MENU CLOSE

話題

18197

天才ポールダンサー、重力を無視したスゴ技 11歳の新星、世界狙う

大会のパンフレットにも選ばれたのが大阪市の小6、荒木志乃さん(11)
大会のパンフレットにも選ばれたのが大阪市の小6、荒木志乃さん(11)

目次

ポール・スポーツの日本大会がありました

4mのポール2本を使い技の難易度や完成度を競いあう競技「ポールスポーツ」。2012年のロンドン五輪のエキシビジョンに選ばれるなど、五輪正式種目入りを目指す動きもでている今注目のスポーツです。そんな競技の3回目となる日本大会が2日、大阪市であり、71人が参加しました。各部門から基準点を超えた上位2人が、7月にロンドンで開かれる世界大会への切符を手にしました。

関連リンク:ポールダンスはエロちゃう、スポーツや! 偏見はねのけ世界王者も
関連リンク:夜のショーからスポーツへ 大阪でポール・スポーツ大会

【動画】11歳、天才ポールダンサー現る

大阪の天才キッズポールダンサー

ポール・スポーツに魅了されているのは大人だけではありません。未来の五輪選手を目指し、キッズたちも奮闘しています。

大会のパンフレットにも選ばれたのが大阪市の小6、荒木志乃さん(11)。志乃さんがポールに出会ったのは4年前。自宅のすぐ近くにポールダンスを教えるスタジオができたことがきっかけでした。

母親の未央さん(37)は「最初は私もポールダンスは夜のセクシーなお姉さんのイメージがあったけど、キッズポールダンスって看板でてるし、ホームページ見ても大丈夫そうだなって。先生の教えた方を見てても体操教室みたいだったし」と振り返ります。

パンフレットに載っているこの子が志乃さんです!
パンフレットに載っているこの子が志乃さんです!
志乃さんが通っているポールダンススタジオ前で。普段はザ・小学生ですが、ステージに立つと「本当に同一人物なの?」というくらい表情が変わります
志乃さんが通っているポールダンススタジオ前で。普段はザ・小学生ですが、ステージに立つと「本当に同一人物なの?」というくらい表情が変わります

半年でショーデビュー

志乃さんはすぐにポールの魅力にはまり、週1回の練習を楽しみにするように。半年後にはショーデビュー。「何か自信がついたのでしょうね。前だったら、『どうせできひんから、やりひん』って言ってたのが強気になったように思う。前はガラスのハートだったのに、今は強化ガラスやわ」(未央さん)

ポールを始めたばかりの頃の志乃さん
ポールを始めたばかりの頃の志乃さん

おうちにポール

ポールを始めて2年後には「クリスマスプレゼント」として家にポールが設置されました。その頃から、ますますポールへの熱が高まり、週1回のキッズクラスだけではなく、大人向けのクラスにも参加するようになりました。気づけば週5でポールと戯れる日々。めきめき上達していきました。

志乃さんの自宅のポール。スタジオで習った技などを家族の前で披露するそうです
志乃さんの自宅のポール。スタジオで習った技などを家族の前で披露するそうです

前回大会、3点差で世界逃す

第1回のポール・スポーツ大会ではノービス(6~14歳)部門で7人中最下位だった志乃さん。指導する岡本雅世さん(33)は「よっぽど悔しかったんでしょうね。すぐに大会のDVDを買って、毎日のように見て研究していたそうです」。翌年の大会では、わずか3点差で3位。当時は3位までいけた世界大会への切符を惜しくも逃しました。志乃さんは「焦って演技が速くなってしまった。つま先も全然伸びてへんし。やらなきゃいけないことは多いなあと思った」と振り返ります。

スポーツ選手としての自覚

一方で、ポール・スポーツはポールダンスから派生した競技であることもあり、選手の中にはダンス経験者が多く、髪の毛を染めたり、ピアスをあけたりするなど派手な格好をする女の子も目立ちます。

志乃さんもまわりの影響で「髪の毛を染めてみたいなー」と言ったことがあったそうです。

そんな時に未央さんが「あんたはまだ子どもやで。チャラチャラした格好したら、ポールやってるからって言われるんやで。スポーツとして確立させたくてやってんやろ、そこに水差すことになるってわかるやろ」と声をかけると「そうやな」とすぐに納得したそうです。

志乃さんは「高校生になったら髪を染めたいけど、まだ我慢。スポーツ選手だからね」と話しています。

ポールを始めて約1年後の志乃さん。十分、体が柔らかいように思うのですが・・・
ポールを始めて約1年後の志乃さん。十分、体が柔らかいように思うのですが・・・
3年後。今の志乃さん。なんちゅう軟体に。美しすぎる!
3年後。今の志乃さん。なんちゅう軟体に。美しすぎる!

悔しさを胸に、また登る

今大会の結果は3位。今年から世界大会への条件が2位以上となったため、惜しくも世界大会へはいけませんでした。

志乃さんは「悔しい。前よりもっともっと練習する。明日から毎日練習する。そして、来年はロンドンにいきたい」とポールのようにまっすぐと1年後を見据えています。

将来の夢もぶれません。「夢はオリンピック選手。その後は、指導者になって子どもたちにポールを教えたい」。

志乃さん世代がポールスター(北極星)となって、ポール・スポーツの未来を輝かせる日が楽しみです。

では日本大会の様子をご覧ください

【完全版】11歳の天才ポールダンサーの全演技=JPSA提供

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます