MENU CLOSE

話題

24443

「きのこ・たけのこ論争」にオセロで白黒を! 異例の企画に明治は…

明治のロングセラー菓子「きのこの山」「たけのこの里」のオセロが発売されました。

オセロになった「きのこの山」(左)と「たけのこの里」  (C)meiji TM&(C)othello,Co.and MegaHouse
オセロになった「きのこの山」(左)と「たけのこの里」 (C)meiji TM&(C)othello,Co.and MegaHouse 出典: メガハウス提供

目次

【ネットの話題、ファクトチェック】

 明治のロングセラー菓子「きのこの山」「たけのこの里」。どちらがおいしいかを巡って「きのこ派」「たけのこ派」に分かれて論争になることがしばしばありますが、文字通り「白黒つける」べく、オセロゲームが発売されました。発表直後からネット上で話題になっているこの商品。企画したバンダイの子会社と、製品化を許可した明治に話を聞きました。

これが「きのこの山 VS たけのこの里 オセロ ゲーム3」
これが「きのこの山 VS たけのこの里 オセロ ゲーム3」 出典: メガハウス提供

ほぼ原寸大


 18日に発売された「きのこの山 VS たけのこの里 オセロ ゲーム3」(税込み2138円)。3とありますが第3弾というわけではなく、ひとつの商品でオセロ・はさみ将棋・四目並べの3つのゲームが楽しめることから名付けられました。

 オセロ石の代わりに、「きのこの山」「たけのこの里」の菓子を再現した立体の駒を採用。それぞれの土台部分を連結して一つの駒として使いますが、ボードには穴が開いているので立体でも裏返せるようになっています。

 本家の菓子はチョコ部分が2層になっていますが、駒のチョコ部分も色分けすることで再現。サイズもほぼ原寸大で、リアルさにこだわっています。

ほぼ原寸大の駒
ほぼ原寸大の駒 出典: メガハウス提供

明治も快諾


 企画したのはバンダイの子会社「メガハウス」(東京都)。オセロの商標権を持っている会社です。きのこ・たけのこのオセロゲームを企画した理由について、広報担当者はこう説明します。

 「どっちが好きかとよく話題になる人気のお菓子で、社内でも話題になることがありました。それならばオセロでわかりやすく対決させることで、白黒つけて楽しめないかということになったんです」

 明治に企画を持ち込んだところ快諾してもらい、商品化が決まったそうです。明治の広報担当者は「当社のロングセラーブランドを幅広く、多くの方に触れていただける機会になると思い快諾しました。お菓子と違って何度も触れていただいても溶けませんしね」と話します。

パッケージはこんな感じです
パッケージはこんな感じです 出典: メガハウス提供

贔屓してない?


 オセロのように白黒ではなく同色のチョコ同士のため、少し見分けが付きにくいですが、土台部分にシールを貼ることで区別しやすくしています。

 駒を並べてみると、たけのこの方がやや目立つ気もしますが、「制作するにあたって何度もきのこ・たけのこを食べながら検討しました。どちらかを贔屓(ひいき)しているということはありません」とメガハウスの担当者。

 「かわいらしさにこだわったオセロです。みなさんがよく知っているお菓子で、わかりやすいルールで楽しめますので、気軽に遊んでもらえたらうれしいです」と話しています。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます