MENU CLOSE

話題

12972

お花見で「卓上コンロ」が爆発! 危なすぎる「二つの使い方」

ガスボンベが破裂した実験=NITE(ナイト)提供
ガスボンベが破裂した実験=NITE(ナイト)提供

目次

 花見客が使っていた卓上コンロのガスボンベが破裂し、6人がやけどを負う事故が起きました。花見シーズンに使う機会が増えるコンロ。どんな使い方をすると破裂の危険があるのでしょうか。製品事故の調査をしている独立行政法人「製品評価技術基盤機構」(NITE)に聞きました。

二つの可能性浮上

 今月4日、宮崎県延岡市の城山公園で事故は起きました。大学生グループが2台の卓上コンロを並べ、それぞれに丸形プレートを置いて肉を焼いていました。

 すると、一台のボンベが突然破裂。6人が顔や腕にやけどを負い、うち3人が入院しました。

 延岡市消防本部によると事故原因は調査中。ただ、現場の状況などから二つの可能性が浮上していると言います。

右側のコンロのガスボンベが破裂した=宮崎県延岡市の城山公園
右側のコンロのガスボンベが破裂した=宮崎県延岡市の城山公園 出典:朝日新聞

 一つ目は、コンロに対して大きすぎるプレートで肉を焼いていたこと。

 NITE製品安全センターの酒井健一専門官は「コンロ全体を覆うような大きな調理器具を使うと、器具の熱がボンベに伝わりやすくなり、破裂を招く恐れがあります」と指摘します。

 NITEでは特に破裂につながる使い方として、二つのコンロを並べ、大きな鉄板をかぶせた状況で検証実験をしています。火力を「強」にして加熱。すると点火から12分55秒でボンベが破裂し、激しい炎があがりました。

【動画】お花見で「卓上コンロ」が爆発! 危なすぎる使い方(大きすぎるプレート)
実験でも、鉄板の下のボンベが破裂した=NITE提供
実験でも、鉄板の下のボンベが破裂した=NITE提供

「五徳」裏返しも原因か

 さらにもう一つの要因もあったのではないかと、消防本部は見ています。

 特に古い機種の卓上コンロは、鍋を下から支える「五徳」を裏返して収納できます。しかし、これが事故原因になりがちで、今回も五徳を裏返したままコンロを使っていたという大学生の証言があります。

 酒井さんは「2台のコンロで鍋の高さをそろえたいといった理由で、五徳を裏返して使う人がいます。すると鍋がコンロに接してしまい、コンロ全体が過熱されてボンベ破裂につながる恐れがあります」。

【動画】お花見で「卓上コンロ」が爆発! 危なすぎる使い方(五徳を裏返し)
実験でも、五徳を裏返したコンロが破裂した=NITE提供
実験でも、五徳を裏返したコンロが破裂した=NITE提供

炭の火起こしも厳禁

 酒井さんによると、ほかにもボンベ破裂を招く使い方があります。

 キャンプでは炭火をおこすため、コンロで炭を熱してしまう人も。しかし、炭は高温になり、すぐには冷めません。ボンベが熱されて、破裂に至ったケースがあります。

【動画】お花見で「卓上コンロ」が爆発! 危なすぎる使い方(炭火おこし)
実験でも、炭火を加熱中にボンベが破裂した=NITE提供
実験でも、炭火を加熱中にボンベが破裂した=NITE提供

 NITEによると2014年度までの5年間で、屋外でのコンロやボンベによる事故は7件発生しています。8人が重軽傷を負いました。酒井さんは「コンロの注意書きをしっかり読み、正しい使い方をして欲しい」と強調します。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます