MENU CLOSE

話題

17765

罫線が円周率のノート…没ネタに商品化望む声続々 キングジムに聞く

罫線代わりに円周率が延々と書かれたノートが、ツイッターで話題になっています。

これが話題の「円周率ノート」
これが話題の「円周率ノート」 出典: キングジムのツイッターより

目次

【ネットの話題、ファクトチェック】

 罫線代わりに円周率が延々と書かれたノートが、ツイッターで話題になっています。投稿したのは「テプラ」などの事務用品で知られるキングジム(東京都)。社内で没になった企画を「円周率の日」である3月14日に投稿したところ、商品化を望む声が続々と上がりました。「中の人」に話を聞きました。

話題の投稿はこちら


 キングジムのツイッターアカウントが14日に投稿したつぶやきはこちらです。

3/14は「円周率の日」でもあるということで、「円周率ノート」をご紹介します。

罫線がよく見ると円周率になっていて、314日ほど使用すれば(多分)自然と円周率が身につく、314円の商品ですが、残念ながらボツになりました。


 ノートのサンプル画像も添付されたこの投稿に対し、「数学苦手だったけれど欲しい」「ボツなんてもったいない」「3/14に限定3141冊販売すれば良いのに」といった声が上がり、リツイートは1万2千を超えています。

円周率がズラリ
円周率がズラリ 出典: キングジムのツイッターより

中の人に聞きました


 ツイッターの「中の人」によると、円周率ノートは今から1年ほど前に、商品化プレゼンに上がる前の段階で没になった企画だといいます。

 「3月14日の円周率の日に合わせて何か投稿しようと考えたときに、前に聞いたこの話を思い出したんです。担当者から企画書をもらって、ツイートしました」

 企画書の要点を140字以内にまとめ、本物っぽさが出るようサンプルデータを紙に出力してノートに貼り付け、写真を撮ったそうです。

 商品化を望む声が多く寄せられたことで、社内でも「作ってみたいね」といった話が出始めているそうです。

 中の人は「最初は担当者も『没ネタを何に使うの?』といった感じでしたが、『反響があってよかった』と喜んでおり、報われました。ツイッターでみなさんに面白がっていただき、私たちもうれしいです」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます