MENU CLOSE

話題

36659

1日500個売れる! 人気の「すいぞくパン」とは? 京都水族館に聞く

1日500個も売れている名物パンが、ツイッターで話題になっています。しかも、売っているのはパン屋ではなく「水族館」。

これが話題の「すいぞくパン」
これが話題の「すいぞくパン」 出典: 京都水族館提供

目次

 1日約500個も売れている名物パンが、ツイッターで話題になっています。しかも、売っているのはパン屋ではなく「水族館」。カメやイルカの形をした、その名も「すいぞくパン」です。発売している京都水族館に話を聞きました。

これが話題の「すいぞくパン」
これが話題の「すいぞくパン」 出典: 京都水族館提供

ツイッターで話題に


 8月6日、「可愛すぎて震えてる」という文言とともにツイッターに投稿された京都水族館の「すいぞくパン」の画像。

 甲羅がメロンパンになったカメや、クッキー生地でトレードマークの3本帯を表現したカクレクマノミなどが掲載されています。

 このツイートが「めちゃめちゃ可愛い」「絵本『からすのパン屋さん』を思い出した」「他の水族館でも売ってるとこがあるよ」と話題になり、リツイートは3万5千を超えています。

カメ(抹茶ビスケット)。甲羅の部分に抹茶を使用。サックリと甘いビスケット生地は子どもにもオススメだそうです
カメ(抹茶ビスケット)。甲羅の部分に抹茶を使用。サックリと甘いビスケット生地は子どもにもオススメだそうです 出典: 京都水族館提供

価格は税込み330円


 京都水族館内で販売している、すいぞくパン。時期に応じて販売されるパンの種類は異なりますが、価格はいずれも税込み330円です。

 毎朝焼きたてで、ひとつひとつ手作りのため、かたちも微妙に異なっている点も人気の秘訣で、1日約500個も売れるそうです。

 通年販売のずいぞくパン以外にも、期間限定で約6人前の大きさのかき氷「ゾウガメガ氷」や「アユの塩焼きドッグ」など、ユニークな商品を販売しています。

アユの塩焼きドッグ。アユをパンに丸ごと1匹挟んだ商品。8月31日までに期間限定で1日30個のみ。価格は税込み500円
アユの塩焼きドッグ。アユをパンに丸ごと1匹挟んだ商品。8月31日までに期間限定で1日30個のみ。価格は税込み500円 出典: 京都水族館提供

京都水族館に聞きました


 そんな京都水族館の広報担当者に、すいぞくパンについて話を聞きました。

 ――いつから発売しているのでしょうか

 「2012年のオープン当初より販売しています。近隣のパン屋さんから、水族館にちなんだパンを作れないかという提案をいただき、商品化しました」

 ――どこで作っているのでしょうか

 「京都市右京区のサニーサイドベーカリーから毎朝、焼きたてを京都水族館に直送しています」

 ――毎日販売していますか

 「毎日販売していますが、夕方ごろに売り切れる日もあります」

約6人前の大きさのかき氷「ゾウガメガ氷」。9月30日までの期間限定。税込み1000円
約6人前の大きさのかき氷「ゾウガメガ氷」。9月30日までの期間限定。税込み1000円 出典: 京都水族館提供

一番人気は?


 ――日によってパンの種類は違うのですか

 「8月31日までの期間は、カメ(抹茶ビスケット、ココア、メロンパン)、ゴマフアザラシ、オオサンショウウオ(期間限定マンゴークリーム)の5種類を販売しています」

 ――人気のパンは

 「カメです」

 ――現在は販売していない種類もあるんですか

 「過去に販売していたすいぞくパンは、サメとエイです。イベントや期間限定でカエル、カメ黒ロンパン、恐竜パンを販売していた時期もあります」

オオサンショウウオ。ふんわりとしたパン生地の中に、コクのあるチョコレートクリームを詰めこんでいる
オオサンショウウオ。ふんわりとしたパン生地の中に、コクのあるチョコレートクリームを詰めこんでいる 出典: 京都水族館提供

ポイントは目


 ――商品化する上で苦労した点や工夫した点は

 「手作りで、とても手間ひまをかけて作っています。かわいく仕上げるポイントは目ですね。顔がくずれないように可愛く仕上げることに苦労しています。種類の多さも工夫した点のひとつです」

 ――パン目当てに来館する人もいるのでは

 「ご来館頂く際に、『すいぞくパンはまだありますか?』とお問い合わせを頂くことはあります」

 ――「ここに注目」という点を教えてください。

 「見た目の愛らしさはもちろん、国産の小麦粉を使い、前日の夜からじっくり発酵させて、ひとつひとつ丁寧に形作っています。生地がふわっとしているので、モチモチの食感をお楽しみください」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます