閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年10月25日

ベトナム、驚きの「インスタント麺大国」 人気は“かやくマシマシ”

  • 5291

ベトナムで販売されている即席麺

ベトナムで販売されている即席麺

 ベトナムは世界屈指の即席麺大国です。最近は、経済成長で豊かな中間層が増えた結果、これまで売れていた袋麺からカップ麺に人気がシフトしています。ベトナムの国民的インスタント麺として有名な「ハオハオ」は、日系企業の製品。市場の変化が激しい中、ベトナムでは国民食「フォー」をはじめとしたベトナム料理風の麺のみならず、キムチ入りラーメンやうどんなど、ユニークな商品が売られています。

実は、世界4位の即席麺大国

 世界ラーメン協会(World Instant Noodles Association)によると、ベトナムでの即席麺の総需要は世界で4番目の多さです。2015年は48億食と、世界の総需要の5%を占めたそうです。人口は約9170万人(15年)で、1人あたり年間50食以上食べた計算になります。

 ちなみに、1位は中国(香港を含む)で、404億3千万食。2位のインドネシアは132億食で、3位の日本は55億4千万食でした。

ベトナムで販売されている即席麺。ラーメンのほかにベトナムの国民食「フォー」やうどんなどもあります。

ベトナムで販売されている即席麺。ラーメンのほかにベトナムの国民食「フォー」やうどんなどもあります。

出典: 朝日新聞

日本メーカーが商品投入

 現地の即席麺市場では、日本の食品メーカーが高いシェアを占めています。シェア5割超を誇るのが、エースコック(本社・大阪)の現地法人であるエースコックベトナムです。

 同社は7月、新たなカップ麺「ハンディハオハオ」を売り始めました。これまでよりも肉や野菜などのかやくの量と質を充実させています。価格は8千ドン(約36円)と、3500ドン(約16円)程度の袋麺の倍以上します。最大の都市ホーチミンや首都ハノイなどの都市部で売り始め、10月からは販売網を全国に広げるそうです。

エースコックベトナムの「ハンディハオハオ」=ホーチミン、伊藤弘毅撮影

エースコックベトナムの「ハンディハオハオ」=ホーチミン、伊藤弘毅撮影

出典: 朝日新聞

 ベトナムの南部に位置するホーチミン。その中心部から車で40分ほどの工業団地に、エースコックベトナムの「ホーチミン第2工場」はあります。

 建屋に入ると、麺を揚げる油と魚醬の香りが漂っていました。三つある製造ラインのうち、一つがカップ麺専用です。このラインではハンディハオハオなどのカップ麺を、年間で最大1億8千万食つくる能力があるそうです。

 来年には、ベトナム北部にも新たなカップ麺の製造ラインをつくるそうです。

エースコックベトナムの工場=ホーチミン、伊藤弘毅撮影

エースコックベトナムの工場=ホーチミン、伊藤弘毅撮影

出典: 朝日新聞

「ハオハオを知らない人はいない」

 エースコックベトナムの主力商品は、2000年に発売した袋麺の「ハオハオ」です。ベトナムに進出した1995年ごろ、市場で売られていたのはタイ料理の「トムヤンクン」味などがほとんどで、必ずしもベトナム人の好みにあったものではなかったそうです。現地風の味付けにしたハオハオを売り出したところ、大ヒットしました。

 いまでは「ハオハオを知らない人はいない」といわれるほど浸透していて、国内で売れる即席麺の三分の一を占めるそうです。

 国内の即席麺総需要は13年にピークの52億食を記録した後、2年続けて減りました。ベトナムでは年5~6%台の経済成長が続いていて、国民1人当たりのGDP(国内総生産)は15年前の5倍に伸びました。都市部を中心に中間層が増え、食の好みも多様化しました。

 ファストフード店やコンビニエンスストアが続々とでき、生活スタイルは一変。その結果、即席麺も、袋麺より手軽に食べられるカップ麺の需要が伸びつつあるそうです。

 エースコックベトナムの梶原潤一社長は「ホーチミンでは、袋麺よりもカップ麺が売れる店が出てきた。これまでは考えられなかったことだ」と話しました。同社は17年中に、即席麺に占めるカップ麺の販売比率を現在の2%から5%に高める計画を掲げています。

エースコックベトナムの梶原潤一社長=ホーチミン、伊藤弘毅撮影

エースコックベトナムの梶原潤一社長=ホーチミン、伊藤弘毅撮影

出典: 朝日新聞

「カップヌードル」は高級路線

 ライバル各社も、味や具材にこだわったカップ麺を売り込んでいます。日清食品ホールディングスは7月に、日本でも親しまれている「カップヌードル」を現地で発売しました。価格は約1万2千~1万5千ドン(約55~68円)と高いですが、中間層向けに需要を掘り起こす狙いです。

 韓国や現地のメーカーも、カップ麺を相次いで売り出しています。

 ホーチミンやハノイにあるスーパーやコンビニエンスストアを訪ねると、多種多様なカップ麺が棚を埋めていました。

ホーチミンのコンビニエンスストアで買った、日清食品ホールディングスの「カップヌードル」

ホーチミンのコンビニエンスストアで買った、日清食品ホールディングスの「カップヌードル」

出典: 朝日新聞

即席麺市場は今後も伸びそう

 日本貿易振興機構(ジェトロ)ハノイ事務所の川田敦相所長は「ベトナムはいまも人口が増え、農村部も豊かになりつつある。消費を拡大するチャンスはある」と指摘します。環太平洋経済連携協定(TPP)にも参加しており、発効すれば即席麺の輸出拠点になる可能性もありそうです。

 エースコックベトナムはいまも米麺などを、北米や欧州など世界40カ国以上に輸出しています。買っているのは、主にベトナム系の移民だそうです。

 同社は今後3年で、売り上げに占める輸出の割合を今の8%から20%に高める方針です。欧米を中心にヘルシーな印象をもたれている米麺の売り込みを強化し、移民以外にもファンを増やす考えです。

エースコックベトナムの梶原潤一社長は朝日新聞のインタビューで、米麺の欧米などへの輸出を強化し、今後3年で売上高に占める輸出の割合を全体の2割に高める方針を示した。

出典:朝日新聞デジタル「かやく入りは充実のアピール ベトナムのカップ麺事情」

謎肉10倍のカップヌードル発売
前へ
カップヌードルビッグ”謎肉祭”肉盛りペッパーしょうゆ」
次へ
出典:日清食品提供
1/40
前へ
次へ

あわせて読みたい

鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
PR
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
PR
ママチャリ、なぜ定番に?
ママチャリ、なぜ定番に?
Q&A
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール

人気

もっと見る