閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年07月20日

中国の農家が感動した、日本企業の忍耐力 「5年放置した土地が…」

  • 371677

中国で販売されているアサヒビール=2006年4月、北京

中国で販売されているアサヒビール=2006年4月、北京

出典: ロイター

 「大金を払って借りた土地を放置した日本企業を、中国人が笑いものにしていたら…」。最近、中国のSNSで日本の農業にまつわる「感動話」が話題になっています。中国版のLINE「WeChat」では、10万を超える閲覧数と15000の「いいね」を獲得。食の安全と、農業への視野を広げるエピソードとして、中国人に広まっています。

中国を感動させた日本企業「朝日緑源」

中国を感動させた日本企業「朝日緑源」

出典: アサヒグループホールディングス株式会社

せっかく借りた土地を放置

 2006年、日本企業が中国の山東省莱陽市で100ヘクタールの土地を20年契約でレンタルしました。

 せっかくレンタルした土地でしたが、最初の5年間、日本企業は何もしませんでした。放置された土地には野草が生い茂る状態に。地元の農民は、不思議に思い「何か地下に宝物でも埋蔵したのではないか」と思った人もいたそうです。

 5年後、変化が起きます。生い茂った野草を牛が食べ、牛乳が生産できるようになったのです。そして、牛糞が良質な有機肥料として土地を肥沃にしました。

牧草を食べる乳牛

牧草を食べる乳牛

出典: アサヒグループホールディングス株式会社

「植える前はまず土を作る、土を作る前には人間を育てる」

 最初は放置され、何も生み出さなかったこの土地。地元の農民の笑いものになっていましたが、5年後、気付けば良質な牛乳の産地に生まれ変わり、さらに、イチゴ、トマト、トウモロコシが北京や上海の高級スーパーの店頭へと並ぶようになったのです。

 牛乳やイチゴは、他の産地に比べ数倍の値段に。笑っていた農民たちは、感心せざるを得ませんでした。

 ネット上では日本側の責任者の話が紹介されています。

「植える前はまず土を作る、土を作る前には人間を育てる」

 食品の安全に注目が集まる中国では、日本企業の農業に対する考えが、心に染みる話として広まっています。

ブランド品の牛乳「唯品」

ブランド品の牛乳「唯品」

出典: アサヒグループホールディングス株式会社

最高指導者から舞い込んだ相談

 ネットで広まった文章に日本企業の名前は出てきません。調べたところ、中国を感動させた企業はアサヒビールの子会社「朝日緑源」でした。

 なぜ、アサヒビールが中国で農業を?発端は2003年にさかのぼります。

 当時、山東省の最高指導者で、現在は中国共産党の最高指導者の1人、張高麗氏がアサヒビールに相談を持ちかけます。

 山東省は農業が盛んですが、土地がやせており、生産性向上が課題でした。そこで、山東省に工場があったアサヒビールに協力を仰いだのです。

 アサヒビールは、土壌や水、栽培環境などを調べ、最適な土地として山東省莱陽市を選び「朝日緑源」を2006年に設立しました。

中国最高指導者の一人である張高麗氏=2015年12月、北京

中国最高指導者の一人である張高麗氏=2015年12月、北京

出典:ロイター

「草の根」レベルで交流

 「朝日緑源」は、化学肥料や農薬などの影響でやせてしまった土地を回復するため、最初の数年間は何も栽培しないことにしました。

 同時に、2007年にはオーストラリアとニュージーランドから牛を輸入。牛糞は天然の有機肥料であるため、土地を豊かにします。そこからイチゴ、トウモロコシ、ミニトマトなども栽培できるようになり、循環型農業を実現させました。

 最初は生産量が安定せず赤字でしたが、徐々に軌道に乗るようになりました。今では、その土地でとれる牛乳を「唯品」というブランドで売り出し、大都市の日系高級スーパーに並んでいます。

 ぎくしゃくしがちな両国の関係ですが、「朝日緑源」の姿勢は、日本人の真面目さや根気強さ、農産品の質へのこだわりを物語るエピソードとして、好意的に受け入れられています。

くまモン励ますパンダの絵 中国の老舗雑誌が発案
前へ
がれきの中でパンダが傷ついたくまモンを支える漫画=天才朱青大人さん提供
次へ
1/5
前へ
次へ

あわせて読みたい

「ハンカチ落としましたよ」と書かれたハンカチ、広げたら恐怖だった
「ハンカチ落としましたよ」と書かれたハンカチ、広げたら恐怖だった
闇医者からホルモン・手術…モカさんが「納得できる性」に出会うまで
闇医者からホルモン・手術…モカさんが「納得できる性」に出会うまで
NEW
なぜキティの口を描かないの? サンリオが明かした2つの理由が深い
なぜキティの口を描かないの? サンリオが明かした2つの理由が深い
2月12日が誕生日!ブラック・ジャックも愛した「ボンカレー」
2月12日が誕生日!ブラック・ジャックも愛した「ボンカレー」
PR
五輪金・清水宏保の解説、「実に的確」と話題 選手目線の「説得力」
五輪金・清水宏保の解説、「実に的確」と話題 選手目線の「説得力」
最長老監督が作った最先端にして最高傑作『15時17分、パリ行き』
最長老監督が作った最先端にして最高傑作『15時17分、パリ行き』
PR
「ファンシー絵みやげ」記憶から消された文...
「ファンシー絵みやげ」記憶から消された文...
ブラック企業の犯人は「終身雇用」だった?...
ブラック企業の犯人は「終身雇用」だった?...
白川郷で世界中が待った「奇跡の10分」カメラマンの本能くすぐる絶景
白川郷で世界中が待った「奇跡の10分」カメラマンの本能くすぐる絶景
モカさんが描く「人生を救う」マンガ 飛び降りた朝…奇跡の生還
モカさんが描く「人生を救う」マンガ 飛び降りた朝…奇跡の生還
「天才的なポテチの開け方」知ってる? 実はカルビーも2年前に提案
「天才的なポテチの開け方」知ってる? 実はカルビーも2年前に提案
NEW
中国はお年玉もキャッシュレス 10億人使うアプリ、生活を一変
中国はお年玉もキャッシュレス 10億人使うアプリ、生活を一変
NEW

人気

もっと見る