MENU CLOSE

話題

142912

「完落ち」と「割れる」、「シャブ」の語源 業界用語の正しい使い方

元プロ野球選手の清原和博容疑者が逮捕されて以降、警察の業界用語が踊っています。いったいどんな意味なのでしょうか?

山口県の下関港で押収された覚醒剤=2011年12月19日
山口県の下関港で押収された覚醒剤=2011年12月19日 出典: 朝日新聞

目次

 元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が逮捕されて以降、スポーツ紙やネット上で「ガサ」「シャブ」といった警察の業界用語が踊っています。一部で「完落ち」と報じられた清原容疑者ですが、「割れる」という言い回しも……。警察関係者に業界用語の「正しい使い方」を聞きました。

「シャブり尽くされる」から「シャブ」

 薬物犯罪に詳しい警察関係者によると、「ガサ」は家宅捜索の略称で、「さがす」の「サガ」をひっくり返した、というのが通説だそうです。清原容疑者も今月2日に警視庁が自宅を家宅捜索し、覚醒剤が見つかったために逮捕されました。

 「シャブ」は覚醒剤の略称のひとつで、「依存性が極めて強く、一度手を出したら身も心もボロボロになるまで、骨の髄までシャブり尽くされる」というのが一説とのことです。

宮崎県警によって押収された覚醒剤や注射器など=2015年6月11日
宮崎県警によって押収された覚醒剤や注射器など=2015年6月11日 出典: 朝日新聞

「効き目が早い」から「S」

 薬物犯罪では、「S」「チョコ」といった略語もあります。「S」も覚醒剤の略称のひとつで、スピードの頭文字をとったもの。海外で覚醒剤をスピードと呼んでいるケースがあるそうで、「効き目が早いことからのように呼ぶようだ」。

 「チョコ」は大麻樹脂の略称のひとつで、緑色の植物だが、樹液を乾燥させた大麻樹脂はチョコレートのような茶色い固形物になるため、このように呼ばれる、というが一説だそうです。「売買の際に『チョコ』と呼ばれることがある」

押収されたワインボトルと覚醒剤=北九州市小倉北区
押収されたワインボトルと覚醒剤=北九州市小倉北区 出典: 朝日新聞

実は「完落ち」していない?

 スポーツ紙には当初、「完落ち」という言葉も踊っていました。「すべてを自供した」という意味ですが、清原容疑者は逮捕容疑は認めたものの、入手ルートはまだ明かしていないとされていますので、「完落ち」とは言えないようです。

 ちなみに、「落ちる」というのは一般的に警察で使われる業界用語で、容疑者を起訴する検察では同じ意味でも「割れる」というのが一般的だそうです。捜査当局によっても、使われる用語が違うのです。

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます