閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年01月27日

オルタナ・ファクトって何だ? 言葉の門番、トランプ政権にダメ出し

  • 21615

大統領就任式で演説するトランプ氏

大統領就任式で演説するトランプ氏

出典: ロイター

【ネットの話題、ファクトチェック】

 "alternative facts"(オルタナ・ファクト)。直訳すると「替わりの事実」という意味の言葉が今、ネット上で注目されています。きっかけは、アメリカのトランプ大統領就任式での、報道をめぐるいざこざ。政権側から、この言葉が飛び出しました。それに対し「替わりの事実はない」とダメ出しをしたアメリカを代表する辞書会社の投稿は、「言葉の門番」の"ダメ出し"として4万8千リツイートされました。トランプ政権の言葉を、私たちはどう読み解けばいいのでしょうか。ツイートをした辞書会社や専門家に聞きました。

観客少なかったのに……大統領報道官は「過去最多」

 1月20日にあった大統領就任式。観客数について米メディアが「過去最少だった」と報じたところ、トランプ政権が猛反発しました。ホワイトハウスの情報を一手に発信するスパイサー報道官は、根拠を示さぬまま「観客は過去最多だった」と述べました。

 スパイサー氏の発言について、米メディアは一斉に反論。2009年のオバマ大統領就任式の写真と比較して、報道官発言が虚偽であることを示しました。

大統領就任式の観客数が「過去最多だった」と述べたスパイサー報道官

大統領就任式の観客数が「過去最多だった」と述べたスパイサー報道官

出典: ロイター

大統領就任式の観客について、トランプ氏(2017年、左写真)とオバマ氏(2009年)を比較した写真。観客数がオバマ氏と比べて少ないことが分かる。

大統領就任式の観客について、トランプ氏(2017年、左写真)とオバマ氏(2009年)を比較した写真。観客数がオバマ氏と比べて少ないことが分かる。

出典: ロイター

 問題の言葉は、ここで登場します。報道官の発言後、米NBCテレビの討論番組「ミート・ザ・プレス」に出演したコンウェイ大統領顧問、選挙期間中は選挙対策本部長を務めた「大物側近」ですが、次のような発言をしたのです。

 司会「報道官はなぜ、ウソだとすぐにバレるような発言をしたのですか?」
 
 コンウェイ氏「ウソではなく、彼はalternative factsを示したのです」

 思わず、司会はこう切り返しました。

 「『替わりの事実』っていうけれど、『替わりの事実』は『事実』ではない。それはウソじゃないか」


出典:Meet the Pressに出演するコンウェイ大統領顧問(右)。"alternative facts"発言は2:01ごろ

ツイッター民たち皮肉 辞書会社もダメ出し

 この"alternative facts"という言葉に、ツイッターの利用者が激しく反応しました。政権を皮肉る意図も相まって、「ウソ」という意味で使われ始めています。日本語で「#オルタナファクト」というハッシュタグもできました。

 さらに、米国を代表する英語辞書「メリアム・ウェブスター」のツイッターアカウントが「事実とは実際に存在するもの、あるいは客観的に本当であるもの」とツイート。"alternative facts"という言葉を否定するものとして、4日間で4万8千回以上のリツイートを集めて、広がりました。




出典:メリアム・ウェブスターのツイッター。「事実」についての意味を記している。

 「言葉」の門番であるメリアム・ウェブスター社(マサチューセッツ州)。ツイートの真意を尋ねたところ、マーケティングディレクターであるメーガン・ランギ氏からメールで回答がありました。

 ランギ氏は「政権の発言に答える立場にはない」としつつ、こう答えてくれました。「多くの人がトランプ政権に対しての関心と怒りを持っている。だからこそ多くの言葉がトレンド入りして、私たちのツイートに対して幅広くリツイートされたのだろう」。

 メリアム・ウェブスター社では2010年から、ツイッターで話題になっている「言葉」の意味を示すツイートをしており、今回もその一環だったとのこと。

 トランプ氏に関する言葉だと他にも、"carnage"や"claque"という言葉についての意味も示しています。

 "carnage"は「殺戮(さつりく)の後の惨状」という意味で、就任演説でトランプ氏が使いました。"claque"は「さくら」という意味で、トランプ氏が米中央情報局(CIA)を訪れた際、実際に拍手をしていた職員は雇われた「さくら」だったという指摘がなされており、注目を集めているようです。

大統領就任式で演説するトランプ氏

大統領就任式で演説するトランプ氏

出典: 朝日新聞

情報の受け止め方は? 専門家に聞く

 誤った発言を「替わりの事実」と強弁する、トランプ政権高官。「今年の単語」として2016年、オックスフォード英語辞典が選んだ「ポスト・トゥルース」も頭に浮かびます。

 「真実の後」というこの言葉。客観的な事実よりも、感情に訴えることの方が影響力がある状況を意味しています。様々な情報が発信され、中には真意や出どころのはっきりしない発言やニュースも混じっている現代社会において、情報の受け止め方も難しい問題です。米国政治について詳しい前嶋和弘・上智大教授に聞きました。

 前嶋教授はまず、「アメリカではトランプ政権を称賛している『トランプ支持者』が多数いるのは事実。残念ながら政権は、ウソでもそれを言い続ければ、それが真実だと思わせることができると信じているのでしょう」と分析。「アメリカを含めた全世界で『ポスト・トゥルース』がはびこり、鳥肌が立つような怖さを覚えます」と、その危うさを教えてくれました。

トランプ大統領が署名した移民政策の大統領令に反対し、ホワイトハウス前に集結して抗議する人たち

トランプ大統領が署名した移民政策の大統領令に反対し、ホワイトハウス前に集結して抗議する人たち

出典: 朝日新聞

 また、人々の情報の取得の仕方についても「SNSが発達した現代社会で、我々は自分の好むニュースしか目にいれなくなりがちで、トランプ大統領はそこを上手に利用しています」と解説。「既存メディアへの信頼度が低下していて、メディアを攻撃すればするほど喜ぶことをよく分かって、『偽ニュース』とのレッテルを貼っています」と読み解いてくれました。

 「米国の状況は深刻で、人々がきちんとリテラシーを身につける必要があります」と話す前嶋教授。一方でそれは、私たち日本人にとっても同じことと指摘します。

 「政権でもメディアでも、発信した情報が本当に正しいのかを疑いましょう。可能な範囲で複数の事実と照らし合わせたり、ネットで検索したりするだけでも、全然違うかもしれません。できることから始めてみることが、リテラシーを身につける一歩です」

トランプ夫人、ボディコン風で就任式、「美しすぎる娘」の服装は?
前へ
大統領就任式で演説するトランプ氏
次へ
出典:朝日新聞
1/14
前へ
次へ

あわせて読みたい

病みつきになる人続出!授乳の時に現れる「...
病みつきになる人続出!授乳の時に現れる「...
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
PR
「ゲリラ豪雨」と「夕立」、何が違うの? 気象のプロに聞きました
「ゲリラ豪雨」と「夕立」、何が違うの? 気象のプロに聞きました
大人の自由研究! 「ボールペン1本のインク...
大人の自由研究! 「ボールペン1本のインク...
森の動物にエサを与えないで 1本のソーセージが招いたヒグマの最期
森の動物にエサを与えないで 1本のソーセージが招いたヒグマの最期
紺のハイソ・メンズのカーデ…懐かしの「JKイラスト」作者の正体は
紺のハイソ・メンズのカーデ…懐かしの「JKイラスト」作者の正体は
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
PR
芸人・酒井藍の「後輩力」 30歳で座長「先...
芸人・酒井藍の「後輩力」 30歳で座長「先...
悔しそうな発泡酒、説明文の真意は? メーカー「削除を予定」
悔しそうな発泡酒、説明文の真意は? メーカー「削除を予定」
イジメは脳が傷つくからダメ…!? 「科学」を使う道徳授業ってアリ?
イジメは脳が傷つくからダメ…!? 「科学」を使う道徳授業ってアリ?
大学喫煙所に「放置タバコ空箱ランキング」清掃職員のコメントが秀逸
大学喫煙所に「放置タバコ空箱ランキング」清掃職員のコメントが秀逸
紙袋に札束!同胞の爆買いに中国人ガイドは…「時給1200円、私は私」
紙袋に札束!同胞の爆買いに中国人ガイドは…「時給1200円、私は私」

人気

もっと見る