閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年02月08日

「爆竹禁止令」中国で厳罰化 破ると…罰金・拘留も その狙いとは?

  • 1589

新年を祝うため、爆竹の煙の中で巨大線香を焚く市民=2009年1月26日、四川省雅安市

新年を祝うため、爆竹の煙の中で巨大線香を焚く市民=2009年1月26日、四川省雅安市

出典: ロイター

 中国の旧正月(春節)と言えば、爆竹は欠かせません。春節期間中に、多くの出番がある爆竹と花火ですが今年は、各地で「禁止令」が出されています。「これをしないと春節じゃない」というほど親しまれてきた爆竹。いったい何があったのでしょう?

チャイナタウンで龍舞の最中に鳴らされる爆竹=2017年1月28日、マニラ

チャイナタウンで龍舞の最中に鳴らされる爆竹=2017年1月28日、マニラ

出典: ロイター

爆竹や花火の出番が多い「春節」

 結婚式や、会社の開業式などお祝いの時、爆竹を鳴らすことが好きな中国の人々。爆竹の音には、魔除けや幸運を呼ぶなどの意味があるとされています。中でも、家族が国内、世界中から集める春節期間中は、爆竹の出番が多くなります。(今年の春節公休日は1月27日~2月2日です)。

 爆竹はこんな感じで登場します。

(1)大晦日の家族だんらんの晩ご飯(年夜飯)の前に、爆竹!
(2)日付が変わった深夜0時直後に、爆竹!
(3)朝起きたら爆竹!
(4)5日目は財神を迎える日なので爆竹!
(5)春節中は休みがが多く結婚するカップルも多いので爆竹!
(6)春節が終わって会社やお店がスタートすると爆竹!
(7)15日目は春節の終わりを告げる元宵節だから、爆竹!

 爆竹の歴史は古く、1000年ほど前、宋王朝の名宰相である王安石(ワン・アンシ=1021~1086年)が次のような詩を詠んでいます。

「爆竹の音が鳴り響くなか一年が終わり、春風が暖かさを屠蘇の中に吹き込んでいる……」(「爆竹声中一歳除、春風送暖入屠蘇……」)

新年の財運を祈って鳴らされた大量の爆竹=2016年2月14日、遼寧省瀋陽市

新年の財運を祈って鳴らされた大量の爆竹=2016年2月14日、遼寧省瀋陽市

出典:ロイター

金運を表す「財」の字と爆竹を飾る若者たち=1997年1月31日、香港

金運を表す「財」の字と爆竹を飾る若者たち=1997年1月31日、香港

出典:ロイター

火災、騒音、PM2.5……

 そんな爆竹ですが、近代化が進んだ大都市になると、事情が変わってきました。

 まず、火災です。爆竹が引き起こす火災は毎年発生しています。今年も湖南省で爆竹が引き起こした火災が報道されています。また、爆竹の爆発でけがをして病院に行くことも少なくありません。

 そして、最近、問題視されているのは大気汚染です。爆竹は一度、鳴らされると、そのエリア全体で鳴り続けます。結果的にものすごい量の火薬が街中で爆発することになります。

 隣の家で爆竹が鳴ると、縁起のいい神様がそちらの家に行ってしまうのでは、という心理が働きます。なので、自分の家でも同じくらいの爆竹を鳴らして、ある種の「心の安定」を求めてしまうようです。

