閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年11月02日

てんや、奇抜「肉天丼」に秘めた戦略 社長「うまいならそれでいけ」

  • 21648

てんやの「肉天丼シリーズ」=テンコーポレーション提供

てんやの「肉天丼シリーズ」=テンコーポレーション提供

 ローストビーフ天丼、Wハンバーグ天丼・・・。天丼チェーン「てんや」が、さまざまな肉料理をアレンジした「肉天丼シリーズ」を次々と売り出しています。魚介類や野菜が定番なはずの天丼に、からりと揚がった肉料理がのっている姿は、かなりのインパクト。どのような狙いで商品開発をしているのか、社長に聞きました。

独創的なメニューずらり

 「肉天丼シリーズ」は一年中、商品を入れ替えながら販売されています。昨年からの代表的なメニューを見ると

・牛タンとろろ天丼
・ダブルチーズ鶏天丼
・Wハンバーグ天丼
・ローストビーフ天丼
・ポークロース生姜だれ天丼

 と、独創性あふれたメニューが並びます。

10月まで販売されていた「黒マヨ鶏天丼」

10月まで販売されていた「黒マヨ鶏天丼」

 10月26日まで販売されていた肉天丼シリーズの「黒マヨ鶏天丼」を、都内の店舗で食べてみました。鶏天2枚や野菜の天ぷらが盛られた天丼に、黒酢ベースのタレとマヨネーズがたっぷり。家庭料理でも外食でも、かつて見たことの無いビジュアルです。

 しかし食べてみると、さっくりした鶏天にマヨ味がよく合い、ご飯がすすみます。「普通の天丼」のイメージを忘れてみると、「これはこれであり」という気持ちになってきます。

Wハンバーグ天丼とローストビーフ天丼

Wハンバーグ天丼とローストビーフ天丼

牛タンや豚肉の生姜焼きも

 てんやを運営するテンコーポレーションの用松(もちまつ)靖弘社長は「肉天丼は覇道の商品。王道の天丼とは位置づけが違う。開発部門には自由にやっていいと言っている」と話します。

 ターゲットは若い男性客。その背景には「明らかに若い人が、天ぷらを食べなくなっている」という危機感があるといいます。

 てんやは1989年創業。500円前後の手頃なワンコイン天丼を武器に、国内外193店舗まで拡大してきました。2015年の売上高は、前年比12億円増の129億円。

 成長の原動力となったのは、景気回復で活発に外食をするようになったシニア世代です。てんやの来店客は50代以上が半数を占め、そのうち60代以上が3割前後にのぼります。

 中高年からの人気は強みであり、将来への不安材料でもあるといいます。用松社長は「家庭でも、調理に油を使う天ぷらが作られなくなっている。そうなると外食でも天丼店が選択肢に入ってこない。王道ではなくても、今の若者に食べてもらえる商品を生み出していく必要がある」。

テンコーポレーションの用松靖弘社長=瀬戸口翼撮影

テンコーポレーションの用松靖弘社長=瀬戸口翼撮影

揚げてみないと分からない

 ただメニュー開発には、特有の難しさもあるといいます。

 同社の研修センター(東京・台東区)のキッチンには、店舗と同じ独自開発したベルトコンベヤー式のオートフライヤー(天ぷら自動揚げ機械)がそなえてありました。

 衣を絡めた鶏肉を網に乗せると、ぱちぱちと音を立てて自動的に油の中へ入っていきます。揚げ時間は約2分。きれいに「華が咲いた」状態の鶏天が機械の逆側から出てきました。

てんやのオートフライヤー。からりと揚がるよう工夫されている

てんやのオートフライヤー。からりと揚がるよう工夫されている

約2分で天ぷらができあがる

約2分で天ぷらができあがる

 オートフライヤーの揚げ時間や油の温度は、常に一定に保たれています。肉類を揚げてみて、おいしいかどうかはやってみないと分かりません。

 「少し意外性はあるんだけど、おいしくないと駄目。その落とし込みが難しい」と用松社長。

 昨年春に発売した「牛タンとろろ天丼」は、天丼にとって未知の食材である牛タン(牛の舌)の処理に苦心しました。

 先端6センチは揚げても堅くて使えないことがわかり、除去。さらに「薄すぎるとかみ切れるけど、味がしない。厚くすると味はあるけど、かみ切れない」(開発担当者)。試作を重ねた結果、厚さ3ミリが揚げてもっともおいしいと突き止めました。

うまいなら、それでいけ

 今年4月に発売した「Wハンバーグ天丼」は、ハンバーグ天2枚に添える半熟玉子まで天ぷらに。半熟玉子天は2011年にも商品化しましたが、油の中で破裂したり、揚げた後に割れてしまったり。魚介類や野菜ではありえない苦労が続きました。

 そのため今回は、代わりに卵焼きやチーズの天ぷらをのせることも検討しましたが、用松社長の「半熟玉子が一番うまいんやろ。それなら、それでいけ」の一言で再登場が決まりました。揚げる際に割れないコツをマニュアル化して、店舗での大量販売を乗り切ったといいます。

てんやの店舗=東京都台東区

てんやの店舗=東京都台東区

チーズやキムチは失敗

 一方、ボツになったアイデアも多数あります。

 今年、用松社長が社内で一押しした食材は煮込みやカレーにも使われる「牛すじ肉」。しかし、実際に揚げてみると、食感が堅く商品化できませんでした。

 プロセスチーズは何回試作しても、油の中で溶けて衣だけに。キムチも揚げてみましたが、衣のタネへのにおい移りなどの課題が解決できませんでした。

 現在、肉天丼の販売数はメニュー全体の1割以下。ですが用松社長は、次世代に天ぷらの食文化をつなぐ重要な商品だと強調します。定食など別の形に切り替える予定もないそうで、「一杯の丼の中で工夫をし、磨き上げることで独自の魅力を出していきたい」と話しています。

斬新?奇抜?「肉天丼シリーズ」の歴代商品
前へ
ポテサラ鶏天丼=テンコーポレーション提供
次へ
1/17
前へ
次へ

あわせて読みたい

社畜が輝く、親子の絆! ブラック企業での苦労が報われる漫画に反響
社畜が輝く、親子の絆! ブラック企業での苦労が報われる漫画に反響
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
六花亭が『いつものアレ』発売 どんな菓子なの?商品名の由来は?
完璧過ぎる「宝塚系男子」 殻を破って見つけた「キラキラな世界」
完璧過ぎる「宝塚系男子」 殻を破って見つけた「キラキラな世界」
「アレもコレも…」ホントに“自分”にしかでき...
「アレもコレも…」ホントに“自分”にしかでき...
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
PR
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
PR
「間違った投票をしたくない」は正しい? 選挙に行かない若者の言い分
「間違った投票をしたくない」は正しい? 選挙に行かない若者の言い分
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
解散総選挙「衆院だけ」にある理由 最も強...
政治家の不倫、本音では…「熱心な投稿」から...
政治家の不倫、本音では…「熱心な投稿」から...
ベーシック・インカムって何? 働く人が「損」にならない理由
ベーシック・インカムって何? 働く人が「損」にならない理由
「韓国は恥ずかしい国」と言われ…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「韓国は恥ずかしい国」と言われ…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
夫婦別姓で暮らしたい 国会議員に「手紙作戦」で訴える事実婚女性
夫婦別姓で暮らしたい 国会議員に「手紙作戦」で訴える事実婚女性

人気

もっと見る