MENU CLOSE

話題

144907

本田真凜、魔性の「てへぺろ感」 天真らんまん、必殺の関西弁

くるくると変わる表情も人気の理由
くるくると変わる表情も人気の理由 出典: 朝日新聞

目次

 フィギュアスケート女子の本田真凜選手(大阪・関大中)が人気を集めています。キュートなルックスだけではなく、華麗な演技と抜群の表現力で、リンク上での存在感が光ります。誰もが認める実力と、天真らんまんな素顔。その魅力は魔性の「てへぺろ感」にあるようです。(朝日新聞スポーツ部記者・野田枝里子)

中学大会に39社が取材申請

 2月上旬に長野市で行われた全国中学大会。中学大会にもかかわらず、テレビカメラや記者ら報道陣が大勢駆けつけました。大会主催者によると、去年よりも7社多い39社から事前に取材申請があったそうです。

 お目当てはもちろん、本田真凜選手。優勝候補のプレッシャーをものともせず、ライバルに10点以上の差をつけて、初優勝を飾りました。

 1年の時はショートプログラム(SP)で失敗し、2年の時は3位。「1年の時も小さいなりに優勝したいとすっごい思ってたけど、それが裏目に出てフリーに進めなかった。(今回は)今年の自分の出来からすると納得できるものではないけど、中1の時から比べると、いい感じに成長できた」と笑顔で振り返りました。

出場する大会には多くの報道陣が集まる
出場する大会には多くの報道陣が集まる 出典: 朝日新聞

中学生離れした表現力

 中学生離れした表現力も魅力の一つです。妹は人気子役の望結さんということもあり、知名度の高さも人気に一役買っています。

 髪形をツインテールにしたり、エキシビションではCA姿を披露したり、と「話題性」も十分。テレビやスポーツ紙などでも見栄えがする華やかさがあります。

エキシビションでCA姿を披露
エキシビションでCA姿を披露 出典: 朝日新聞

カメラ越しに女性記者もドキッ

 試合後の取材でジャンプでの失敗を問われたときのことです。

 「コーチの言うことを聞かなくて、失敗したらコーチに『ほら~』って言われた。次からはちゃんと聞かなアカンなと思った」とぽろり。

 報道陣をどっと笑わせました。思わず出る関西弁のギャップも親しみやすさを感じます。さらに記者の問いかけに応じて、帰り際にふら~っと報道陣のところに来て雑談に応じてくれる気さくな面も。

 さらに練習では、報道陣に向かってほほえみかけてくれたり、ジャンプで転んだ時に体についた氷も払わずにシャッターチャンスをくれたり。カメラ越しに目が合うと、女性の私でも思わずドキッとしてしまうほどの色気。完全無欠ではない愛らしさが、人を引きつけるのかもしれません。

滑走順抽選会でクジを引く
滑走順抽選会でクジを引く 出典: 朝日新聞

 フィギュアスケートを長年取材しているライターは「天真らんまんで、ひまわりのような明るいキャラクター。そうかと思えば、インフルエンザで大会を棄権するなど失敗もあり、完璧じゃないところも親近感がわく。『マリン』という名前とマッチして、ルックスや競技力だけではなく、そういった『てへぺろ感』が魅力なのでは」と、その魅力を分析しています。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます