閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年01月28日

初運転の助手席は…教習所の先生! 自動車学校、秀逸ポスターの理由

  • 73311

最新ポスターの一部

最新ポスターの一部

出典: コヤマドライビングスクール提供

 東京・神奈川に5校を展開している「コヤマドライビングスクール」。そんな自動車学校が制作したポスターが話題になっています。「はじめての運転。助手席に誰を乗せたいですか? 恋人? 家族? 友だち? 残念ですが…それ…教習所の先生です」。実はこの学校、年4回のペースでポスターを発表しているのですが、毎回凝ったポスターを作っています。そこには女性副社長のこだわりがありました。

2015年のポスター。「はじめての運転。助手席に誰を乗せたいですか? 恋人? 家族? 友だち? 残念ですが…それ…教習所の先生です」

2015年のポスター。「はじめての運転。助手席に誰を乗せたいですか? 恋人? 家族? 友だち? 残念ですが…それ…教習所の先生です」

出典: コヤマドライビングスクール提供

過去にはこんなポスターが


 初めてのポスターが作られたのは1985年。以来30年にわたって続けられているそうで、ホームページでは過去のポスターも見ることができます。

 「恋と言われ、愛に行く」
 「恋のエンジンもかかった」
 「車がないと輝かない」(輝から車の部分を抜いた絵とともに)
 「歩きはつらいよ」(寅さん風に)
 「みちとの遭遇」(未知?道?)
 「卒業までに卒業しよう」(学校を卒業するまでに自動車学校を?)

2010年のポスター。「車がないと輝かない」

2010年のポスター。「車がないと輝かない」

出典: コヤマドライビングスクール提供

つくっているのは


 これらのポスターをつくっているのは、東京都港区にある広告デザイン会社「アイム」。実はこの会社の社長である長井和子さん(68)は、コヤマドライビングスクールの副社長でもあります。

 長井さんは大学卒業とほぼ同時に結婚。34歳でコピーライターとして仕事を始め、40歳で東京コピーライターズクラブの新人賞を受けました。その経験を生かして1989年に、女性のためのビジネススクール「アイムパーソナルカレッジ」も立ち上げています。

2007年のポスター。「乗り方、教えます」

2007年のポスター。「乗り方、教えます」

出典: コヤマドライビングスクール提供

副社長に聞きました


 そんな長井さんにポスターへのこだわりについて聞きました。

 ――毎回こだわったポスターですが、きっかけを教えて下さい

 「30年ほど前に、経営手法としてCI(コーポレート・アイデンティティー)を取り入れたことです。それまでの『クライ・コワイ・ダサイ』と三重苦だった教習所のイメージを逆にして「明るく・楽しく・おしゃれな」教習所を目指して、すべてのイメージを統一することからスタートしました。ポスターに代表される広告やノベルティーだけでなく、校舎・内装・教習車・送迎バス・ユニフォーム・イベントそしてインストラクターのマナーに至るまで、すべてです」

 ――年に何回、新作ポスターを発表しているのですか

 「駅張りのポスターは季節ごとに年4回、首都圏を中心に2週間ずつ掲出しています」

2014年のポスター。「恋と言われ、愛に行く」

2014年のポスター。「恋と言われ、愛に行く」

出典: コヤマドライビングスクール提供

一番の自信作は


 ――これまでで一番の自信作を教えて下さい

 「ほとんどすべてです。ただ、記念作品と言えば、東京コピーライターズクラブの新人賞を受賞した『18過ぎてもまだの人』『18の時と答えた人39%』『卒業したい18才』の18歳シリーズでしょうか。1985年当時に流行っていた『セーラー服と機関銃』のイメージをビジュアルに採り入れるなどしました」

 (※39%は当時入校した人に占める18歳の割合。「卒業」は、教習所や学校、その他いろいろなものからの卒業を意味しているそうです)

 ――ポスターを作る上で気をつけていることや心がけている点を教えて下さい

 「17歳の女子高生をイメージリーダーとして意識しています。女の子が『カワイイ!』『オモシロイ!』と言ってくれるポスターで『コヤマファン』を増やすこと。女の子が集まる教習所なら、男の子は黙っていてもついてきてくれるので」

 ――反響が実際のお客さんに結びついているのでしょうか

 「30年来続けてきたイメージの蓄積は大きいと思います。二子玉川校は卒業生数が5年連続日本一の座をキープしています」

18歳シリーズのポスター(1987年)

18歳シリーズのポスター(1987年)

出典: コヤマドライビングスクール提供

今後の展開は


 ――今後の展開についておしえてください

 「30年続けているCIを大切にしていくこと。外向きのCIはCS(顧客満足)を生み、内向きのCIはES(社員満足)につながります。時代にフィットする、若さのあるチャレンジを続けていきたいと思います」

 ――ポスターで、ここに注目してほしい、という点があれば教えて下さい

 「『あるあるネタ』から『胸キュンネタ』まで、自由に楽しく作っているので、自由に楽しんで観賞してもらえればうれしいです」

なんだこれ! ある自動車学校のおもしろ歴代ポスター
前へ
2015年のポスター
次へ
出典:コヤマドライビングスクール提供
1/102
前へ
次へ


あわせて読みたい

「平成最後のポテチ」なぜ作った? ローソン限定、賞味期限4月30日
「平成最後のポテチ」なぜ作った? ローソン限定、賞味期限4月30日
NGT48暴行事件、被害者心理のプロが心配すること「自分を責め……」
NGT48暴行事件、被害者心理のプロが心配すること「自分を責め……」
平成最後の年に…なぜ昭和? ミニチュア家電を開発 販売元に聞いた
平成最後の年に…なぜ昭和? ミニチュア家電を開発 販売元に聞いた
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
マニアフェスタで会った強者たち 顔ハメ姿を後ろから撮るマニア
マニアフェスタで会った強者たち 顔ハメ姿を後ろから撮るマニア
NEW
修正液にこんな仕掛けが… 社員も驚いた溝の使い道、ぺんてるに聞く
修正液にこんな仕掛けが… 社員も驚いた溝の使い道、ぺんてるに聞く
「ハマ弁」食べたら箸折れた 横浜の配達弁当が利用されない理由とは
「ハマ弁」食べたら箸折れた 横浜の配達弁当が利用されない理由とは
テクノロジーをあやつるサムライの動画がシュールすぎると話題に
テクノロジーをあやつるサムライの動画がシュールすぎると話題に
PR
どうして多様性が必要なの? ひと目でわか...
どうして多様性が必要なの? ひと目でわか...
歌舞伎とICTが融合 舞台で超高臨場感を実現したのは「電話屋!」
歌舞伎とICTが融合 舞台で超高臨場感を実現したのは「電話屋!」
PR
10年かけた傑作、三越本店「天女像」が話題 その由緒を女将に聞いた
10年かけた傑作、三越本店「天女像」が話題 その由緒を女将に聞いた
あのチョコが服になった? 明治と「ロペピクニック」のコラボが話題
あのチョコが服になった? 明治と「ロペピクニック」のコラボが話題

人気

もっと見る