MENU CLOSE

コラム

273691

役に立たないから殺す…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く19人殺害

ツイッターに投稿した漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題になった漫画家・吉谷光平さんが、相模原市で起こった事件について描きました。

漫画「いらない人」の一場面
漫画「いらない人」の一場面 出典: 吉谷光平さん作

 「障害者は生きていてもしょうがない」。相模原市の施設で多くの入所者が殺害された事件の容疑者は、そう話したそうです。ツイッターに投稿した漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題になった漫画家・吉谷光平さんが、事件について描きました。

「いらない人」
「いらない人」
 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が死亡した事件。神奈川県警は15日、元職員の植松聖容疑者を入所女性9人に対する殺人容疑で再逮捕し、発表しました。植松容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているそうです。
「いらない人」
「いらない人」
 植松容疑者は周囲に「障害者は生きていてもしょうがない」と話していたそうです。
「いらない人」
「いらない人」
 今年2月には衆院議長公邸に手紙を持参。その中で、重度の障害者が安楽死できる世界を「目標」とし、こうした考えを「安倍晋三首相に伝えていただければ」と記していました。その後、園を退職し、措置入院させられています。
「いらない人」
「いらない人」
 障害者への差別意識を不当に募らせた末の「ヘイトクライム(憎悪犯罪)」はなぜ、起きたのか? 植松容疑者の心理状態や生活環境について、どこまで解明できるかが捜査の焦点です。
「いらない人」
「いらない人」

 【よしたに・こうへい】 26歳の漫画家。サラリーマン生活や漫画家アシスタントなどを経て、月刊スピリッツの「サカナマン」でデビュー。現在は月刊ヤングマガジンで「ナナメにナナミちゃん」を連載中。ツイッターで公開した2ページ5コマの漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題に。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます