閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年10月03日

CG女子高生「Saya」ついに動く! 超リアル“えくぼ”に引き込まれる

  • 163197

公開された新バージョンのSaya(ディスプレーに表示されたものを撮影しています)

公開された新バージョンのSaya(ディスプレーに表示されたものを撮影しています)

 昨年秋に発表され、実写と見分けがつかないリアルさで話題を呼んだ、CG女子高生「Saya」。その最新バージョンが国内最大の家電・情報技術の見本市「CEATEC JAPAN」で公表されました。リアルさがさらに進化し“えくぼ”も再現。そして、なんと振り返って笑顔を見せる動画まで登場しました。超高精細な「8K」ディスプレーに表示されたSayaを、間近で見つめてきました。

表情がより自然に

 3日、プレス向けに公開されたシャープのブース。幅1.9メートルの8Kディスプレーには、鮮やかな青いワンピースを着た「Saya」が表示されていました。廃墟のような建物の中で、笑顔でたたずんでいる静止画です。昨年秋に公表されたものより、さらに表情が自然になっています。

 Sayaを制作したCGアーティストの石川晃之さんと友香さん夫妻は「旧バージョンの印象から大きく離れず、かつ、より人間的な印象へと近づけるため、全てのパーツや顔の造形を見直し調整しました」といいます。

 4Kディスプレーの4倍の解像度を持つ、8Kディスプレーに表示することで、まるで実在の人物を見ているような存在感があります。

 試しに望遠レンズで接写して見ましたが、本物の風景を撮っているように感じます。

望遠レンズで画面を拡大して撮影

望遠レンズで画面を拡大して撮影

ふ、振り返ったぞ・・・

 さらに画面を見ていると、今度は奥に美しい海が見える真っ白な部屋にSayaが立っています。

 横顔を見せていたSayaが、部屋の奥を向いたかと思うと…

 自然な動きでこちらに振り向いて・・・

 にっこりと笑顔を見せました。

VR動画の制作も計画

 わずか15秒の動画ですが、静止画で見せたリアルさそのままに、自然な動きを見せています。

 石川さん夫妻は「表情や動きをつける段階になったため、目や口周りの造形を見直しました。動いたときの表情やしぐさが、より自然な印象に近づけることに困難さを感じており、繰り返しテストをして反復修正をしている所です」と、さらなる改善を進めています。

 今後は2分程度の長さを目指して新たな動画をつくるほか、ゴーグル型の視聴装置でSayaと同じ空間にいるように感じられる「VR(仮想現実)動画」も制作する予定です。
 

なぜシャープがコラボ?

 シャープによると、今回展示している8Kディスプレーは放送事業者などに限定販売していますが、もしも市販すると価格は1600万円にもなるそうです。

 しかし4Kテレビと同様、価格が下がり、普及が進むとさまざまな用途が考えられるといいます。

 シャープの担当者は「例えば工業製品のCGを実寸大で表示させれば、実物を作らなくても、ゆがみに気づくことができる。画面の精細さを生かして、あらゆるデザインの現場での活用が期待できます。非常に緻密に作られたSayaを映し出すことで、そうした可能性を伝えられれば」と話しています。

 「CEATEC JAPAN」は千葉市の幕張メッセで開催。4日から7日まで一般公開されます。

「Saya」の新バージョン、う、動くぞ・・・
前へ
公開されたSayaの動画。横顔から・・・
次へ
1/25
前へ
次へ

あわせて読みたい

ぬいぐるみ買ったら店員が一斉に大きなかけ声で… 京都水族館に聞く
ぬいぐるみ買ったら店員が一斉に大きなかけ声で… 京都水族館に聞く
ツリーが見られない子どもたち…病気と闘う「...
ツリーが見られない子どもたち…病気と闘う「...
【成人の日特集-★大人をはじめよう。】田中将大が語る“大人”とは
【成人の日特集-★大人をはじめよう。】田中将大が語る“大人”とは
PR
左利きの私、母が矯正しなかった理由は… 感謝の思いを込めて漫画に
左利きの私、母が矯正しなかった理由は… 感謝の思いを込めて漫画に
NEW
「値踏み」された48歳が父からもらった言葉 夜廻り猫が描く婚活
「値踏み」された48歳が父からもらった言葉 夜廻り猫が描く婚活
AIRWALKのシャカシャカパンツ「まだ本気出していない感」の呪縛
AIRWALKのシャカシャカパンツ「まだ本気出していない感」の呪縛
ローソン「悪魔を制覇して」 おにぎりに続き“悪魔のパン”など追加
ローソン「悪魔を制覇して」 おにぎりに続き“悪魔のパン”など追加
一発屋・髭男爵「死んだ」「消えた」後に見つけた「もの書き」の道
一発屋・髭男爵「死んだ」「消えた」後に見つけた「もの書き」の道
憧れの子と成人式で再会! 「やっぱり好き…」からの悲しすぎる展開
憧れの子と成人式で再会! 「やっぱり好き…」からの悲しすぎる展開
歌舞伎とICTが融合 舞台で超高臨場感を実現したのは「電話屋!」
歌舞伎とICTが融合 舞台で超高臨場感を実現したのは「電話屋!」
PR
豆乳にイヤホン差さないで! 話題ツイートが本物の音楽プレーヤーに
豆乳にイヤホン差さないで! 話題ツイートが本物の音楽プレーヤーに
広末涼子さんが語った平成「女優になるなら吉本」と言われた中学時代
広末涼子さんが語った平成「女優になるなら吉本」と言われた中学時代

人気

もっと見る