 ただ、都市部で集中的に爆竹が鳴ると、ものすごい量の煙が発生します。空気中のPM2.5が心配される現在、爆竹への視線は厳しくなっています。

 大気汚染だけでなく、生活にも影響を与えます。一晩中、大きな音が鳴り響くので、お年寄りや子どもの睡眠に影響を与えてしまいます。

北京のチベット寺院「雍和宮」で線香を焚き、新年の幸運を祈る人々=2009年1月26日、北京

北京のチベット寺院「雍和宮」で線香を焚き、新年の幸運を祈る人々=2009年1月26日、北京

出典:ロイター

違反すると、勾留・罰金

 その結果、最近では、春節期間中、爆竹の制限令を出したり、全面禁止する都市が増えています。

 今年の中国公安部の統計によると、中国全国では春節期間中、444の都市で爆竹と花火を禁止しています。そして764の都市が制限をしています。

 「禁止令」が出ている都市では、爆竹と花火が終日禁止されます。違反すると、勾留されたり罰金が課されたりする罰則があります。

 「制限令」が出ている都市では、時間と場所が指定されてます。

 中国の環境保護部が2月1日に発表したデータによると、上海・南京などでは、爆竹禁止令によって年越しの夜のPM2.5の数値が3年前より70~90%減ったそうです。

県政府による爆竹と花火の禁止令を伝える赤の横断幕

県政府による爆竹と花火の禁止令を伝える赤の横断幕

年越しの夜を祝う花火=2009年1月26日、北京

年越しの夜を祝う花火=2009年1月26日、北京

出典:ロイター

「歓迎」と「寂しい」

 こういう爆竹に対する禁止令に対して、中国の人々はどんな反応をしているのでしょうか。

 まわりの中国人に聞いてみると、賛成の声が目立ちました。

「きれいな空気が保てる」
「スモッグがひどくならない」
「年越しの夜が静かになり、眠れるようになった」

 反対意見は次のようなものでした。

「爆竹の音がないと、春節の雰囲気が感じられない」
「寂しい」
「伝統がなくなった」

新年の幸運を祈るため、巨大爆竹を鳴らす男子=2009年1月26日、安徽省

新年の幸運を祈るため、巨大爆竹を鳴らす男子=2009年1月26日、安徽省

出典:ロイター

大気汚染、爆竹だけでは…

 私の実家(浙江省嘉善県)も、ちょうど2017年1月1日から爆竹の禁止令が出されました。禁止令は主に市内だけだったので、年越しのタイミング(午前0時前後)は、郊外の農村部からの爆竹の音が聞こえてきました。

 ただ、近くの家で鳴らす人はいなかったので、寝られないほどの音ではありませんでした(正直、ほっとしました…)。

 家族や親戚の中には、爆竹を鳴らすことを「義務」に感じて、本当はしたくないのにやっていた人もいました。なので、禁止令によって手間が減ってむしろ喜んでいるようでした。

南アフリカの中国寺院で、爆竹の巨大な音から逃れようとし耳をふさぐ地元のミュージシャン=2006年2月12日

南アフリカの中国寺院で、爆竹の巨大な音から逃れようとし耳をふさぐ地元のミュージシャン=2006年2月12日

出典:ロイター

 これで空気も少しはきれいになるかな、と思いましたが、旧正月は1年に1回しかないので、爆竹や花火の影響はごく一部の原因に過ぎません。

 中国政府は爆竹禁止令の理由としてPM2.5の抑制をあげていますが、当然、爆竹だけで大気汚染が解決するわけではありません。現地では「工場や車の排気ガスなどスモッグの本当の原因を考えないと、環境はよくならない」という声も聞きました。

中国の風物詩「年越しの爆竹」
前へ
マニラのチャイナタウンで、龍舞と爆竹=2017年1月28日、マニラ
次へ
出典:ロイター
1/16
前へ
次へ

あわせて読みたい

月17万円でも苦しい…「理想の貧困」の誤解、家計簿でくつがえす
月17万円でも苦しい…「理想の貧困」の誤解、家計簿でくつがえす
国会議員が「時間配分」を気にする理由 「...
国会議員が「時間配分」を気にする理由 「...
「ポッキーじゃないほう」パッケージ、知名度が低すぎ…担当者の真意
「ポッキーじゃないほう」パッケージ、知名度が低すぎ…担当者の真意
勤労感謝の日だからこそ伝えたい、ニッポンの生産者のメッセージ
勤労感謝の日だからこそ伝えたい、ニッポンの生産者のメッセージ
PR
最大40個!ツイッターのサブアカいくつある...
最大40個!ツイッターのサブアカいくつある...
AI技術が描く未来社会 -4つの技術群でフカボリしてみる-
AI技術が描く未来社会 -4つの技術群でフカボリしてみる-
PR
「動物園の動物はオモチャじゃない!」 飼育員の勇気ある掲示に反響
「動物園の動物はオモチャじゃない!」 飼育員の勇気ある掲示に反響
「大してインスタ映えもしないので…」 博物館の注意書きが斬新すぎ
「大してインスタ映えもしないので…」 博物館の注意書きが斬新すぎ
グーグルも「脱ヒルズ」卒業していった“あの会社” 楽天・リーマン
グーグルも「脱ヒルズ」卒業していった“あの会社” 楽天・リーマン
「ネ裏」「ハトノス」って? 野球の撮影、...
「ネ裏」「ハトノス」って? 野球の撮影、...
古本にイチョウの葉「大切にされていた証し...
古本にイチョウの葉「大切にされていた証し...
【決定版】電車で痴漢に疑われない「三つの...
【決定版】電車で痴漢に疑われない「三つの...

人気

もっと見る