MENU CLOSE

話題

25308

「1日を50円」で売る東大生vs「1部50円」の夕刊、どっちがお得?

修学旅行生に囲まれながら、「童貞」と書かれたTシャツを着て、東大・赤門前でかっこよく新聞を読む高野りょーすけさん
修学旅行生に囲まれながら、「童貞」と書かれたTシャツを着て、東大・赤門前でかっこよく新聞を読む高野りょーすけさん

目次

新聞は、夕刊を50円、朝刊を150円で販売しています。ネットで情報が無料に手に入る時代、ちょっと高いんじゃないの?という意見、いやいや新聞1紙には新書1冊分の情報量があるのに安すぎる、などと言われています。そこで、人気ブロガーで、自身の1日を50円で売る東京大学の学生に、東大生と夕刊、どっちがお得かを聞いてみました。

「東大生の1日を50円で買ってください」

出典:高野りょーすけとブログ

東京大学2年の高野りょーすけさん(20)は東大に入学した後、勉強以外に取りえがない自らに嫌気がさし、ネットに自分の居場所をつくろうと、今年1月からブログを始めました。あえて留年し、ネタづくりのため、自分の1日を50円で販売することに。

ちなみに、1日を50円で売るというのは、芸人の小谷真理(こたに・まこと)さんのアイデアに触発されたそうです。50円という金額は小谷さんが利用していた落札サイトの最低額です。

――では、50円エピソードを聞いていきましょう! 新聞よりも有意義なのか!!

 「いまでこそ、多いときはひと月30件くらいの依頼がありますが、最初は全然なかったんです。たくさん依頼が来るようになったのは、彼との出会いがきっかけです」

発達障害の子と数学談議

「発達障害のお子さんがいるお母さんから連絡がありまして、『ぜひ、息子と数学の話をしてほしい』と。行って驚きました。小学3年生の男の子が、『フェルマーの定理』について聞いてくるんですよ」

出典:うちの子流~発達障害と生きる

――いちおう私も大学を卒業していますが、ちんぷんかんぷんです。

「中学生のころから数学が大好きだったんで、これまでに得た雑学とかを披露しました。男の子は『モンティ・ホール問題』の話に興味をもって、一生懸命に聞いてくれたのが印象に残っています」

――それで、50円の対価として、男の子に何かを渡すことができましたか?

「うーん、男の子の世界観に理解を示してくれる人がいるって、男の子にわかってもらえたことかな。なんだろ、僕のほうが得たものは大きかったかも」

「男の子との数学談義について書いた僕のブログを見た人が、発達障害のお子さんと、その子が興味を示す分野の専門家をつなぐサービスを始めました」

発達障害児の孤独を無くし、才能を伸ばすWEBサービス「Branch(ブランチ)」 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

――えっ! 自分のブログがきっかけで新しいシステムができたってこと? すごい。

東大生1日分=夕刊1部
東大生1日分=夕刊1部

ニューハーフのお姉さんとデート

――ほかには?

「ニューハーフのお姉さんとデートしました。僕も相手も、生まれて初めてのデートです。 デート中、LGBTやそのほかの性的少数者の人たちは、13人に1人の割合でいると教えてもらいました。お姉さんは僕の倍の人生を知っている。性と生、どちらの意味でも、何倍もおおらかなひとだなあと思いました 」

若さをプレゼント

――お姉さんは50円で何を得たのでしょう?

「若い男の子とデートしたかったっていうから、そういう意味で若さ?なのかなあ。楽しんではもらえたとは思うのですが」

――若さ、50円かあ。

「あと、ブログの中で、LGBTの人たちがなぜソフトバンクを買うのかや、LGBT業界がキャバクラやAV業界の2倍超の市場があることを書きました。LGBTの理解の助けに少しでもなればと思っています」

――なにそれ、読みたい。社会問題を当事者の目線で切り取る。ジャーナリズムを感じる。

東大生2日分=夕刊2部
東大生2日分=夕刊2部

自殺未遂者の人生相談

――なんて有意義な時間を50円で提供しているんだ! もっとわけのわからない依頼とかないの?

「あ、『俺が自分のイタい半生を悶絶と恍惚と共に語りたいから、インタビュアー兼ツッコミ役になれ、コノヤロー』という依頼がありました」

――うわ、危なそう。それで行ったの?

「生きづらい社会を打破したい」

「はい。その人は、生きづらい社会を打破するため、学術結社「世界狂人会」というのをつくったと。それについて話したいようでした。聞くと、10年以上前の自殺未遂がきっかけのようでした」

「駆け落ち同然で結婚した人と、ささいなことでケンカして、彼女のマンションの3階から飛び降りた。だけど、腰を打っただけで、意識はあって、はいずりながら彼女の元へ。そのとき、彼を見下ろす彼女の目が印象的で忘れられない――と語っていました。結局、入院中に離婚届を突きつけられたそうです」

「ブログを通じて自分の存在を知ってほしい」

――彼はただ、愚痴を聞いてもらいたかっただけなのかな?

「自分の存在を世の中に知ってほしいと思っていたのではないでしょうか。僕のブログを通して、自分のように息苦しいと感じている人に届けたかったのかな」

――小さな声に耳を傾ける、という感じだよね。見習わないと。

東大生3日分=夕刊3部
東大生3日分=夕刊3部

発信力、かないませんよ

――50円でずいぶん立派なことをしてますね。

「そんなことはないです。僕のは1人がやってることですが、新聞っていうのは記者全員がそういう風に記事を書いてるんじゃないですか」

――そのつもりです。

「それに、1日2回、これだけの情報を出しているのはすごいことだと思いますよ。僕のブログなんかの少ないPVよりも、朝日さんは毎日600万部以上を発行して、たくさんの読者がいるじゃないですか。発信力、かないませんよ」

得意の「死んだ魚の目」で新聞を読む高野さん
得意の「死んだ魚の目」で新聞を読む高野さん

――ありがとう(涙目)。ジャーナリストとして初心に戻れたように思います。良い気持ちになったので、私にも50円払わせてください。

大事なものは守るけど

「でも、何かを与えてあげられている、と思うことばかりでもないです」

――と、言いますと?

「僕、童貞なんですけど、依頼者様に『童貞が世の中を乱している。だから、私と今夜どう?』と言われたときは、さすがにお断りしました」

高野さんは「ハロウィンの渋谷、Tシャツに『童貞』と書くだけで1番目立てる定理」を発表し、ネットで話題になった人でもあります
高野さんは「ハロウィンの渋谷、Tシャツに『童貞』と書くだけで1番目立てる定理」を発表し、ネットで話題になった人でもあります 出典:【画像大量】ハロウィンの渋谷、Tシャツに「童貞」と書くだけで1番目立てる定理

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます