MENU CLOSE

話題

28104

現代アートと思いきや… 竹橋駅、タイル劣化が生み出した「壁画」

東京メトロの竹橋駅に「アート作品が現れた」と話題になっています。

ホームの壁のあちこちにテープが=東京メトロ竹橋駅
ホームの壁のあちこちにテープが=東京メトロ竹橋駅

目次

 東京メトロの竹橋駅に「アート作品が現れた」と話題になっています。壁面にピンクや緑のテープが貼り付けられ、増えるに従って作品のように見えるのです。まるで、ニューヨークの地下鉄駅にグラフィティアートを描いたキース・ヘリングの作品のようにも見えますが、いったい誰が何のために作ったのでしょうか? 話を聞きました。

地図のようにも見えますが
地図のようにも見えますが

東京メトロに聞きました


 ホームの壁面や通路など、至る所に貼られたピンクと緑のテープ。幾何学模様やドット絵、はたまた地図など、いろいろな見方ができます。

 昨年11月以降、日を追うごとに増えたというこのテープ。いったい誰が何のために貼り付けているのか? 東京メトロの広報担当者に聞いたところ、理由を教えてくれました。

 「2月2日から壁のリニューアル工事が始まるんです。その事前調査のために我々の方で貼ったものですよ」

緑色のテープもある
緑色のテープもある

色の違いの理由は


 竹橋駅では2月2日から来年11月中旬にかけて壁の改装工事を実施します。現在の壁はタイル張りになっているため、浮き出た部分などに確認の印をつける意味で、テープを貼っているのだそうです。色の違いについては、タイルの浮き具合などによって変えているそうです。

 この理由がツイッターで明らかになると、「結末はちょっと残念」「でも、キース・へリングぽくてかっこいい」「劣化したタイルが生み出したアートだ」といった反応が寄せられています。

 東京メトロの担当者は「リニューアル後は皇居の内堀や石垣などをイメージしたデザインに変わります。工事期間中はご不便をおかけしますが、ご期待ください」と話します。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます