閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年05月16日

古書「童貞の機関車」、過激広告で話題 著者は実はすごい人

  • 12612

奇抜な広告が話題の古書「童貞の機関車」=国際日本文化研究センター所蔵

奇抜な広告が話題の古書「童貞の機関車」=国際日本文化研究センター所蔵

 昭和5年発行の「童貞の機関車」(著者・島洋之助)という古書が、ネットで話題を呼んでいます。きっかけは、ツイッターに投稿された、当時のこの本の広告。「見よ!貞操の洗濯場を爆進する童貞の機関車の英姿!」と勢いのある一文から始まり、「乳房の手榴弾」「素足の砲列」と斬新なあおり文句が次々繰り出されています。ジャンル不明、筆者は何者? 謎ばかりの本の正体を探りました。

ウヰンクの煙幕を衝いて猛進!

 5月1日、ツイッターに「昭和6年の本に載ってた広告」が投稿されると、瞬く間に話題になりました。

「童貞の機関車」。この書名だけでも不可解なのに、続くあおり文句は激しく脳みそを揺さぶってきます。

「飢餓と貞操の対峙、生活と性欲の争闘」
「乳房の手榴弾、素足の砲列、アルコールの嵐、ウヰンクの煙幕を衝いて猛進!猛進!」

 広告から内容が全く想像できません。

 ネット上でも「インパクトはすごい」「カストリ雑誌かしら」「定価1円50銭のラノベか」と、驚きと戸惑いが広がりました。


国会図書館で読めた

 ネットで話題になったからでしょうか。一時は古書店に在庫があったようですが、売り切れています。

 しかし、図書館を調べると、国会図書館や東京都立多摩図書館などに所蔵され、読むことができます。

 表紙にはタイトル通り、機関車の絵。広告と同じくどれだけ過激な内容なのか・・・とページをめくると、どうも様子がおかしいことに気づきます。

 全体が「踊る素脚-亜米利加編-」「頰笑む乳房-欧羅巴編-」「歎く心臓-雑編-」の3章に分かれ、さらに数ページずつの小話に分かれています。

 たとえば冒頭の小話「奇怪な遺品」は、シカゴを散歩していた「私」が、古い札入れを拾う場面から始まります。札入れには「あなたのリアン」と女文字で書かれた封筒が入っていて、中から縮れた褐色の毛が40~50本ほど出てきました。「私」は、女性が別れ際に髪の毛を送るのは日本でもよくあること・・・と一度は納得しますが、後から「髪の毛でも、腋(わき)の下の毛でもなかった」と気づくというオチ。

 「水中眼鏡」という小話は、「夏のエロの最先端を行くものは、何と云っても、海水浴場である」と威勢良く始まり、期待をあおります。さらに水中から女性の泳ぐ姿を見上げて「脚!脚!脚!」と喜ぶところまではよかったのですが、直後に飛び込んでくるのは「(百二十文字削除)」の文字。

 当時、風俗を壊乱させる表現は国が検閲したり、出版社が自主的に削除したりしていました。「脚!脚!脚!」のあとに何が起きたのか、非常に不完全燃焼です。

 全編を通して「むっつりスケベ」な登場人物たちが、想像力も駆使しながら、ちょっとしたお色気を楽しむ展開が続きます。過激な言葉が並ぶ広告は「やや盛りすぎ」の印象があります。

 むしろ気になるのは、全496ページを、欧米各国の文化風俗を交えて書ききる知識と筆力です。

「童貞の機関車」=国際日本文化研究センター所蔵

「童貞の機関車」=国際日本文化研究センター所蔵

「幻の名著」の作者だった

 著者の島洋之助氏とは、何者なのでしょうか。

 その歩みは島氏が、1938年(昭和13年)に編集した「県人名鑑 人材・島根」に詳しく書かれています。

 本名は岡垣義忠。1895年(明治28年)、島根県生まれ。日本歯科医学専門学校を卒業後、台湾総督府の医員として勤務しています。1927年(昭和2年)に渡米し、米ヒューストン大学や独ベルリン大学で学んだあと、欧州各国を見て回って2年後に帰国したといいます。

