MENU CLOSE

コラム

28559

日本にカジノ!パチンコあるけど…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く

漫画家・吉谷光平さんがカジノについて描きました。

漫画「カジノ」の一場面=作・吉谷光平さん
漫画「カジノ」の一場面=作・吉谷光平さん

 カジノが日本にできたらどうなる? ツイッターに投稿した漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題になった漫画家・吉谷光平さんが描きました。

漫画「カジノ」=作・吉谷光平さん
漫画「カジノ」=作・吉谷光平さん
 カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す議員立法の「カジノ解禁法」が国会で成立しました。
漫画「カジノ」の一場面=作・吉谷光平さん
漫画「カジノ」の一場面=作・吉谷光平さん
 この法律は、カジノ、国際会議場、宿泊施設など統合型リゾートの整備を推進するための基本法です。施行後1年以内を目途に、規制基準や必要な対策を盛り込んだ実施法案の策定を政府に義務づけています。
漫画「カジノ」の一場面=作・吉谷光平さん
漫画「カジノ」の一場面=作・吉谷光平さん
 賭博罪の例外を認めるための制度設計や資金洗浄(マネーロンダリング)対策などを政府に委ねるため、野党は「丸投げ法案」と批判。参院の修正で、政府が講じるべき措置としてギャンブル依存症対策が明記されました。
漫画「カジノ」の一場面=作・吉谷光平さん
漫画「カジノ」の一場面=作・吉谷光平さん
 競馬、競輪などは公営競技、パチンコは賭博でなく「遊技」とされていますが、依存症が問題になっています。公営競技と異なり、民間業者が営むカジノをどんな論理で賭博罪の例外にするのか? やはり民営のパチンコは「脱法」のギャンブルでいいのか? こうした難題が積み残されたままになっています。
漫画「カジノ」の一場面=作・吉谷光平さん
漫画「カジノ」の一場面=作・吉谷光平さん

 【よしたに・こうへい】 26歳の漫画家。サラリーマン生活や漫画家アシスタントなどを経て、月刊スピリッツの「サカナマン」でデビュー。現在は月刊ヤングマガジンで「ナナメにナナミちゃん」を連載中。ツイッターで公開した2ページ5コマの漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題に。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます