閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年11月11日

私は日本人じゃないのか… 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く

  • 26426

漫画「ハーフ」の一場面=作・吉谷光平さん

漫画「ハーフ」の一場面=作・吉谷光平さん

 私は日本人ではないのか……。ツイッターに投稿した漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題になった漫画家・吉谷光平さんが、両親のどちらかが外国出身のいわゆる「ハーフ」について描きました。

漫画「ハーフ」=作・吉谷光平さん

漫画「ハーフ」=作・吉谷光平さん

 両親のどちらかが外国出身のいわゆる「ハーフ」の子どもは、国内では新生児の50人に1人にあたる年間約2万人が誕生しています。

漫画「ハーフ」の一場面=作・吉谷光平さん

漫画「ハーフ」の一場面=作・吉谷光平さん

 東京都在住のコラムニスト、サンドラ・ヘフェリンさんもルーツが日本とドイツで、日本人なのに外国人として扱われ、悩んできた一人です。

漫画「ハーフ」の一場面=作・吉谷光平さん

漫画「ハーフ」の一場面=作・吉谷光平さん

 著書では、あえて「ハーフ」という言葉を使っています。「例えばハーフを『ダブル』と言い換えることもできますが、それは『二つ』や『二倍』という意味。日本だけで生まれ育った人たちにとっては、『ダブル』の言葉は重荷になる。伝わりやすく、より適切な言い換えができないのが現状です」

漫画「ハーフ」の一場面=作・吉谷光平さん

漫画「ハーフ」の一場面=作・吉谷光平さん

 朝日新聞の取材に対し、サンドラさんは「苦労もあるけど、ハーフでアンハッピーと思ったことはない」と話し、これからも日本に根付いて暮らしたいと思っています。「私、街で道を聞かれるとすごくうれしいんです。あ、特別視されてないんだって」

漫画「ハーフ」の一場面=作・吉谷光平さん

漫画「ハーフ」の一場面=作・吉谷光平さん

 【よしたに・こうへい】 26歳の漫画家。サラリーマン生活や漫画家アシスタントなどを経て、月刊スピリッツの「サカナマン」でデビュー。現在は月刊ヤングマガジンで「ナナメにナナミちゃん」を連載中。ツイッターで公開した2ページ5コマの漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題に。

漫画「ハーフ」=作・吉谷光平
前へ
漫画「ハーフ」(1)
次へ
出典:作・吉谷光平
1/187
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る