間を凝縮したポスターが話題になっています。ゾロリ好きの20代が集まって「むかし読んでいた人たち全員に向けて作った」というポスターについて、出版社に話を聞きました。

登場する主なキャラクター

登場する主なキャラクター

出典: ポプラ社提供

「ゾロリ」シリーズとは


 「ゾロリ」シリーズの作者は原ゆたかさん。1987年に第1作『かいけつゾロリのドラゴンたいじ』が発売されて以来、子どもを中心に人気を博し、今ではゾロリ世代の子どもたちが親となり、親子で楽しむ人も増えています。

 最新作は昨年12月に発売された第60作『かいけつゾロリの王子さまになるほうほう』。これまでテレビアニメ化やゲーム化もされており、2017年冬には「映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ」が公開されることも決定しています。

左が第1作『かいけつゾロリのドラゴンたいじ』。右は最新の第60作『かいけつゾロリの王子さまになるほうほう』

左が第1作『かいけつゾロリのドラゴンたいじ』。右は最新の第60作『かいけつゾロリの王子さまになるほうほう』

出典: ポプラ社提供

こんなポスターです


 今月24日、都内の地下鉄駅にゾロリの横長ポスターが掲出されると、それを撮影した画像がツイッターに相次いで投稿されました。

 本棚に並んだときのように、背表紙が見えるかたちで全60巻が並んでいて、こんなメッセージが書かれています。

 「やあ、元気だったかい? おれさまの旅は まだまだ続いているんだぜ!! ニヒニヒ」(『の』は左右が逆)

 そして、作者の原さんから、こんなメッセージも。

 「おかげさまでかいけつゾロリは30周年。みんなが読んでくれたおかげでぼくはいまでも3人の冒険の旅をかきつづけています。大人になった君たちもひさしぶりに小学生のころを思い出してみない?」

東京メトロの主要駅に掲出されているポスター(拡大画像は記事下のフォトギャラリーで読むことができます)

東京メトロの主要駅に掲出されているポスター(拡大画像は記事下のフォトギャラリーで読むことができます)

出典: ポプラ社提供

「ニヒニヒって笑い方が懐かしい」


 これらの投稿に対して、こんなコメントが寄せられています。

 「小学生の頃のバイブルでした」
 「ニヒニヒって笑い方が懐かしい」
 「『の』の字がちゃんと逆。広告作る側もゾロリに育てられた感じが好き」
 「こんなにシンプルなのに、楽しかったなって思い出に浸らせてくれた」
 「この広告で泣いた」

 リツイートが4万を超えているつぶやきが複数あることからも、多くの人たちにメッセージが届いているようです。

ポスターには作者である原さんからのメッセージも(全体画像と拡大画像は記事下のフォトギャラリーで読むことができます)

ポスターには作者である原さんからのメッセージも(全体画像と拡大画像は記事下のフォトギャラリーで読むことができます)

出典: ポプラ社提供

制作に関わったのは全員20代


 出版元のポプラ社によると、今回のポスターは30周年を記念して作られたものだそうです。

 「キャッチコピーやデザインなど、制作に関わったのは全員20代。ゾロリを読んで育ったファンが集まって『どうしてもやりたい』と企画したものなんです」と話すのは宣伝マーケティング部の部長・松田恭子さん。

 制作するにあたって、「小学校の図書館で読んだ人も多いはずだから、ビジュアルは背表紙を並べよう」「赤い飛行機はやっぱり飛んでないとダメ」「読んでた人なら気づく隠しキャラを登場させよう」といった感じで、細かな点までアイデアを出し合ったといいます。

 「20代といえばバリバリ働いている時期で、大人になって忙しくなって子ども心を忘れがち。そんな時、このポスターの前で立ち止まって、あのころのワクワクした気持ちを思いだしてもらえたら」という思いを込めたそうです。

 狙い通りの反応が寄せられていることについて、松田さんは「作り手の思いがきれいに届いたんだなって、ツイッターのコメントを読みながら実感しています」と話します。

 ◇ ◇ ◇

 ポスターの掲示場所は東京メトロの主要駅で、新宿駅と新宿三丁目駅の通路には原さん直筆のサイン入り超大型ポスターがあります。

 また、4月26日から5月8日まで日本橋高島屋で「かいけつゾロリ大冒険展」を開催。150点を超える原画を展示して、これまでの冒険を振り返るそうです。

涙がホロリ… 「ゾロリ」愛が詰まったポスター
前へ
東京メトロの主要駅に掲出されている「かいけつゾロリ」のポスター(中央部分)
次へ
出典:ポプラ社提供
1/11
前へ
次へ

あわせて読みたい

高校野球のブラバン、大阪では30年禁止 一...
高校野球のブラバン、大阪では30年禁止 一...
日比谷線から突然クラシック、一体何が?東京メトロ「切り替えミス」
日比谷線から突然クラシック、一体何が?東京メトロ「切り替えミス」
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
PR
「花嫁オークション」は差別?ディズニーに署名活動 東京の対応は…
「花嫁オークション」は差別?ディズニーに署名活動 東京の対応は…
「投げ銭の最高額は78万円」 伝説の大道芸人、ギリヤーク尼ヶ崎
「投げ銭の最高額は78万円」 伝説の大道芸人、ギリヤーク尼ヶ崎
禁じられた改札タッチ、「とてつもない金額」とは? JR看板を検証
禁じられた改札タッチ、「とてつもない金額」とは? JR看板を検証
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
PR
金閣寺が焼けた日 放火した僧の「その後」...
金閣寺が焼けた日 放火した僧の「その後」...
「振り付けできなくて、歯を全部抜いたの」ギリヤーク尼ヶ崎の半世紀
「振り付けできなくて、歯を全部抜いたの」ギリヤーク尼ヶ崎の半世紀
「見た目問題は障害」バケモノと呼ばれた男性の願い 就活で心砕かれ
「見た目問題は障害」バケモノと呼ばれた男性の願い 就活で心砕かれ
「こどもフジロック」って何だ? ライブ聴け...
「こどもフジロック」って何だ? ライブ聴け...
グラウンド整備おじさんが語った「夢」 黙...
グラウンド整備おじさんが語った「夢」 黙...

人気

もっと見る