閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年04月07日

iPhone「ロック解除」問題で話題 サン電子、驚異の捜査技術

  • 7780

サン電子が100カ国に納入している、スマホを対象にした捜査機器

サン電子が100カ国に納入している、スマホを対象にした捜査機器

 テロ容疑者が使っていたiPhoneの「ロック解除」を巡り、FBIとアップルが対立していた問題。この騒動で注目を集めているのが、スマホ端末の内部データを捜査する「モバイルフォレンジック」と呼ばれる技術です。この分野で世界最先端をゆく日本企業のサン電子(本社・愛知県)に、驚きの技術を見せてもらいました。

スマホの情報、丸見えに

 秋葉原の高層ビルに、サン電子東京事業所はあります。

 犯罪現場に捜査員が持ち込みやすいよう、肩掛け式になっている黒いケースを開くと、大量の携帯電話コネクターが現れました。その脇には小ぶりのノートパソコンのような機器がしまわれています。

 サン電子傘下のセレブライト社が販売している、スマホを対象にした捜査機器。米・日など世界100カ国以上の捜査機関に納入され、海外紙の報道によればFBIとも契約を結んでいます。その最上位機種の「UFED TOUCH ULTIMATE」です。

 同社の纐纈(こうけつ)正典・モバイルソリューション事業部長は「独自技術の固まり」と説明します。本体が流出しないよう、大企業を含め民間には一切販売していません。

 纐纈部長が、自分のiPhone6 plusをUSBケーブルで接続しました。

 画面を指で押して携帯の機種やデータの抽出方法を指定すると、どのデータを取り出すか選べる画面が表示されました。電話帳、電子メール、通話履歴、webデータ・・・ありとあらゆる14種類の中から選ぶことができます。

取り出すデータの選択画面

取り出すデータの選択画面

電話帳データを取り出し中

電話帳データを取り出し中

削除データも、ほぼ100%復元

 試しに電話帳データを取り出すと、1分で終了。さらに事前に取り出した、iPhone内部の全てのデータも見せてもらいました。

 纐纈部長が「この数字、何だと思いますか」と、通話履歴の抽出結果を指さします。取り出し件数が「382(52)」と表示されています。

 「カッコ内の数字は、復元に成功した、削除済みデータの数なんです」

 確かに、iPhone上で削除したはずの52件もの通話履歴が、かけた日時や相手先の番号まで一覧表示されています。復元された数十通のメールは、文面や送受信日も分かります。

 纐纈部長は「削除されたデータでも、ほぼ100%回復できます。所有者がいつ、どこで、誰と、何をしたか詳細に分析できます」。

 「あなたのiPhoneでも試してみますか」。そう尋ねられたとき、私はすでに「いいですよ」と即答できなくなっていました。

スマホの位置情報を取り出し、所有者の移動経路も分析できる

スマホの位置情報を取り出し、所有者の移動経路も分析できる

出典:セレブライト社が公開している動画より

ロック解除は「機種次第」

 ただ、米のテロ事件を巡り、FBIがアップルに対して求めたのは、iPhoneのロック解除でした。たしかに、削除データを復元する技術があっても、iPhoneがパスワードでロックされて手出しできないのであれば、捜査ができません。

 UFEDの場合は、どうなのでしょうか。

 サン電子は、機密性の高い技術のため「詳しくは明らかにできない」といいます。ただ、「iPhone4やiOS5などの古いスマホなら、問題なくロック解除できる。新しいものは、スマホの機種とiOSのバージョンの組み合わせによって、可能なものと不可能なものがある」といいます。

 iPhoneには、パスワード入力を10回間違えると内部のデータをすべて消去する機能もありますが、これも「機種とiOSの組み合わせによっては回避できる」技術があるといいます。

捜査員が、肩にかけて運ぶことができる

捜査員が、肩にかけて運ぶことができる

パリのテロ捜査でも貢献

 サン電子が、こうした高い技術を身につけたのは、2007年にイスラエルのセレブライト社を買収したのがきっかけでした。

 セレブライト社は、携帯ショップ向けのデータコピー機を開発していましたが、サン電子の傘下入り後、犯罪捜査向けの技術を飛躍的に高めました。現在もセレブライト社が開発・販売を担い、世界で使われる携帯の9割以上にあたる1万7000機種に対応しています。

 UFEDは、世界各地の犯罪やテロ捜査で実績を上げています。

 2015年11月に起きたパリの同時多発テロ事件では、テロ組織が使っていたスマホ向けチャットアプリの解析に成功。組織内のやりとりを明らかにしました。

 日本でも、殺人事件などの犯罪捜査に使用されています。容疑者のスマホから消去されたデータを復元し、被害者との接点を分析するなど、多方面で活用されています。

 サン電子は「今や、世界の人口以上の数のスマホが使われている。スマホ内のデータが活用できれば、格段に速く犯罪の証拠を集めることができる」といいます。

 FBIとアップルの争いは、FBIが「第三者の協力」を得て、iPhoneロック解除に成功したことで決着を見ました。この「第三者」が何者なのかは、明らかになっていません。

 サン電子も「特定の刑事事件には、コメントできない」としています。ただ、スマホへの捜査技術が、日本企業の傘下で進化を続けている。そのことは間違いなさそうです。

フランス・パリで、テロの犠牲者を追悼する人たち。捜査にUFEDが使われた=2015年12月

フランス・パリで、テロの犠牲者を追悼する人たち。捜査にUFEDが使われた=2015年12月

出典: 朝日新聞


あわせて読みたい

鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
PR
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
PR
ママチャリ、なぜ定番に?
ママチャリ、なぜ定番に?
Q&A
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール

人気

もっと見る