閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年06月04日

「ヤバ美しい」レスラー飯伏幸太 スターの座捨てたら自由になった

  • 5410

「金じゃない」生き方を選んで独立したプロレスラーの飯伏幸太選手=東京都港区、池永牧子撮影

「金じゃない」生き方を選んで独立したプロレスラーの飯伏幸太選手=東京都港区、池永牧子撮影

 今のプロレスブームを牽引(けんいん)するメジャー団体「新日本プロレス」と、破天荒なリングが人気のインディー団体「DDT」。業界初の2団体所属選手として活躍を続けていたプロレスラー飯伏幸太さん(34)が、突然フリー宣言をしました。約束されたスターの座を捨ててまで選んだ「金じゃない生き方」とは。(朝日新聞東京本社社会部記者・宮嶋加菜子)

「目標が明確だったので決断は早かった」

 「自由を求めて、です。不安や葛藤はありました。できれば辞めずにいろんな団体や新しいプロレスに挑戦したかったけど、しばりも出てきて難しかった」

 「日本にも世界にも、もっともっといろんなプロレスがある。自由にいろんなプロレスをして視野を広げて、プロレスを全然知らない人にも見てほしい。目標が明確だったので決断は早かったです」

スターの座を捨て独立を選んだ飯伏幸太さん。「できれば辞めずにいろんな団体や新しいプロレスに挑戦したかったけど、しばりも出てきて難しかった」=東京都港区、池永牧子撮影

スターの座を捨て独立を選んだ飯伏幸太さん。「できれば辞めずにいろんな団体や新しいプロレスに挑戦したかったけど、しばりも出てきて難しかった」=東京都港区、池永牧子撮影

「あの流れに乗っていれば今頃は」

 飯伏さんにとって、2015年は飛躍の年でした。新日本プロレスが管理する三つのベルト(IWGP、インターコンチネンタル、NEVER)のタイトル戦すべてに挑戦。特に、1月4日の東京ドームでの中邑真輔選手(36)との対戦は今も語り継がれる名勝負です。

 「3Dプロレスの申し子」とも呼ばれる飯伏さんの華麗な空中技と強烈な投げ技が炸裂(さくれつ)、中邑さんの必殺技・頭部へのひざ蹴り「ボマイェ」を受けても、3カウント直前で何度も起き上がる姿に、会場は異様な興奮に包まれました。

 「中邑さんとの戦いは僕の中でベストバウト(最高の試合)です。ベルトはとれなかったけど、自分のプロレス人生の中で最高の快感だった。あのまま新日を続けていたら、良い感じで上に行っていたでしょうね。あの流れに乗っていれば今頃は、って自分でも思います。それでも辞めることを決めた。決めた以上は、結果を出さなければと思っています」

空気人形・ヨシヒコと激突する飯伏幸太さんのリング

空気人形・ヨシヒコと激突する飯伏幸太さんのリング

出典: (c)DDTプロレスリング

「前の状態はやっぱり良かったですよ」

 2団体に所属していた当時、試合のブッキング含めて、舞台は団体がすべて用意してくれました。フリーになった今、プロレスをする場は自分で見つけてくる必要があります。プロ野球選手に例えれば、人気球団を突然辞めて、バット一本で武者修行に出る、というイメージでしょうか。

 「ほんとの思いなんですけど、お金じゃない。前の状態はやっぱり良かったですよ、生活。要は今無職ですからね。いきなりゼロになった。でも、後悔は全然ないです。やりたいことや、やらなきゃいけないことが目の前にあるので、立ち止まっている暇はないんです」。

プロレスラーの飯伏幸太さんの鍛えられた肉体=東京都港区、池永牧子撮影

プロレスラーの飯伏幸太さんの鍛えられた肉体=東京都港区、池永牧子撮影

「お前、こんなんでへこたれてていいのか」

 飯伏さんのやりたいこと。それは「プロレスのすごさを広めたい」ことだと言います。

 「プロレスブームと言っても、まだまだ日本にはプロレスは浸透していない。ドームや後楽園ホールが満席になっても、そこに来るのはファンだけです。全国津々浦々、おじいちゃんから子どもまで、みんなが見て興奮できる。そんなプロレスをやって、ファンを増やしていきたいんです」。

 その原点は、自身の小学生時代にありました。悩んだり、壁にぶつかったりしたとき、いつもテレビで見たプロレスが勇気をくれたと言います。

 「当時、ザ・グレート・サスケさんがいつも僕の心の中にいました。自分がつらいなって思ったとき、心の中のサスケさんが『お前、こんなんでへこたれてていいのか』って問いかけてくるんです。それで、壁を乗り越えてきた」

