閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年03月27日

「リア充代行」サービス、ほんとに効果ある?非リア記者が使ってみた

  • 152575

「リア充アピール代行」サービスのゆうくん(左)、えりちゃん(中央)と写真を撮る記者(右)=東京都港区

「リア充アピール代行」サービスのゆうくん(左)、えりちゃん(中央)と写真を撮る記者(右)=東京都港区

 SNSにあふれる友だちの写真に「毎日楽しそうだな…」と思うことはありませんか? 「仲が良い友だちに囲まれ、リアルな生活が充実していると思われたい」ーー。そんな人のために、SNSに投稿するための「リア充っぽい」写真を一緒に撮ってくれる「リア充アピール代行」サービスなるものが存在しています。ネット上でも「闇が深すぎる」と話題のこのサービス、「非リア」代表の先輩記者に受けてもらいました。「リア充っぽい」とは何なのか、本当にリア充に見えるのか、その実態を調べてみました。(朝日新聞デジタル編集部記者・野口みな子)

「リア充アピール代行」サービスを受ける人

非リア代表の丹治翔記者(32)

非リア代表の丹治翔記者(32)

 今回、「非リア」代表としてサービスを受けるのは、入社10年目の丹治翔記者(32)。facebookの友達は250人ほどいますが、「基本的にSNSのいいね数は2ケタいかない」という適任っぷり。最後には実際に撮った写真がどれくらい「いいね」を獲得したかを発表します。

 取材したのは3月の3連休最終日ですが、直前の2日間の過ごし方は「家でずっとごろごろしていた」そうで、今回の検証に向けてコンディションも抜群です。「非リア代表としてサービスを受けてください!」という後輩のお願いも快く受けてくれる優しい先輩です。

「リア充アピール代行」サービスを提供してくれる人

株式会社ファミリーロマンスの石井さん(右)とえりさん(左)

株式会社ファミリーロマンスの石井さん(右)とえりさん(左)

 「リア充アピール代行」サービスを提供している株式会社ファミリーロマンスからは、石井裕一さん(35)とえりさん(30)がやって来ました。美男美女、キラキラした笑顔…見るからに「リア充」です。

 待ち合わせ場所に約束の20分前からいた私は、2人をデート中のカップルだと勘違いして何度か通り過ぎてしまっていたくらいです。

 「今日はよろしくお願いします!」と爽やかな石井さんの挨拶に、ちょっと安心する私たち。今回の取材にあたって、「非リアの先輩がリア充っぽく見えるようにしてください」というお願い以外はすべてお任せで依頼したため、私も先輩も一体どんな展開になるか不安でいっぱいでした。

 

野口

あのぅ、こんな先輩ですが、リア充っぽくなれますかねぇ?

 

石井さん&えりさん

なれます!問題ありません!

 

石井さん

まずは呼び名を決めましょうか?下の名前はなんですか?

 

丹治記者

翔って言います…。

 

石井さん

じゃあ、『翔ちゃん』ですね!僕は裕一なんで『ゆうくん』って呼んでください!

 

えりさん

私は『えりちゃん』で!

 

翔ちゃん

は、はい…!


 このサービスを依頼する人はほとんど1人で来るため、最初はかなり緊張しているそうです。緊張をほぐす第一歩として、スタッフに親近感を持ってもらうために呼び名を決めるそうです。慣れずに「えりちゃんさん」と呼ぶ先輩、予想通りガチガチです。そんな先輩に対して「もう!えりちゃんさんじゃなくて『えりちゃん』だよ!」と、えりちゃんが優しくリードしてくれます。

今回、撮影場所もお任せしたところ、指定された場所は「お台場」でした。

 お台場には砂浜や自由の女神など撮影ポイントが多いことや、若者が集まる場所として「リア充アピール」に適しているそうで、私たちのように「どこで撮影したらいいかわからない」という依頼者の場合はお台場をおすすめしているそうです。

 

ゆうくん

じゃあ、早速撮りましょうか!

 ゆうくんが取り出したのは「自撮り棒」。友だちも景色も一緒にきれいに撮れる自撮り棒は、もはやリア充アピールには欠かせないアイテムになっています。

 最初の写真が下になります。ちなみに先輩が着ている水色のジャケット、「海」をイメージしたそうです。

 う〜ん、なんだか先輩、いや翔ちゃんの表情が硬い…。いきなりの接近写真で顔がこわばっていて、まるで大学の合格発表にきた高校生が、サークル勧誘のイケてる先輩と記念写真を撮っているようです。

 やっぱり無理があったか…と不安に思っていたところ、

 

ゆうくん

じゃあ次は、海の近くで撮ってみましょう。

 と、波打ち際に促されます。

 

ゆうくん

足上げて、バランス取ってるポーズで!

 普段しないポーズに戸惑いながらも撮った写真がこちら。

 あれ…なんだかちょっと楽しそう。だけどまだ恥ずかしさが銀シャリさん風水色ジャケットからはみ出ている感じがありますね。すると、ここから「リア充アピール代行」サービスが誇る「リア充ワザ」のオンパレードです。

「リア充」に見せるワザ

 被写体をフォトフレームで囲んでしまう、その名も「リア充フレーム」。instagramなどに投稿する際は写真を加工して、レトロな風合いにするとおしゃれだそう。加工後の仕上がりを考えて撮影するそうです。

 およ、急にテイストが変わって、結婚式のウェルカムボードっぽくなりましたね。ちなみに撮影はこんな感じです。

 結構地味な構図です。驚いたのは1人がカメラのセッティングなどの作業中でも、必ずもう1人が先輩に話しかけてくれます。この頃にはもう先輩の顔はゆるゆるで、輪郭はおろか首もほとんどありませんでした。

 「あ〜あるある」と思うのは「みんなでサングラス」。リゾートにいるような雰囲気と、みんなで同じものを身につける一体感も生まれます。

 おやおや…普段先輩は絶対にしないであろうサンシャイン池崎さんの「ジャスティス」ポーズも、週2でやっていそうな雰囲気に。

 他にもおなじみの「みんなでジャンプ」。こちらは三脚と遠隔でスマホカメラのシャッターを押せる器具を使って撮影します。ジャンプとタイミングを合わせて写真を撮ることで、宙に浮いているように見えます。タイミングを合わせるのが難しいので、みんなでワイワイ撮影している様子まで連想されます。

 これは連休明けのfacebookタイムラインに3枚は出てくる写真ですね。

 他にも2人の腕で作ったハートマークの影を撮ったり、砂に「SHO」と先輩の名前を書いて撮ったり、3人の親密さがうかがえるような写真をたくさん撮りました。

「笑顔」が「リア充さ」を自然にさせる

 そもそも「ゆうくんやえりちゃんのような、キラキラしたリア充っぽい友だちはなかなかいない」という丹治先輩。

 

野口

普段のSNSに投稿している写真と、明らかに雰囲気が違う人と写っていたら不自然じゃないですか?

 

ゆうくん

確かに不安になられる方もいますが、大丈夫です!

 

ゆうくん

依頼者が満面の笑顔で写っていれば、親密さや楽しそうな雰囲気が伝わり、自然に見えます!

 

ゆうくん

そのために僕たちは依頼者にリラックスしてもらうことを大切にしています!

 なるほど。確かに打ち解けた先輩の笑顔は本物そのもの。撮影が進むうちに、だんだん先輩がリア充に見えてきたことは否定できず、「これは詳細を他の先輩に報告せねば…」と思っていたところでした。

カメラを向けると頼んでもいないのに自らポーズを決め始める丹治記者

カメラを向けると頼んでもいないのに自らポーズを決め始める丹治記者

「え?そんなことまでやるの?」

 砂浜での撮影も終わり、次はえりちゃんがおすすめするアクアシティお台場の海賊風レストラン「KING OF THE PIRATES」へ移動。ここでは「キングズトールグラス」と呼ばれる特大サイズのビールを飲むことができます。

 

ゆうくん

わあ〜!リア充!

 

野口

どこがですか?

 

ゆうくん

海賊っていうテーマがネタになるし、若者が集まりそうですよね。特大サイズのビールも話題になるし、『普段やらないこと』っていうところがリア充ポイントですね。

 さすがゆうくん、リア充を感知するリア充アンテナがさまざまなところに張り巡らされています。

 

えりちゃん

じゃあ、着替えましょうか。

 そういえば今回、サービスを受けるにあたって「着替えを用意してきてください」と言われていました。言われるがままに先輩は、海をイメージした水色のジャケットから、持参した特に思い入れのない普通のセーターに着替えました。ゆうくんとえりちゃんもそれぞれ先ほどとは雰囲気の異なる服に着替えました。

 

野口

どうして服を着替えるんですか?

 

ゆうくん

別の日に撮影したと思わせるためです。

 

野口

え!?そんなこともするんですか!?

 

ゆうくん

泊まりで旅行に行ったという設定でもいいですし、さっきの写真と別の日にSNSに投稿することで、『また同じメンバーで遊んでるから仲良しなんだな』と思わせるためです。

 その発想はなかったです。リア充は1日にしてならず、そしてこのサービスでは1日でできちゃうんですね。

 その後も特大サイズのビールを囲んだり、かき氷を「あ〜ん」し合ったり、仲睦まじい様子を何パターンも写真に収めました。

 こんな感じで約2時間、みっちり写真を撮りまくってサービスは終了しました。ゆうくん、えりちゃんの2人で基本料金が1万6千円、これに交通費が加算され総額2万円でした。

 

野口

先輩、どうでした?

 

丹治先輩

楽しい!普段できないことができたし、自分の殻を破った感じがした。2人とも話しやすくて、3連休を楽しくしめくくれてよかった。

 先輩の3連休を彩るつもりはなかったのですが、満足しているようなのでとりあえず安心しました。

 さて、この「リア充アピール代行」サービス、効果はいかに? 私の独断と偏見で、珠玉の4枚とコメントを決め、facebookとinstagramに投稿しました。ハッシュタグはえりちゃんのアイデアを採用しました。その投稿がこちら!

投稿した実際の写真

投稿した実際の写真

 りりりりリア充じゃないかっ…!!!! 先輩、リア充です!

 あとはどれくらい「いいね」を獲得できるかです…。

それでは結果発表!

 リア充エッセンスをふんだんにちりばめたリア充投稿、さぞかしSNSでは話題沸騰しているはず。1日経った時点で獲得した「いいね」は…

 facebook 18件
 instagram 11件

 う~~~~~~~~~~ん。

 びっっっみょ。

 先輩が超えられなかった壁、「2ケタ」には到達したものの、爆発的に「いいね」されている訳でもない…。一方でどストライクなこんなコメントも。

何も知らないお友だちからの有り難いコメント

何も知らないお友だちからの有り難いコメント

 

野口

確かに普段よりは多いけど、めちゃくちゃ多いっていう訳ではないですね…。私の友だちとかは基本30いいねはついていたような。

 

ゆうくん

……。やっぱり、もともとの友だちの数が少ないと、見込める「いいね」も少なくなってきます。

 

ゆうくん

あとは普段の更新頻度が高い方が、友だちがSNS上でアクティブになりやすい(いいねボタンを押しやすい)ということもあります。

 

野口

う~ん、やっぱりそもそも論のような…。

きっかけは「誕生日パーティーの依頼」

 今回お願いした「ゆうくん」こと石井裕一さん(35)は「リア充アピール代行」サービスを提供している株式会社ファミリーロマンスの代表取締役です。この会社では7年前から「結婚式代理出席」や「母親代行」、「レンタルフレンド」など、さまざまな代行・代理出席サービスを取り扱っています。

ーー「リア充アピール代行」サービスを始めたきっかけは何ですか?

 「自分1人で誕生日パーティーを開くので参加してほしい」という依頼があり、男女5人ずつになるように手配しました。依頼者は高級ホテルの高層階のラウンジのコースを人数分予約し、部屋も用意していました。そこであたかも本人にはサプライズでお祝いしているかのように写真を撮りました。これはサプライズをしてくれるような「仲の良い友だちに囲まれている自分をSNSでアピールするため」でした。

 こんな依頼が何度か続いたため、サービスとして展開することを決めました。

株式会社ファミリーロマンスのWEBサイトより

株式会社ファミリーロマンスのWEBサイトより

 実際にサービスを開始したのは2016年4月からだそうです。最初は月2〜3件の依頼がある程度でしたが、ネット上で話題になり、現在では月に20〜30件の依頼があるそうです。

 依頼者には、今回のような「非リアがリア充になりたい」パターンと、既にリア充だけど「今の友人・コミュニティだけじゃない」感をアピールしたいパターンに分かれ、前者と後者は6:4くらいの割合だそうです。特に前者は20〜30代半ばがほとんどで、後者は40〜50代だそうです。年代によってニーズが変わってくるんですね。

第三者には「嘘じゃん」って言われる

ーー「SNSでアピールしたい」「表面だけでも人によく思われたい」ってどちらかと言うと人間の弱い部分かなと思います。それをビジネスにすることを躊躇したことはありますか?

 躊躇はないですが、第三者には「うわべだけのアピールって嘘じゃん」ってよく言われます。だけど、リピーターの方がいて、それまですごくおとなしかった方が、このサービスを使って、積極的になれた、とか、性格が明るくなったと聞くとすごく嬉しいですね。本物以上の喜びを感じてもらえるよう、努力しています。

株式会社ファミリーロマンスのWEBサイトより

株式会社ファミリーロマンスのWEBサイトより

 「そもそもSNS上の友だちが少ないと、いいねもあまりつかないので、効果が見えにくい」のが課題だと石井さんは話します。サービスでは、実際にSNS上で友だちになってシェアする、ということも行っているそうですが、ほかにも、投稿した後でなんらかの形でフォローアップできないか検討しているそうです。

 でもなんだか、どうしてもぬぐい去れないモヤモヤ感…。「いいね」をもらうには友だちがSNS上でアクティブであることが必要。友だちがSNS上でアクティブになるには、普段から友だちがアクティブになるような投稿が必要…って結局リア充でしか成立しない無限ループで、ぽっと出の非リアにはつけいる隙がありません。リア充の「いいね」は集まるべくして集まっていることがわかってきました。

非リア記者は変われたのか

 ところで、すっかり忘れていましたが、一夜明けてあの笑顔の丹治先輩はどうなっているでしょうか。

 

野口

先輩、おはようございます

 

丹治先輩

俺…なにやってるんだろ…

 楽しいひとときから一転、普段と変わらない日常に戻りゆく先輩には昨日の「リア充」感はありません。素敵な時間を作ってくれたゆうくんやえりちゃんはいません。

 確かに先輩は昨日、「リア充」になれました。なんならサービスを受けた2時間だけではなく、帰りの電車や夕食のお店でも、先輩はキラキラしていたように思います。SNSに投稿してから、「いいね」が増える度に「おっ、●●さんがいいねくれたよ~」と鼻の下を伸ばしながら喜んでいましたね。

自分のfacebookをチェックする先輩

自分のfacebookをチェックする先輩

 そこにいるのは、いつもの先輩です。ちょっと猫背でfacebookをチェックしながら、昨日の写真に思いを馳せています。「SNSアピールなんて僕は気にしないけど」と言いながら、この記事のリア充写真のトリミングには口を挟んできます。

 先輩、本物のリア充になるには、自分で変わっていくしかないのです。「リア充は1日にして成らず」――わかっていたことですが、「リア充」とはリアルな生活が充実している人のことなのです。

これぞ「リア充」写真!その作り方は? メイキングと一緒にどうぞ
前へ
レインボーブリッジを背景に記念撮影、その裏側は?
次へ
1/27
前へ
次へ

あわせて読みたい

六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
なぜ秋葉原で牛乳? 駅ホームの自販機に「...
なぜ秋葉原で牛乳? 駅ホームの自販機に「...
選挙に期待しない23歳が「票育」をする理由 「投票は最終手段」
選挙に期待しない23歳が「票育」をする理由 「投票は最終手段」
政治家の不倫、本音では…「熱心な投稿」から...
政治家の不倫、本音では…「熱心な投稿」から...
85歳現役チアリーダー「生きがいなんて必要ない」 挑戦だらけの半生
85歳現役チアリーダー「生きがいなんて必要ない」 挑戦だらけの半生
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
PR
子どもは静かに溺れます! 医師が注意喚起...
子どもは静かに溺れます! 医師が注意喚起...
工事現場が様変わり! 「バルーン投光器」の遊び心、製造元に聞く
工事現場が様変わり! 「バルーン投光器」の遊び心、製造元に聞く
NEW
「思い込み」が男性の育休阻む? 〝30秒で...
「思い込み」が男性の育休阻む? 〝30秒で...
褒める代わりに「好き!」と言おう あなた...
褒める代わりに「好き!」と言おう あなた...
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
PR
【世界の驚き選挙】有権者はたった1人? サウジの「リアル封建社会」
【世界の驚き選挙】有権者はたった1人? サウジの「リアル封建社会」
NEW

人気

もっと見る