 「童貞の機関車」の広告に「ドクトル 島洋之助」とあるのは、歯科医だったため。そして、同書に書き込まれた欧米の文化風俗も、島氏が実際に見たものであろうことが分かります。

 帰国後、島氏は名古屋に移住。文筆活動に励みながら、おでん屋を開きます。田んぼに囲まれた家を借り、35歳で書き上げたのが「童貞の機関車」でした。

 しかし、島氏の名前は、別の仕事によって名古屋で今も語り継がれています。当時人口100万人規模となった名古屋を歩き回った、ルポルタージュ本「百萬・名古屋」を1932年(昭和7年)に出版したのです。

 この書籍は当時の文化・経済・政治が生き生きと描写され、近年になって再評価が進みました。2012年、市民有志が資金を出し合って、なんと復刻されています。「勢いづく名古屋を支えていた『時代の精神』を感じさせてくれる本」と高く評価されています。

(左)「百萬・名古屋」と復刻準備会議=2010年 (右)復刻された「百萬・名古屋」

(左)「百萬・名古屋」と復刻準備会議=2010年 (右)復刻された「百萬・名古屋」

出典: 朝日新聞社

「本邦有数の特異文芸家」

 その後、島氏は郷里の島根県でも活躍。月刊郷土誌を主宰し、前述の「県人名鑑 人材・島根」を出版しています。

 実物を確認できた最後の文章は、1953年11月の「小説新潮」にありました。島氏は「島根県観光連盟 事務局長」の肩書で登場。「お国自慢 島根風土記」と題した文章を寄せています。当時、島氏は58歳。島根県観光連盟にも島氏について尋ねましたが、さすがに「古い時代のことで、分かる人がいない」とのことでした。

 島氏は「県人名鑑 人材・島根」の中で、自らを「文名島洋之助として本邦有数の特異文芸家として知られる」と記し、「童貞の機関車」をはじめとする著作に手応えを感じていたことを、うかがわせています。

 医師、ルポライター、おでん屋と、多彩な顔を持っていた島氏。「童貞の機関車」の混沌とした内容は、島氏の多才さが表れた結果だったのかも知れません。
 

過激?読みたくなる? 「童貞の機関車」話題の広告
前へ
「童貞の機関車」の広告(写真右)=国立国会図書館所蔵
次へ
1/12
前へ
次へ

あわせて読みたい

「アレもコレも…」ホントに“自分”にしかできないこと?
「アレもコレも…」ホントに“自分”にしかできないこと?
「校閲ガール」なりたての私 1年ぶりの復活ドラマを見て感じたこと
「校閲ガール」なりたての私 1年ぶりの復活ドラマを見て感じたこと
高校生で妊娠、隠し通して出産… 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
高校生で妊娠、隠し通して出産… 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
イスラム国の脅威、空爆してもなくならない...
イスラム国の脅威、空爆してもなくならない...
サザエさんが「働きに出たい!」と宣言したら…爆笑と発見の寸劇授業
サザエさんが「働きに出たい!」と宣言したら…爆笑と発見の寸劇授業
衆院選の構図をおさらい 争う「3勢力」って...
衆院選の構図をおさらい 争う「3勢力」って...
居酒屋で働く中国人店員の疑問「日本人は、なぜ疲れるまで飲むの?」
居酒屋で働く中国人店員の疑問「日本人は、なぜ疲れるまで飲むの?」
NEW
トヨタのCMにスバル車! しかも豊田社長が運転 理由を広報部に聞く
トヨタのCMにスバル車! しかも豊田社長が運転 理由を広報部に聞く
290議席に「1万2000人」イランの国会選挙、多すぎる候補者の理由
290議席に「1万2000人」イランの国会選挙、多すぎる候補者の理由
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
カラダづくりを科学で見直そう 『正しい体幹トレーニング』
PR
社畜が輝く、親子の絆! ブラック企業での苦労が報われる漫画に反響
社畜が輝く、親子の絆! ブラック企業での苦労が報われる漫画に反響
NEW
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
“王者”に君臨し続ける理由…「兵庫県産山田錦」
PR

人気

もっと見る