飯伏幸太さんが敬愛するザ・グレート・サスケさん

飯伏幸太さんが敬愛するザ・グレート・サスケさん

出典: 朝日新聞

「ヤバくて、美しい」飯伏流プロレス

 「プロレスは勝者だけがヒーローじゃないんですよね。ぼろぼろになって負けても、その姿に人は勇気をもらうこともある。誰かの生きる力になる、それがプロレスの魅力だと思うんです。プロレスってすげえ、って、そう思ってもらえるように、今頑張ってます」

 だからこそ、飯伏さんのプロレスはいつも驚きにあふれています。元々はトレーニングのために始めた空気人形の「ヨシヒコ」との「試合」。それを公開してしまうという発想。人形相手の死闘は、目の肥えたプロレスファンに衝撃を与えました。

 「路上プロレス」を広めたのも飯伏さん。本屋や商店街、キャンプ場で突然プロレスが始まるのです。自動販売機の上から華麗に舞い、コンクリートの路上目がけてムーンサルトを決めます。ずば抜けた身体能力の高さと、見ている人を喜ばせたいという思いが一つになって、「ヤバくて、美しい」飯伏流プロレスは完成します。

空気人形・ヨシヒコと飯伏幸太さんとの真剣勝負

空気人形・ヨシヒコと飯伏幸太さんとの真剣勝負

出典: (c)DDTプロレスリング

「全力でやらないと、自分が面白くないですよ」

 飯伏さんと同じ若い世代は、安定志向とも言われます。環境を変えることに臆病だったり、就職活動でも「やりたいこと」よりも「就職しやすさ」を優先させたり。そんな若者たちに、飯伏さんが声をかけるとしたら?

 「僕にとってプロレスは自分が最高に表現できる場所なんです。誰にでも、そういう場所ってあると思う。でも、その場所にたどり着くには、全力でやることが絶対必要なんです」

 「僕は後楽園ホールのリングでも、商店街でも、いつも全力でプロレスやってます。対戦相手が王者だろうが、空気人形のヨシヒコだろうが、全力です。今の時代、全力ってかっこわるいっていう感じもありますよね」

 「でも、全力でやらないと、自分が面白くないですよ。アントニオ猪木さんも言ってます。迷わず行けよ、行けば分かるさ、って」

プロレスが心に刺さる理由がよくわかる写真30枚
前へ
グレート小鹿さん(中央)と、ザ・グレート・カブキさんのタッグマッチ。当時73歳と67歳の戦いは「140歳対決」と注目されました=2015年11月15日、東京・両国国技館
次へ
出典:天龍プロジェクト提供
1/30
前へ
次へ

あわせて読みたい

「花嫁オークション」は差別?ディズニーに署名活動 東京の対応は…
「花嫁オークション」は差別?ディズニーに署名活動 東京の対応は…
1カ月ぶりの休み、起きたらもう夜9時…マンガ「夜廻り猫」が描く休日
1カ月ぶりの休み、起きたらもう夜9時…マンガ「夜廻り猫」が描く休日
「こどもフジロック」って何だ? ライブ聴け...
「こどもフジロック」って何だ? ライブ聴け...
日比谷線から突然クラシック、一体何が?東京メトロ「切り替えミス」
日比谷線から突然クラシック、一体何が?東京メトロ「切り替えミス」
ハリネズミが「たわし」に… 市営の動物園、体調に応じて展示交代
ハリネズミが「たわし」に… 市営の動物園、体調に応じて展示交代
NEW
「日ペンの美子ちゃん」10年ぶり雑誌広告に復活 読み切り漫画も
「日ペンの美子ちゃん」10年ぶり雑誌広告に復活 読み切り漫画も
NEW
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
“おもいで”ふっかつのじゅもん ドラゴンクエストの思い出、復活!
PR
高校野球のブラバン、大阪では30年禁止 一...
高校野球のブラバン、大阪では30年禁止 一...
藤井四段の自宅で見た「普通すぎる日常」服はお下がり、将棋盤まで…
藤井四段の自宅で見た「普通すぎる日常」服はお下がり、将棋盤まで…
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
世界が注目する港町ダンケルク ノーラン最新作が、いま世界を変える
PR
「女性器、タブー視しないで」 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「女性器、タブー視しないで」 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
「レアな鉄道車両」を次々と入手・・・「埼玉の眼科」どんな先生?
「レアな鉄道車両」を次々と入手・・・「埼玉の眼科」どんな先生?

人気

もっと見る