閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年04月08日

ギネスになった「ジャンケンポン」 「まんが界の至宝」を支えた言葉

  • 2312

4コマまんがの連載回数がギネス世界記録に認定された泉昭二さん

4コマまんがの連載回数がギネス世界記録に認定された泉昭二さん

出典: 朝日新聞

 4コマまんがの連載回数がギネス世界記録に認定された「ジャンケンポン」。その回数はなんと1万5千回を超え、創刊50年を迎えた朝日小学生新聞で今も連載中です。作者の泉昭二さんは84歳。ささいな出来事や世の中の動きをユーモアたっぷりにえがく作品には、親子2代のファンも数多くいます。「まんが界の至宝」と呼ばれるにふさわしい偉業をなしとげた裏側には、多感な時期に戦争を経験したことや、まんがを教えてくれた先生の言葉がありました。

ギネス公式認定員(左)から公式認定証を手渡される泉昭二さん

ギネス公式認定員(左)から公式認定証を手渡される泉昭二さん

1969年から連載 3きょうだいの日常えがく

 しっかりものの女の子「ジャン」と活発な男の子「ケン」の小学生2人と、幼稚園児の男の子「ポン」の3きょうだいの日常をえがいた「ジャンケンポン」は1969年9月から、ほぼ毎日、連載を続けています。

連載1万5千回を超え、ギネス世界記録に認定された「ジャンケンポン」

連載1万5千回を超え、ギネス世界記録に認定された「ジャンケンポン」

出典: 朝日小学生新聞

 毎日新聞の「まっぴら君」が作った1万3615回の記録をぬき、2016年12月15日の新聞で1万5千回をむかえたのをきっかけに、朝日小学生新聞がギネス世界記録に申請。通し番号がなかった特別号なども含めると、16年11月24日の新聞で1万5千回を達成したことが認められました。

ギネス世界記録の達成を祝う読者の親子たちと記念撮影

ギネス世界記録の達成を祝う読者の親子たちと記念撮影

出典: 朝日小学生新聞

ギネス記録「びっくりしています」

 ジャンケンポンが「世界一」として認められたのは、ギネス世界記録の「ひとつの4コマまんがとして最も多く発行された回数」という分野です。記録達成を受け、東京・築地で3月、ギネス公式認定員から公式認定証が泉さんに手渡されました。

 お祝いで集まった読者の親子約100人の前で、泉さんは「緊張するといいものができないので、毎日楽しみながら続けてきました」とあいさつ。「回数を考えながらかいてきたわけではないので、びっくりしています」と「世界一」の感想を話しました。

ギネス公式認定員(左)から公式認定証を手渡される泉昭二さん

ギネス公式認定員(左)から公式認定証を手渡される泉昭二さん

世の中の動きをユーモアたっぷりに

 3きょうだいのほのぼのとした日常のほかにも、50年近い連載では「大阪万博」「石油ショック」「消費税導入」など世の中の動きをユーモアたっぷりに取り上げることもあります。

 「ファミコンブーム」の回では、ケンがゲームをやりすぎないように指がでない手袋をお母さんが作るというオチが。まんがのアイデアについて、泉さんは「新聞をよく読みます。あとは、人の動きをよく観察し、アイデアを練っています」と話します。

「ファミコンが大ブーム」の回

「ファミコンが大ブーム」の回

出典: 朝日小学生新聞

戦争体験・恩師からの言葉が原動力に

 小学校入学前から、まんがを描きはじめたという泉さん。当時は戦時中で、戦車や飛行機をよく描いていたそうです。13歳の夏に東京で終戦を迎え、多感な時期に戦争を経験したことや、8人きょうだいの末っ子だったことが、3人きょうだいのジャンケンポンが織りなす平和であたたかいまんがにつながっています。

 泉さんはその後、働きながら大学を卒業。会社員生活を送った後、33歳から東京デザインカレッジまんが科に通いました。この学校で先生からある言葉をかけられます。

 「まんがは人を楽しませるもの。だから自分も楽しまなきゃだめ。苦しまないで楽に描きなさい」

 「そういう気持ちでやってきたから、ここまで続けてこられた」と振り返る泉さん。この言葉が、前人未到の記録を後押しする力になりました。

1945年8月15日の皇居前広場の様子を描いた泉昭二さんのイラスト。朝日小学生新聞に2002年に掲載された

1945年8月15日の皇居前広場の様子を描いた泉昭二さんのイラスト。朝日小学生新聞に2002年に掲載された

出典: 朝日小学生新聞

 世代を超えて愛されるジャンケンポン。お祝いの会では、漫画家のちばてつやさん(日本漫画家協会理事長)から祝福のメッセージが届きました。

 ちばさんは「一作一作つくるのは骨が折れるしものすごく難しい」と連載の苦労に触れた上で、「84歳を過ぎてもお元気で、しかも『楽しんで』子どもたちのために『ジャンケンポン』をえがき続けておられる泉昭二さんは、今や日本のまんが界の至宝だ」と最大級の賛辞を送りました。

4コマまんがはとっても小さな世界なのに広くて深い人間の特徴もユーモアもえがけるすばらしい表現媒体だ。それだけに奥が深く、一作一作つくるのは骨が折れるしものすごく難しい。泉さんはそれを毎日毎日えがき続け、1万5千……という、気の遠くなるような金字塔をうち立てられた。「ギネス」に記録されたのもうれしいが、84歳を過ぎてもお元気で、しかも「楽しんで」子どもたちのために『ジャンケンポン』をえがき続けておられる泉昭二さんは、今や日本のまんが界の至宝だ。

出典: 日本漫画家協会理事長ちばてつやさんのお祝いのことば

「これからも毎日毎日続ける」

 ギネス世界記録を達成し、気になるのは今後の連載です。泉さんは「目標はあと何回、と言おうと思いましたが、それを言っちゃうとかけなくなってしまうので、目標はありません。これからも、ただ毎日毎日続けるだけです」と話しました。

3月22日の新聞では、ギネス世界記録の報を受け、喜ぶ3きょうだいと両親を描いた

3月22日の新聞では、ギネス世界記録の報を受け、喜ぶ3きょうだいと両親を描いた

出典: 朝日小学生新聞

4コマまんがの金字塔「ジャンケンポン」 過去の傑作回を振り返る
前へ
第1回「近所でも評判のジャンです」
次へ
1/77
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る