MENU CLOSE

エンタメ

23662

「五代ロス」五代友厚のワイルドな人生 捕虜経験し渡欧、実業家に

「五代ロス」という言葉を生んだ五代友厚とは、どのような人物だったのか? 「東の渋沢、西の五代」と呼ばれた人生を振り返ります。

ディーン・フジオカさん(左)と五代友厚
ディーン・フジオカさん(左)と五代友厚 出典: 朝日新聞

目次

 NHK連続テレビ小説「あさが来た」で最期を迎えた五代友厚。ネット上では「五代ロス」という言葉も生まれています。「東の渋沢、西の五代」と呼ばれた五代友厚とは、どのような人物だったのか? 「五代ロス」に悲しむファンのために、ドラマではもう会えない五代の功績を振り返ります。

薩英戦争で敗れ捕虜に、長崎で潜伏

 五代は1836年、薩摩藩町奉行の次男として生まれました。幼い頃から才気あふれる少年として評判で、特に海外に対する知識欲が強かったそうです。

 1862年9月に発生した生麦事件をきっかけに起きた薩英戦争では捕虜として捕らえられ、罪人扱いとなります。

 幕府や攘夷(じょうい)派から逃れるため長崎に潜伏した時期、旧グラバー住宅で知られるトーマス・ブレイク・グラバーと知り合います。今も長崎市にある国内初の西洋式の修理場、小菅修船場は、五代とグラバーが造ったものです。

中村晋也美術館に収蔵されている五代友厚の像
中村晋也美術館に収蔵されている五代友厚の像 出典: 朝日新聞
1836年、薩摩藩町奉行の次男として生まれた五代は、幼少より才気煥発(さいきかんぱつ)で、海外に対する知識欲旺盛な少年であった。
2015年3月24日:(近代化の人脈 明治日本の産業革命遺産:上)西国つないだ危機感:朝日新聞紙面から
五代は薩英戦争時、敵の捕虜となって罪人扱いとなり、幕吏や攘夷(じょうい)派から逃れるため長崎に潜伏した。その前後に親しくなったのが英国貿易商トーマス・ブレイク・グラバー。国内初の西洋式の修理場、小菅修船場は、長崎市に今もたたずむ。通称そろばんドック。これを造ったのがグラバーと五代。
2015年3月24日:(近代化の人脈 明治日本の産業革命遺産:上)西国つないだ危機感:朝日新聞紙面から

31歳でヨーロッパへ、近代化に目覚める

 薩英戦争の経験から開国と富国強兵の考えを強くした五代は、海外留学生派遣を藩主に強く提案しました。

 そして、当時31歳だった五代は、後に家老となった新納久修と共に、団長格として留学生を率いてヨーロッパを訪れます。

 留学生とは別に、経済使節としてイギリス国内やヨーロッパ大陸を視察し、紡績機械を買い付けるなど、薩摩の殖産興業に一役買っています。

旧薩摩藩士で明治期の実業家、大阪商工会議所初代会頭の五代友厚
旧薩摩藩士で明治期の実業家、大阪商工会議所初代会頭の五代友厚 出典: 朝日新聞
五代は、海外留学生派遣を藩主に強く提案した人物である。当時31歳。後に家老となった新納久修と共に、団長格として留学生を引率渡欧する。留学生とは別に、経済使節としてイギリス国内やヨーロッパ大陸を視察し、紡績機械を買い付けるなど、薩摩の殖産興業に一役買っている。
2015年3月24日:(近代化の人脈 明治日本の産業革命遺産:上)西国つないだ危機感:朝日新聞紙面から

「東の渋沢、西の五代」

 1869年、官職を辞めた五代は、大阪商法会議所(現・大阪商工会議所)の初代会頭となり、維新後の日本経済近代化に指導的な役割を果たしました。

 「東の渋沢、西の五代」と並び称され、商法の恩人として今も大阪の人々に愛されている五代。2004年、旧館の正面玄関を残してリニューアルされた大阪証券取引所の前には、設立に努めた五代の巨大な像が建っています。

大阪取引所の五代友厚像の前で記念撮影をするファン=2016年1月22日、大阪市中央区
大阪取引所の五代友厚像の前で記念撮影をするファン=2016年1月22日、大阪市中央区 出典: 朝日新聞
1869年、官職を辞した五代は、維新後の日本経済近代化に指導的な役割を果たす。初代大阪商法会議所会頭となり、「東の渋沢、西の五代」と並び称され、商法の恩人として今も大阪の人々に愛されている。そして、2004年、旧館の正面玄関を残してリニューアルされた大阪証券取引所の前に、中村晋也制作による4メートル近い銅像「五代友厚公」としてよみがえることになる。
2015年3月24日:(近代化の人脈 明治日本の産業革命遺産:上)西国つないだ危機感:朝日新聞紙面から

福島にも飛び火、パンフ急きょ増刷

 ドラマによって各地に五代ファンが生まれています。

 福島県桑折町(こおりまち)の旧伊達郡役所では、企画展「半田銀山と五代友厚の足跡」が開かれています(5月8日まで)。ディーン・フジオカさんが福島県出身ということもあり、県内外から多くの人が訪れているそうです。

 町内にある半田銀山跡はかつて、石見や生野などと並ぶ国内屈指の銀山でした。明治期に五代が欧米式の技術を導入し、経営していました。職員が用意した約100部のパンフレットは初日で半分なくなり、町は急きょ約3千部を増刷する人気です。

 五代の銅像がある大阪取引所では、22日の放送後に訪れたファンの姿が見られました。大阪市の70代女性は「五代さまが死んでしまったので見に来たくなった」と話していました。ツイッターでは「五代さまロスです」「五代はん…。明日からどうすれば」などと嘆きがつぶやかれました。

 五代はなぜここまで人気を集めたのか。ライターの島﨑今日子さんは「性別を超えてあさを認め、導く理想のメンター(助言者)。夫・新次郎が理想の夫とすれば、2人を足せば理想の男性像になる」と指摘しています。

五代友厚の肖像を眺める人たち=2016年1月14日、福島県桑折町陣屋の旧伊達郡役所
五代友厚の肖像を眺める人たち=2016年1月14日、福島県桑折町陣屋の旧伊達郡役所 出典: 朝日新聞
NHK連続テレビ小説「あさが来た」に登場する実業家、五代友厚とゆかりがある福島県桑折町の旧伊達郡役所で、企画展「半田銀山と五代友厚の足跡」が開かれている。県出身の俳優ディーン・フジオカさんが五代役を演じていることもあり、県内外から多くの人が訪れているという。5月8日まで。町内にある半田銀山跡はかつて、石見や生野などと並ぶ国内屈指の銀山だった。明治期に五代が欧米式の技術を導入し、経営していた。
2016年1月18日:旧郡役所、見学者が来た 「あさが来た」五代友厚ゆかり 福島・桑折:朝日新聞紙面から
職員が用意した約100部のパンフレットは初日で半分なくなり、町は急きょ約3千部を増刷した。
2016年1月18日:旧郡役所、見学者が来た 「あさが来た」五代友厚ゆかり 福島・桑折:朝日新聞紙面から
“五代さま”はなぜ人気を集めたのか。ライターの島﨑今日子さんは「性別を超えてあさを認め、導く理想のメンター(助言者)。夫・新次郎が理想の夫とすれば、2人を足せば理想の男性像になる」と指摘した。
2016年1月23日:「五代ロス」嘆きの連鎖 朝ドラ実業家の「最期」にファン:朝日新聞紙面から

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます