閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年04月25日

ツイッター漫画が届けた…涙に寄り添う手紙 杏さん愛読「夜廻り猫」

  • 23529

第21回手塚治虫文化賞 短編賞を受賞する「夜廻り猫」1巻の表紙から

第21回手塚治虫文化賞 短編賞を受賞する「夜廻り猫」1巻の表紙から

 ツイッターで発表していた漫画家・深谷かほるさんの「夜廻り猫」が、第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞することが決まりました。猫の遠藤平蔵が、夜回りをしながら心の涙をかぎつけ、その涙にそっと寄り添う8コマの漫画です。ツイッターでファンを増やし単行本になった「夜廻り猫」。スマホの画面を通じて共感が広がるSNS時代のマンガの姿が浮かび上がります。

「夜廻り猫」から©深谷かほる/講談社

「夜廻り猫」から©深谷かほる/講談社

息子の暇つぶしになれば… 描きたくて描いた漫画

 深谷さんが夜廻り猫を描き始めたきっかけは、長男の入院でした。

 自宅の階段に猫の絵を飾っていましたが、「その猫の話が読みたい」と言うので、暇つぶしになれば、とA4の紙1枚に描きつけました。

 せっかくなら発表しようと、ツイッターでつぶやき始めると「想像以上に反響がありました」(深谷さん)。

SNSのいじめを描いた夜廻り猫。「心が温められたらいいのに」

SNSのいじめを描いた夜廻り猫。「心が温められたらいいのに」

出典:http://withnews.jp/article/f0170121001qq000000000000000W04i10701qq000014574A

 2017年3月には講談社から単行本1、2巻が出版され、直後に重版決定。

 ウェブコミックの「モアイ」、朝日新聞夕刊やウィズニュースでも連載しています。


手軽に読めるツイッター 心にしみた

 「夜廻り猫」の魅力は、どんなところにあるのでしょうか。

 講談社の担当編集者は、「常に、弱いひとたちへの優しい目線があるのが、読まれる理由では」と話します。

 単行本が出てから、毎日のようにファンレターが来たり、メールで反響が寄せられたりするそうです。

 「誰にも言えないことや、苦しいことも、否定しないで受け入れてくれると感じるのではないでしょうか」

公衆電話で「うそ」をつく男性を描いた夜廻り猫

公衆電話で「うそ」をつく男性を描いた夜廻り猫

出典:http://withnews.jp/article/f0161013003qq000000000000000W02c10301qq000014140A

 また、ツイッターで漫画を発表する手法が広まり、受け入れられるようになったことも人気を後押ししました。

 夜眠る前に、ふとスマホでツイッターをのぞいて、夜廻り猫を読む。そんな読み方をしている読者も多いはず。

 担当編集者は「『手軽にぱっと見たい』という思いに合致したのかも。ツイッターだからこそ刺さった部分はあるかもしれません」と話します。

杏さん「1ページでここまで膨らませられるとは…」

 手塚治虫文化賞の選考委員で俳優の杏さんは「1ページでここまで膨らませることができるのか、深く想像させてくれることができるのか、と思わせてくれる」と絶賛。

 雑誌連載から単行本という流れが多いマンガの世界で、ツイッター発はまだ珍しい存在です。実は、今回の選考では、杏さんが推薦作品に「夜廻り猫」を挙げました。

 杏さんは「皆が皆、愛おしい。猫がかわいいなと思って手にとっても、猫達や関わる人々のあたたかさに心がじんとくる」と評します。

 選考委員のひとり、漫画家の里中満智子さんは「気がつくと何度も繰り返し読んでいる…… 不思議な説得力あり」とコメントしています。

手塚治虫文化賞 短編賞を受賞「夢にも思わず」

 深谷さんは「手塚作品は、太陽や月のように遥かかなたで輝くもの。漫画表現は、ほとんど全てが手塚先生の遺産で、私も先生から言葉を与えていただいて、今、誰かに漫画という手紙を書くことができるのだと思っています」と言います。

 「でも、それも、ちっぽけな葉っぱの手紙のようなもの。太陽や月が見てくれているとは夢にも思いませんでした」

【マンガ「夜廻り猫」】
 猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
 泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
 そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。
 遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。姑獲鳥(こかくちょう)に襲われ、けがをしていたところを遠藤たちが助けました。
 ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。3月23日、講談社から単行本1、2を発売した。自身も愛猫家で、黒猫のマリとともに暮らす。

ほっとできる時間があれば… 涙を誘う猫マンガが描く介護
前へ
次へ
1/36
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る